池袋キャンパス12号館 2/2 旧12号館の解体とタイムカプセルの発見、現在の12号館

写真で見る立教いま・むかし

2021/06/17

トピックス

OVERVIEW

旧12号館は、戦前は中学校の校舎として使用され、戦後、1948年に立教高校が設立されると中学校、高校共用の校舎として使用されます。60年に高校が新座に移転し、旧12号館は2、3階が大学の研究室に、1階が中学校の施設として使用されました。

左:「いしずえ」から発見されたタイムカプセル/右:旧12号館の礎石「いしずえ」

このように利用されてきた旧12号館は「池袋校地再開発整備計画」の一環として解体され、現在の12号館が建設されます。この旧12号館の解体中の99年8月に礎石「いしずえ」から鉛製のカプセルが発見されました。「いしずえ」の下段の礎石には明治時代の中学校の資料やキリスト教に関する資料、埋設当時の新聞や古銭など42点の資料が、上段の大正時代の礎石には当時の立教中学校の関係資料や新聞、古銭といった12点の資料が収められていました。

現在の12号館は、2012年にロイドホール(18号館)が竣工するに際して、地下階にあった社会科学系図書館はロイドホールに設置された池袋図書館と接続・統合し利用されています。(完)

タイムカプセル内に収められていた資料

立教学院の歴史と伝統、教育と研究の取り組みを貴重な資料や写真、映像で紹介しています。

※新型コロナウイルス感染症対策を行い開館しています。開館スケジュールは、Webサイトの開館カレンダーをご確認ください。

立教学院展示館事務室 TEL 03-3985-4841
【Web】http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/hfr/

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

トピックス

2021/09/21

ARTS & CULTURE 2021年夏

立教関係者の作品や文化・芸術活動