東京オリンピック・
パラリンピックプロジェクトさまざまな取り組みのご紹介

2015年10月、立教大学は2024年の創立150周年に向けた将来像を示した中長期ビジョン「RIKKYO VISION 2024」を策定し、3つのバリューと、それぞれに紐付けられた9つのアクションプランを提示しています。そのアクションプランの一つが「東京オリンピック・パラリンピックプロジェクトの推進」です。
これは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機に、多様な人々との文化的交流、心と身体の健康、活力を持って生きる環境を提供するさまざまな教育・研究活動(立教スポーツの活性化、通訳・ボランティア派遣等大会支援活動、しょうがい者スポーツボランティア育成、競技への科学的サポート等)を実施していこうというものです。

お知らせ

立教オリパラ応援団 募集中
立教オリパラ応援団大募集
2年後(2020年)の開催が迫る東京オリンピック・パラリンピック。
立教オリパラ応援団は、2020年東京大会に主体的に参加(「観る」「する」「支える」)したいと考えている学生の集まりです。
立教オリパラ応援団に登録した学生には、「立教時間」を通じて、オリンピック・パラリンピックに関する情報を優先的に配信します。
 ・学内で開催するイベントやボランティア講座の情報
 ・学内外でのボランティア情報
世界の200以上の国・地域から選手や大会関係者が参加するほか、国内外からの多数の観光客が見込まれているこのビッグイベントに、積極的に関わっていきたいと考えている学生はぜひ登録してください。

【登録方法】
下記のURLもしくはQRコードにアクセスし、「立教時間」より登録を行ってください。
2018.11.29 7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座(第3日目:11月24日)実施報告
11月24日(日)7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座(第3日目)を実施しました。
本講座は、神田外語大学、慶應義塾大学、上智大学、筑波大学、東京大学、立教大学、早稲田大学の7大学が連携し、スポーツを軸に社会・人文・自然科学分野の幅広い教養を高める機会の創出を目的に本年度初めて開設されたものです。
講座の最終日である第3日目は、「21世紀におけるスポーツの多様性」というテーマのもと、「パラリンピアンの脳を科学する」、「スポーツと共生社会の実現をつなぐ『おもてなし学』」、「共に世界へ!~チームで挑むパラリンピック」、「スポーツの多様性を創るスポーツ栄養科学の最前線」といった講座が展開されました。
講座終了後に行われた閉講式では、3日間出席した受講者に対し、7大学の校章入りの修了証が授与されました。

1日目の様子はこちら

2日目の様子はこちら

2018.11.26 「車いすバスケ・ボッチャ体験会」開催(12月4日開催)
パラリンピックって聞いたことあるけどいったいどんな競技があるの?この度、パラリンピック競技でもある、車いすバスケ、ボッチャの体験会を開催します。昼休みの開催となっていますので、どうぞお気軽にご参加ください!

タイトル:車いすバスケットボール・ボッチャ体験会
日時:12月4日、18日(火)12:25〜13:05
場所:新座キャンパス体育館3階 Aアリーナ
対象:学生・教職員
内容:車いすバスケットボール・ボッチャの体験
持ち物:不要
2018.11.26 シンポジウム「2020年東京大会ボランティアの魅力を語る-東京2020オリンピック・パラリンピックボランティアに向けて」開催(12月4日開催)
2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催まで2年を切りました。現在、大会ボランティア・都市ボランティアの募集が行われていますが、興味はあるが、なかなか一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか。
そこで、このたび、シンポジウム「2020年東京大会ボランティアの魅力を語る-東京2020オリンピック・パラリンピックボランティアに向けて-」を開催いたします。
オリンピック・パラリンピックでのボランティア経験者はもちろん、現役パラリンピアン選手にもご参加いただき、ボランティアとしての関わり方やその魅力についてお話しいただきます。
興味のある方は是非ご参加ください。

