立教学院聖パウロ礼拝堂 1/2 
新座キャンパスの象徴——立教学院聖パウロ礼拝堂の誕生

写真で見る立教いまむかし

2020/10/14

トピックス

OVERVIEW

1963年4月25日、「立教学院聖パウロ礼拝堂」が落成しました。正門に対して中心線上にあり、北側の立教高等学校(現・立教新座中学校・高等学校)と南側の立教大学(キャンパスの開校は1990年)の間に位置し、「象徴的焦点」として配置されています。

キャンパス全景[1975年](『立教高等学校50年誌』)/写真のほぼ中央に立つのがベルタワー。チャペルの回廊は、立教の「立」の字のロゴの形になるように配置されている

設計にあたった建築家、アントニン・レーモンドは、1カ月間別荘にこもって構想を練ったとのことで、アーチを組み合わせたコンクリート打ち放しの独特の外観を持つものとなりました。窓には、レーモンド夫人の手によって、コンクリートに直接ガラスを埋め込んだ、カラーグラスが入れられました。

1967年には、チャペル会館とベルタワーが完成し、五角形の回廊によってチャペルとつながれました。ベルタワーには、イギリスのビッグ・ベンやアメリカの「自由の鐘」などを鋳造した、ロンドンのホワイトチャペル・ベル・ファンドリー製のベルが取り付けられています。

建設中の礼拝堂(立教新座中学校・高等学校所蔵)/当初は、柱や梁を使わないシェル構造が計画されていた

コンクリート打ち放しの外観[1980年代](立教新座中学校・高等学校所蔵)

新座キャンパス全景[2016年10月撮影]

立教学院展示館

立教学院の歴史と伝統、教育と研究の取り組みを貴重な資料や写真、映像で紹介しています。

※新型コロナウイルス感染症対策のため、臨時休館しています。今後の開館スケジュールについては、Webサイトの開館カレンダーをご確認ください。

立教学院展示館事務室 TEL 03-3985-4841
【Web】http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/hfr/

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

トピックス

2020/10/26

マレーシア立教会〜地域立教会を訪ねて〜

校友会だより