心理学科

MESSAGE

こころを科学し、
こころを育て、
こころの知を探究する

Department of
Psychology

立教大学
新座キャンパス

OBJECTIVE

心の機能とメカニズムを科学的に探究し、
現代における心の問題を
サポートする人を育てます。

心理学科の3つの特色

この学科で学べることとは?

  • 早期の専門教育と
    3年次からの少人数教育。

    1

    1年次には心理学の基礎を身に付けつつ専門科目を受講できます。2年次には英語文献からも学び、心理学の研究方法を修得。3年次には、研究テーマに応じたゼミを選択し、徹底的な少人数教育により「自分で学ぶ」姿勢を身に付けます。

  • 基礎から新領域まで、
    心理学を幅広く学べる。

    2

    実験などの科学的方法で心の法則を探る「基礎心理学」、現実生活のさまざまな課題に向き合う「応用心理学」、心身の健康促進やサポートの在り方を探る「臨床心理学」の3領域を軸に、近年、注目されている認知心理学、応用行動分析、心身医学などの新しい領域も学べます。

  • 学生実験室や実習・研究施設が充実。

    3

    視覚実験のための暗室や、聴覚実験のための防音室を備えた15の学生実験室など、充実した実習・研究施設を備えています。また、心理学の専門的な活動に必要なことを実践的に学ぶ実習や、研究方法などを身に付ける科目も充実しています。

心理学科で
身に付く能力・知識

この学科で育まれる力とは?

  • 心理学を正しく理解する力。

    心理学を正しく理解して、最新の知識を得るために。心理学の歴史、主な研究領域、学説、統計手法といった基礎知識や、英文読解力を身に付けます。

  • 研究や調査を計画し、
    実行する力。

    実験・調査・面接・テストなど、心理学の研究や実践活動に必要となる技術を身に付けます。また、研究や調査を自ら計画・立案する能力を養います。

  • 心理学を応用して
    問題解決する力。

    心理学の学びは、家庭や学校、企業などのさまざまな場面で応用することができます。立教大学の心理学科では、実社会で生じる問題に対して、心理学の知識と方法論を用いて解決していく力を身に付けます。

Q.「心理学を学ぶ」とは、
どういうこと?

A.人の心を科学的に探究しながら、
人を理解し、人を支える力を学ぶことです。

心理学はその背景に、哲学や医学、生理学など、多様な研究領域を含みます。また、実験を行い、得られたデータを統計学的な手法で処理し、分析を加えて結論を導き出すなど、極めて科学的な思考方法を用いる学問です。

実際の社会やビジネスの現場、家庭や学校といった生活のさまざまな場面で、人の心がどのように動くのかを考えるのも心理学の重要な役割です。
例えば交通事故の原因を人間の心の問題から探り出したり、部屋の扉にどんな形の取っ手をつければ人はスムーズに開けることができるのかを考えたり……。私たちの暮らしのあらゆる場面において、人の心の動きを丁寧に観察して分析をしていきます。

心の仕組みと機能を科学的に探究・理解すること。そして、心の問題やさまざまな働きを理解し、サポートする力を身に付けること。それが、心理学から得られる学びです。

「旅行でストレス解消」を
科学する。

心理学というと、臨床心理士などのカウンセリングを思い浮かべるかもしれません。しかし最近では、一見すると心理学とは関連のなさそうなテーマも研究の対象になっています。

例えば、心理学科の小口孝司教授が提唱する「メンタルヘルスツーリズム」。一般的に、旅行には良いリフレッシュが得られるもの、というイメージがありますが、小口教授の研究ではそこに疑問を提起。「ストレス低減を目的とした観光旅行が、本当にストレスの低減をもたらすのか?」といった視点で実験を行い、科学的な検証を重ねています。

現代のストレス社会にあって、心身の健康に役立つツーリズムとはどういったものなのかを考える。こうしたテーマも心理学科の学びです。

例えば、
こんなことも
心理学科の
学びです。

心理学科の教員と演習テーマ・研究分野

教員一覧を表示する
氏名 演習テーマ・研究分野 リンク
石黒 格 社会心理学、社会学 研究者情報
大石 幸二 臨床心理学、障害児(者)心理学、応用行動分析 研究者情報
小口 孝司 社会心理学、産業・組織心理学、観光(社会)心理学 研究者情報
白井 述 発達心理学 研究者情報
都築 誉史 認知心理学、認知科学、社会心理学 研究者情報 個人サイト
林 もも子 臨床心理学、精神分析学 研究者情報
日髙 聡太 知覚心理学、実験心理学 研究者情報 個人サイト
松永 美希 臨床心理学、認知行動療法、健康心理学 研究者情報 個人サイト
山田 哲子 臨床心理学、家族心理学 研究者情報
飯田 敏晴 臨床心理学 研究者情報
岡島 純子 臨床心理学 研究者情報
カヴァナ・クリストファーM. 言語心理学・民俗心理学 研究者情報
氏家 悠太 認知心理学 研究者情報
前田 楓 社会心理学 研究者情報

こんな学科もあります

心理学科に興味がある人は、これらの学科にも興味を持っています。

心理学のみで独立した学部がある大学は珍しく、臨床心理学から観光心理学まで幅広い領域を学べるうえ、心理学と密接に関わりあう他の学問領域の知見を深められるところも魅力に感じました。実験設備も充実しているため、より高度で専門的な学修ができます。

心理学科 金子 優果さん大学案内2022より

心理学の学問領域は幅広く、他の分野とも密接に関連しています。たとえば、経済学や観光学など、そこに人が関わっている学問であれば、必ずと言っていいほど心理学が影響しています。こうした学びの中で、多面的にアプローチする姿勢や俯瞰的に物事を捉える視点が得られました。

心理学科 溝口 裕生さん大学案内2021より

目には見えない心の仕組みを学ぶことにより、自分の心を一歩引いた視点で見られるようになり、物事を俯瞰的に判断できるようになりました。

心理学科 青谷 奈津季 さん大学案内2020より

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。