日時:2018年12月4日(火)18:30~20:30
場所:池袋キャンパス5号館1階5121教室
対象:学生・大学院生・教職員・一般
※申込不要。直接会場までお越しください。
2018.10.25 7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座 受講生募集(11/11、11/17、11/24開催)
神田外語大学、慶應義塾大学、上智大学、筑波大学、東京大学、立教大学、早稲田大学の7大学は、スポーツを軸に、大学領域を越えた社会・人文・自然科学分野の幅広い教養・教育について考え、グローバル社会において活躍できる教養人育成を目指し、「7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座-スポーツを通じた社会貢献-」を開催します。興味のある学生は是非、ご応募ください。

【日程】全3日間
 1日目 2018年11月11日(日)10:00~19:30(早稲田大学早稲田キャンパス)
 2日目 2018年11月17日(土)10:00~17:00(上智大学四ツ谷キャンパス)
 3日目 2018年11月24日(土)10:00~17:00(立教大学池袋キャンパス8101、8201教室)
【対象】全国の大学生
【定員】210名
【受講料】5,000円(全3日間/税込)
【申込方法】以下の特設サイトにアクセスし、各自申し込みを行ってください。
2018.10.22 ホームカミングデーでパラリンピックスポーツ体験会を開催(2018.10.14開催)
 今回、立教オリパラ支援研究会は、第56回ホームカミングデーにおいてパラリンピックスポーツ体験会を企画・運営させていただきました。体験会ではボッチャ・車いすバスケットボール・ゴールボール・ブラインドサッカーの4競技を実施し、研究会メンバーが各競技の解説ポスターを作成し、初めての人も親しみやすいようにルールや用具、独特な観戦方法などを説明しました。実際の競技を経験したことのないメンバーも多い中、事前に調査し、どのような体験内容であればパラスポーツの楽しさ、面白さを理解していただけるか、集客のためのチラシ作成や配布、呼び込みを行ったりと、メンバー自身が学ぶことも多々あり、今後のオリパラ支援研究会の力になる活動であったと思います。
 パラスポーツは障がい者だけが行うスポーツではなく、障がい者もできる・みんなが一緒になって楽しむことのできるスポーツであると考えます。実際の体験を通して、そのことを理解し、体験した人たちがその経験を周りに伝えていくことでパラスポーツへの理解や認知度が少しでも高まれば、今回の体験会は成功したと言えるのではないでしょうか。
 今後、研究会では2年後に迫った東京2020大会に向け、ボランティア講習会やシンポジウムなどのイベントを運営し、パラスポーツの魅力、ボランティア等を通じた大会への関わり方を積極的に発信していこうと考えております。また、学生がパラスポーツを知り、体験することのできる機会が増えれば増えるほど、東京大会に向け機運が上昇していくと思うので、学生を対象としたパラスポーツ体験会の開催などにも取り組みたいと考えております。
 これらの活動が2020年に向けた活動で終わるのではなく、それ以降も継続的に行われるよう、学内のみならず社会全体が変化することを望んでいます。今後の活動にも是非ご期待ください。


コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科2年
梅村功太郎
2018.10.05 ライオンズ車椅子ソフトボール大会に本学学生がボランティアとして参加(9月1日~2日開催)
埼玉西武ライオンズが主催する第4回ライオンズカップ車椅子ソフトボール大会に本学学生がボランティアとして参加しました。本学と(株)西武ライオンズは2017年7月に連携協力に関する基本協定を締結しており、今回の取り組みはその一環として2017年度に続き行われたものです。
ボランティア活動報告

