コミュニティ政策学科

MESSAGE

全ての人が
生きやすいと感じる
福祉社会をつくる

Department of
Community
Development

立教大学
新座キャンパス

OBJECTIVE

社会福祉の問題を、
コミュニティの力で解決できる人を
育てます。

コミュニティ政策学科の3つの特色

この学科で学べることとは?

  • コミュニティづくりの基本を、3つの領域から学ぶ。

    1

    コミュニティ形成の理論や活動について学ぶ「コミュニティ形成学」、効果的な政策を開発するための「コミュニティ政策学」、そして、人間理解を深める「コミュニティ人間学」。3つの領域を柱に、専門性の高い科目が充実しています。

  • 生活に密着した問題をテーマにして学ぶ。

    2

    子育て支援、不登校や少年非行、被災者の救援、失業者の就労支援、健康づくりなど、生活に関わるさまざまな政策課題をテーマに、幅広い視野で問題を発見する能力を養います。

  • 少人数のゼミで実践的に学ぶ。

    3

    少人数制のゼミ形式で、ボランティア活動や福祉の現場体験などの「フィールドスタディ」に加え、企業や自治体への「インターンシップ」など、多彩な体験学習を行います。

コミュニティ政策学科で
身に付く能力・知識

この学科で育まれる力とは?

  • コミュニティの問題を
    解決する力。

    コミュニティの現状と問題点を把握し、効果的な解決策を考えられるソリューション力を養います。リサーチの企画、実施、分析などのスキルを高めます。「社会調査士」の資格が取得可能です。

  • 新しい政策やサービスを
    生み出す力。

    生活に関わる課題への多角的なアプローチを学び、コミュニティの本質的な課題を解決し、住民の福利を向上するための政策やサービスを策定する力を身に付けます。

  • グローバルな視点で
    社会問題を分析する力。

    国際規模での社会問題に焦点を当てた講義や、国内外での実習体験を通じて、社会問題への理解と関心を深め、分析する力を養います。

Q.「コミュニティ政策を学ぶ」とは、
どういうこと?

A.個人の問題を、コミュニティ全体の問題と捉え、
支援のための仕組みづくりを考えることです。

貧困や虐待、差別などの問題を、個人の責任として片付けるのではなく、社会全体の問題として受け止める。このような考えのもとで、コミュニティの本質的な課題の見つけ方や問題を予防するための政策のまとめ方、支援のための仕組みやネットワークづくりなどを学ぶのが、コミュニティ政策学です。
女性の社会進出が進むいま、子育てや介護の在り方を見つめ直し、仕事と家庭の両立をどう支援するか。職を失い貧困に直面する人々の就業支援をどうするか。近所付き合いが希薄な都市の中で、災害時に必要な地域のつながりをどう構築するか。

人と人をつなぎ、人と社会をつなぐ。設備や施設などのハード面だけでなく、保健医療や雇用、教育、介護サービス、地域の交流などのソフト面も強化する。社会的な困難を抱える人に寄り添い、より良く生きるための環境を整える。コミュニティ全体でこのような課題に取り組めば、問題解決の糸口が見えてくるはずです。

ビジネスで、
地域の課題を解決する。

過疎化が進む小さな町で、木の葉を集めるお年寄り。少しさみしい光景に思えるかもしれませんが、実は、地域の問題をいくつも解決するビジネスであり、コミュニティ政策の好例でもあります。

もみじの葉などを料理に添える「つまもの」として販売し、その収穫や出荷に地域の高齢者の力を借りる。「葉っぱ」という地元の資源を活用しながら収益を生み、高齢者の健康や生きがいづくりにも貢献する。このように、地域の課題をビジネスの手法で解決することを「コミュニティ・ビジネス」と呼び、この他にも、規格が合わず廃棄される農産物をジュースにして再利用するビジネスや、子育てを終えた主婦がベビーシッターとして共働き世帯を支援するビジネスなど、さまざまな取り組みが生まれています。

地域の未来を考え、問題を解決するためにアクションする。こうしたビジネスを支援する国や自治体の取り組みもまた、コミュニティ政策そのものだと言えるでしょう。

例えば、
こんなことも
コミュニティ政策学科の
学びです。

コミュニティ政策学科の教員と担当科目

教員一覧を表示する
氏名 担当科目 リンク
河東 仁 人間心理の深層、日本の文化と思想 ほか 研究者情報
北島健一 コミュニティビジネス、雇用と福祉 ほか 研究者情報
木下武徳 コミュニティ政策学入門、社会政策 ほか 研究者情報
空閑厚樹 いのちの倫理学、持続可能な福祉コミュニティ ほか 研究者情報
小長井賀與(2019年3月退職予定) 逸脱と紛争の修復、司法福祉論 ほか 研究者情報
権 安理 公共哲学、コミュニティ平和論 ほか 研究者情報
斉藤知洋 統計学入門、データ分析法 ほか 研究者情報
阪口 毅 社会調査法、質的リサーチ ほか 研究者情報
三本松政之 現代コミュニティ論、社会問題の社会学 ほか 研究者情報
鈴木弥生 社会開発論、国際福祉論 ほか 研究者情報
外山公美 行政学、政策過程論 ほか 研究者情報
原田晃樹 自治体政策論、パートナーシップ論 ほか 研究者情報 個人サイト
藤井敦史 NPO 論、ボランティア論 ほか 研究者情報
山口綾乃(2019年3月退職予定) グローバル社会で活躍するための英語、英語で学ぶコミュニティ政策 ほか 研究者情報

こんな学科もあります

コミュニティ政策学科に興味がある人は、これらの学科にも興味を持っています。

実際に現地を訪れるフィールドワークや、自治体が開催する政策提言フォーラムなどへの参加の機会が充実しています。

コミュニティ政策学科卒業生 大島 康宏さん大学案内2019より

この学科には興味のあることに自由に取り組める環境があり、教授も学内外の活動を応援してくれます。いろいろな人と関わることで、自身の世界の広がりを感じる日々です。

コミュニティ政策学科 宮崎 晴子さん大学案内2018より