メーザーライブラリー記念館/旧館 1/2 「メーザーライブラリー」——その名の由来

写真で見る立教いま・むかし

2021/11/15

トピックス

OVERVIEW

メーザーライブラリー記念館・旧館は、大学の池袋移転時に建設されたレンガ校舎(1919年5月31日に落成式開催)の一つで、1階が事務所、2階が図書館として建てられました。

建設にあたっては、米国聖公会のサミュエル・メーザー(Samuel Mather)氏から、長年外国伝道を後援してきた父、サミュエル・リビングストン・メーザー(Samuel Livingston Mather)氏を記念して寄付がなされていたことから、図書館は、“The Samuel Livingston Mather Memorial Library”と呼ばれました。

1923年の関東大震災では、旧館も、チャペルや本館と共に大きな被害を受け、建て直しに近い修復工事がなされました。その際、他のレンガ校舎と同様、屋根の造形が、切妻屋根から寄棟屋根へと変更され、2階の南北の窓が少し小さくなりました。なお、震災後の修復にあたってもメーザー氏からの寄付があり、旧館入口の上部には、“MATHER LIBRARY”のプレートが設置されました。

左:関東大震災直後の外観(西側)(ブランスタッド文書)/中央:関東大震災後の修復工事の様子(ブランスタッド文書)/右:メーザー氏の来学を報じた『立教大学新聞』の記事(1925年5月15日)

入口上部のプレート[2015年4月撮影]

右側が旧館の寄棟屋根[2014年4月撮影]

立教学院の歴史と伝統、教育と研究の取り組みを貴重な資料や写真、映像で紹介しています。

※新型コロナウイルス感染症対策のため、臨時休館しています。今後の開館スケジュールについては、Webサイトの開館カレンダーをご確認ください。

立教学院展示館事務室 TEL 03-3985-4841
【Web】http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/hfr/

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

トピックス

2022/01/07

メーザーライブラリー記念館/旧館 2/2 図書館から展示館へ

写真で見る立教いま・むかし

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。