9月1日(土)~2日(日)にかけて、ライオンズ車椅子ソフトボール大会にアナウンススタッフとして参加しました。間近で観戦できる席でアナウンスさせていただきましたが、車椅子ソフトボールを初めて見る私にとって、良い意味でスポーツの概念を崩された気がします。
まず私が初めて知ったのは、車椅子ソフトボールは障がいを持つ方だけではなく健常者でもできるということです。普段から車椅子を使っている方だけの競技だと思っていたので、これにはとても驚きました。そして、参加者の年齢も性別もバラバラ。力の差が出てしまうのでは?と最初は心配しながら見ていましたが、できない人の分を誰かが代わりに行う等の工夫をされていました。このように、子どもから大人まで誰でも参加できるというのはスポーツにおいてとても魅力的なことだと思います。
また、試合を見て強く印象に残っているのは、何よりも選手の楽しむ姿でした。応援している人やスタッフも同じです。スポーツなのでもちろん勝負にこだわりたくさん練習をされてこられたのだと思います。しかし、勝ち負けだけにこだわらず全員で楽しむことを体現していたのが大変印象深いです。私もそのような姿に元気づけられ、楽しくアナウンスできました。
今回のボランティアを通して、車椅子ソフトボールの存在と競技の面白さを知ることが出来ました。車椅子ならではの動きやルールは見ごたえがあり、また改めて見てみたいと思うものでした。そして、ぜひこの競技をもっと多くの人に知ってもらい、体験してもらいたいと感じました。

林 朋花(法学部政治学科2年次)
2018.07.30 実践!バリアフリー講座③「聴覚しょうがい理解と支援の実践」体験レポート(7月14日開催)
立教オリパラ応援団 ボランティア講座
実践!バリアフリー講座③「聴覚しょうがい理解と支援の実践」
体験レポート(7月14日開催)

私は、東京オリンピック・ハラリンピックのボランティアを目指していますので、関連することを少しずつ学んでいきたいと思いからこの講座に参加しました。

講座は期待どおりの内容でした。聴覚しょうがい者の人達は私たちが思いつかないような苦痛があるということを改めて感じました。また日本手話が言語として捉えられるようになったことを聞いて本当によかったと思いました。

簡単な手話ができるようになったことも嬉しかったです。これからは聴覚しょうがいの学生に会ったら話しかけてみたいと思います。

大学だけでなく、日本、世界中も聴覚しょうがいの人がいますので、少しでも
役に立ちたいと思っています。これからも、多くの学生にしょうがいに関する知識を伝える企画をしてほしいと思います。
(立教大学1年次)
2018.07.11 埼玉西武ライオンズ応援ツアーを実施
7月11日(水)に、本学経営学部辻ゼミナールの学生・教員約40名が「埼玉西武ライオンズ応援ツアー」を実施しました。

本学と埼玉西武ライオンズは昨年7月に連携協力に関する基本協定を締結しており、今回の応援ツアーはその一環として、埼玉西武ライオンズ様のご厚意で実現したものです。当日は、試合観戦だけでなく、球団職員として活躍されている本学卒業生にもお会いすることができました。

本学と埼玉西武ライオンズは、今後も基本協定に基づき、ライオンズカップ車椅子ソフトボール大会への学生ボランティア派遣や競技用車椅子の貸し出しなど、互いの資源を活かして地域振興、スポーツ振興、教育振興に関する様々な協働事業に取り組んでいく予定です。
2018.06.14 実践!バリアフリー講座②「視覚しょうがい理解と支援の実践」 体験レポート(6月2日開催)
立教オリパラ応援団 ボランティア講座
実践!バリアフリー講座②「視覚しょうがい理解と支援の実践」 体験レポート(6月2日開催)

バリアフリーやボランティアへの関心から、こちらの講座に参加させていただきました。
スポーツにはあまり興味がなかったのですが、講師の原口さんからブラインドサッカーのお話を聞いてパラスポーツってなんだか楽しそうだなと少し興味が芽生えました。
「障がい」とは、大多数の人に合わせて作られた社会・環境であるという原口さんの言葉が特に印象に残りました。変わるべきなのは人の心、障がいの捉え方なのだと学びました。
また、2020東京パラリンピック開催がパラスポーツ・アスリートへと注目を集めるきっかけだけでなく、共生社会推進の端緒にしていくには、私達一人一人の心持ちが大切だと強く感じました。障がいを生活上の支障とみなした前提による手助けや提案ではなく、障がいの有無に関係なく相手が何を必要としているかを第一に考える姿勢をこれから大事にしていきたいと思います。
(立教大学2年次)
2018.06.14 実践!バリアフリー講座①「車いす利用者理解と支援の実践」 体験レポート(5月26日開催)
立教オリパラ応援団 ボランティア講座
実践!バリアフリー講座①「車いす利用者理解と支援の実践」 体験レポート(5月26日開催)

