社会学部College of Sociology

池袋キャンパス

OBJECTIVE.

社会の変化に私たちはどのようにかかわることができるのか?

学部の概要

About College of Sociology

社会学は、個人と個人の関係から集団、組織、地域社会、国民国家、グローバルな市場に至るまで、身近な社会的場面からマクロな世界まで対象にしてきました。絶えず変化する社会を対象として、社会学の領域では新たなテーマが生み出されています。

社会はどのように変化しているのでしょうか?その背景には何があるのでしょうか?とくにグローバリゼーションは、社会学においても重要なテーマとなり、社会をみる見方も変化してきました。私たちは、社会の変化にどのように対応したらよいのでしょうか。社会学部の学生は、1年次生からゼミ形式の授業を受け、専門科目の学習とともに様々な対象に向き合って、多様なアプローチを学ぶことができます。

グローバルとローカルが交差する社会のなかで、社会学部での学びを通した新たな世界に出会い、分析能力を培い、実践的な提言のできる人材の育成を目指しています。

主な学修成果

  • 社会に生起している問題を見いだし、現場の視点を大切にして整理・把握できる。

  • 社会調査によって得られたデータが社会・文化・メディアの各方面にどのような意味を持つか考察し説明することができる。

  • 学問の世界にとどまらず、研究成果を実践的な提言へと展開できる。

  • 発見・分析・提言の過程で必要となる基礎的教養、外国語運用能力、情報処理能力が身に付く。