社会学科

MESSAGE

「あたりまえ」を疑い、
社会が抱える問題に迫る

Department of
Sociology

立教大学
池袋キャンパス

OBJECTIVE

社会の問題にアプローチし、
自分で考え、解決できる人を育てます。

社会学科の3つの特色

この学科で学べることとは?

  • 社会学の基礎的な理論と
    調査法を学ぶ。

    1

    1・2年次に「社会学原論」「社会調査法」などの基礎科目を学び、キャンパス外で取り組むフィールド・リサーチ科目も充実。社会に対するものの見方・考え方、調査方法など、社会学の基礎力を身に付けます。

  • 社会調査系の科目が充実。
    資格取得も可能。

    2

    社会を調べる方法を学ぶ「社会調査系」の科目が充実しています。社会調査の基礎能力を持つ専門家として認められる「社会調査士」の資格を取得することも可能です。

  • 社会学を横断して学べる、
    5つの領域。

    3

    社会学の幅広い領域を「理論と方法」「自己と関係」「公共性と政策」「生活と人生」「構造と変動」の5つに分類。自由に横断して学ぶことができます。

英語力を鍛え、グローバルな視点で社会を
追究する、「国際社会コース」を開設。

立教大学社会学部では、3学科の授業を組み合わせて学ぶ「国際社会コース」を開設しています。

英語で専門科目を学びながら実践的な英語力を高め、国際社会で活躍できるグローバルな教養人を1学年15人程度の少人数制で育成します。

本コースの選択方法は、「国際コース選抜入試を通じて入学する」、もしくは「各学科に入学後の2年次にコース選択する」の2種類です。

社会学科で
身に付く能力・知識

この学科で育まれる力とは?

  • 社会に潜む問題を
    発見する力。

    社会学科では、社会全体に広く関心を持ち、「常識」にとらわれずに問題を発見し、それを自分のこととして捉える能力を育みます。

  • 調査し、考え、分析する力。

    自ら発見した問題について社会学的な思考方法に基づいて考え抜く力と、調査によってデータを収集・分析する力を鍛えます。

  • 実践的な提言を行う力。

    4年次に、学びの集大成として「卒業論文」か「卒業研究」を選択。4年間を通して実践的な学びを繰り返し、研究を提言へと展開していく力を身に付けます。

Q.「社会学を学ぶ」とは、
どういうこと?

A.「常識」にとらわれない感性で、
現代社会を読み解く方法を学ぶことです。

私たちが普段「常識」だと感じている物事を、視点を変えて見てみる。すると、途端に「分からなさ」があふれ出します。例えば、なぜ学校には遅刻してはいけないのでしょうか? なぜこれほどまでにLINEやTwitterなどのソーシャルメディアが普及したのでしょうか? なぜ日本には難民がほとんど来ないのでしょうか?
社会学は身近なことから世界で起きていることまで、現実にいかに迫り、捉えていくか、そのための調べ方や考え方を作り上げてきました。それは、この社会の「あたりまえ」を疑い、「分からなさ」を明らかにしようとする試みとも言えます。

人は、気付かないうちに自分の中に「常識」という枠を作ってしまうものです。自分をがんじがらめにしているその枠を、一つ一つ取り去っていくこと。社会学を通じて身に付けた力があれば、それも可能になります。私たちが生きるこの社会は、きっと想像以上に広大です。社会学を学び、「常識」から自由になり、これからを力強く生きていく力を身に付けていきましょう。

LGBTへの理解の
広がりを通じて、
現代社会を見つめ直す。

「LGBT」。この言葉の意味を知っていますか? Lesbian(レズビアン=女性同性愛者)、Gay(ゲイ=男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル=両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー=性別越境者)の頭文字から作られた言葉で、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の一部を指しています。

2015年秋には、同性同士のパートナー関係を証明する制度が東京都渋谷区でスタートし、話題になりました。LGBTについてメディアで取り上げられる機会も増え、認知度は上がっていると言えます。

しかしその一方で、LGBTという言葉が独り歩きしてしまい、セクシュアル・マイノリティの一面的なイメージしか見えてこない、という問題も起きています。LGBTについて何となく理解するだけで終わるのではなく、さらに深く洞察していく、それも社会学の学びの一つです。

例えば、
こんなことも
社会学科の
学びです。

社会学科の教員の研究領域

教員一覧を表示する
氏名 研究分野 リンク
萩原なつ子 環境社会学、ジェンダー研究、市民活動論 研究者情報
李 旼珍 産業・労働社会学、日韓比較研究 研究者情報
岩間暁子 家族社会学、社会階層論、マイノリティ論 研究者情報
木下康仁 高齢社会論、個人の成熟と社会の成熟 研究者情報 個人サイト
松本 康 都市社会学、社会変動論 研究者情報 個人サイト
村瀬洋一 計量政治社会学、社会階層研究 研究者情報 個人サイト
西山志保 都市社会学、まちづくり論、NPO / NGO /社会的企業研究 研究者情報 個人サイト
野呂芳明 都市社会学、地域社会と政策の関係 研究者情報
小倉康嗣 ライフストーリー研究、生の社会学 研究者情報
奥村 隆(2017年3月退職予定) 自我・意識・コミュニケーションの社会学 研究者情報
長 有紀枝 人間の安全保障、平和構築、ジェノサイド研究 研究者情報
吉澤夏子 ジェンダーの社会学、現代社会理論、他者論 研究者情報
矢吹康夫 障害学、ライフストーリー研究 研究者情報 個人サイト
脇田 彩 社会階層論、ジェンダー論、社会調査法 研究者情報

こんな学科もあります

社会学科に興味がある人は、これらの学科にも興味を持っています。

「なぜ、差別や偏見はあるのか」といったもやもやした気持ちの正体を知りたいと思い、社会学部を選びました。

社会学科 木田大地さん学部案内2017より

「自分自身で調査を行い、新たな発見をする」ことは、社会学科でしかできない貴重な経験だと思います。

社会学科 原 拓矢さん大学案内2018より