私は、大学で日々福祉を学んでおり、オリンピックそしてパラリンピックに生かせるのではないかと考え、2020年東京大会に携わりたいと思いました。そこで、立教大学がオリパラプロジェクトに力を入れていると知り、このプログラムに参加させて頂きました。
プログラムでは、実際にパラリンピック出場者の方など様々な立場でご活躍されている講師の先生方を招き、その経験談も交えながら学習しました。又、後半は車いすを使い、講義の内容を実践することでより深く学べました。支援を行う側、当事者側の両方を体験し、例えば少しの段差が車いす操作の障壁になることを知りました。日本では、電車やバスの乗り降りの際、手動でスロープを出しますが、他国では自動でスムーズに行われていると伺い、日本はまだまだ先進国に比べ、改善すべき点が多いと感じました。そして支援するに当たり、相手がどのような援助を望んでいるのかコミュニケーションを通じて確認し合い、当事者の意見を一番に尊重する大切さを改めて学びました。
今後、私はオリパラに関する多くのイベントに参加して2020年東京大会に向けて「立教生として」最善のサポートが出来るよう、一つ一つ経験を積み重ねていきたいと考えております。
(立教大学1年次)
2018.04.02 立教オリパラ応援団ボランティア講座(2018)
2年後の開催が迫る東京オリンピック・パラリンピックでは、合計で90,000人以上のボランティアが必要とされています。
そして、その募集が2018年夏(7月下旬募集要項発表)から開始されることが発表されました。
世界の200以上の国・地域から選手や大会関係者が参加するほか、国内外から多数の観光客が見込まれるビッグイベントに、積極的に関わっていきたいと考えている方、特に、ボランティアとして関わりたいと考えている方は是非、本講座を受講してください。
ボランティアに関する基礎的な知識や具体的なサポートの仕方などを経験する機会となるはずです。

【対象】本学学生
【登録方法】
下記のURLにアクセスし、「立教時間」より登録を行ってください。
https://portfolio.rikkyo.ac.jp/tcr/evt/showDetail?eventPk=1119
2018.03.27 立教オリパラ応援団シンポジウム開催(4月21日開催)
2年後(2020年)の開催が迫る東京オリンピック・パラリンピック
世界の200以上の国・地域から選手や大会関係者が参加するほか、国内外から多数の観光客が見込まれるこのビッグイベントでは、合計で9万人以上のボランティアが必要とされています。
そして、その募集が2018年夏(7月下旬募集要項発表)に開始されます。
そこで、現役アスリートやスポーツボランティアに携わった方々をお迎えし、2020年にむけて私たち一人ひとりができることについて考えるシンポジウムを開催します。
2020年にむけ、何か始めてみたいと考えている方、是非ご参加ください。

【内容】
第一部 基調講演
澤川 和宏氏 「日本のスポーツの未来」
初瀬 勇輔氏 「2020へ、パラリンピックのチカラ!」

第二部 パネルディスカッション
 ~2020年 東京大会にむけて私たちにできること~

【申込方法】
要申込(先着200名)/入場無料
定員に達したため、受付は終了しました。
過去のお知らせと取り組み
2016年5月に設置した「東京オリンピック・パラリンピックプロジェクト準備会」において、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた本学の取り組みについて議論を開始しました。 そこでは、①本学の歴史・教育・研究の特徴を踏まえ、本学独自の強みを活かした社会貢献活動に位置付けること。②2020年はゴールではなく、本学の教育・研究活動を活性化させる「契機」として捉えること。等が確認されました。
そして、在学生や各部局の教職員、卒業生など全学的な体制で2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みを推進していくため、2016年11月、正式なプロジェクトが発足し活動を開始しました。

基本方針

【Live Active ~アクティブな生活を目指そう~】
東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機に、多様な人々との交流から多様性を尊重する共生社会の実現を促進します。また、スポーツから得られる感動体験と共に、ウエルネス向上を目指す環境と機会を提供する教育・研究活動を推進します。そして、立教学院一貫連携や各競技団体との協力連携を強化し、その活動成果を未来へ継承していきます。
本学の社会連携は、教育と研究の成果を地域や社会に還元し、社会的な価値の創造に貢献することを目標としています。人的・知的・物的資源の相互活用を通して、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みを推進していくため、各自治体や団体と連携協定を結んでいます。
2018.01.31 株式会社西武総合企画との連携協力に関する協定締結
株式会社西武総合企画のサイトへ
2017.08.04 日本知的障害者水泳連盟、日本身体障がい者水泳連盟と包括協定を締結
一般社団法人 日本知的障害者水泳連盟サイトへ
一般社団法人 日本身体障がい者水泳連盟サイトへ
2017.07.26 豊島区と「2020年東京オリンピック・パラリンピック事業における連携協力に関する協定」締結
豊島区のサイトへ
2017.07.04 株式会社西武ライオンズとの連携協力に関する基本協定 締結
株式会社 西武ライオンズのサイトへ
2017.07.02 ポール・ラッシュ・アスレティックセンター室内温水プールがナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設(夏季競技)に指定
スポーツ庁HPへ
2017.06.25 ブラジルオリンピック委員会との2020年東京オリンピックにおける事前トレーニングキャンプ等の施設利用に関する覚書 締結
ブラジルオリンピック委員会のサイトへ
2016.08.01 スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム入会
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアムのサイトへ
2014.07.03 ポール・ラッシュ・アスレティックセンター内室内温水プールの利用に関する覚書 締結
一般社団法人 日本身体障がい者水泳連盟のサイトへ
2014.06.23 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会における大学連携協定 締結
公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のサイトへ

オリンピック・パラリンピックへの出場

立教大学の学生が初めてオリンピックに出場したのは、1924年にフランスで行われた第8回パリ大会。水泳部在籍の斎藤巍洋(たかひろ)さんが、100メートル背泳ぎで6位という成績を残しました。以来、立教大学は60名以上の選手を送り出すとともに、コーチや監督といった選手を支えるスタッフとしても多くの関係者が出場してきました。
※本表は、日本体育協会・資料室が所蔵する各大会の公式報告書を基に、体育会各部の部史、その他学内の資料・情報を参照して作成しました。
※オリンピック・パラリンピックに関する貴重資料の寄贈をご検討の方は、学校法人立教学院 展示館事務室(03-3985-4841)までご連絡ください。

東京オリンピックと観光学科の設置

立教大学観光学部と1964年の東京オリンピックは関係があります。東京オリンピック開催を契機として、欧米諸国と同様なホテルおよび観光に関する高等教育・研究機関設置を求める声が国内で強まりました。そこで、戦後間もない1946年から観光教育を始め実績もあった立教大学にその役割が期待される声が高まり、それに応える形として1966年、社会学部産業関係学科内に「ホテル・観光コース」が開設されました。引き続いて行われた文部省との協議により、1967年より、国内初の4年制大学における独立学科として社会学部観光学科を設置することが認められました。その後の教育・研究の実績を背景として、1998年に観光学部として改組されるに至っています。

オリンピック選手村食堂運営への参加

1964年の東京オリンピック選手村では、12の食堂が設けられていました。各食堂は大学生たちにより運営されており、立教大学の学生は「インターナショナル食堂」を任されていました。1日数時間しか営業しない他の食堂と異なり、同食堂は1日18時間という長時間営業し、名前のとおりさまざまな利用者がいたそうです。
運営に携わったのは今でも公認団体として活動している「ホテル研究会」に所属する学生たち。「インターナショナル食堂」の担当を希望する大学は他にもいくつかありましたが、部員の数やこれまでの実績から、立教大学ホテル研究会が指名されました。4年生が中心となり運営し、オリンピック期間中の9月15日~11月5日まで、合計111名もの学生が運営に携わったと言われています。

食器を洗う立教生

オリンピック選手村食堂の様子

みんなの輝き、つなげていこう。Unity in Diversity 東京2020組織委員会