異文化コミュニケーション学科

MESSAGE

ことばと
コミュニケーションの
力で、世界をつなぐ

Department of
Intercultural
Communication

立教大学
池袋キャンパス

OBJECTIVE

自分とは異なる他者を理解し、
社会のあらゆる場面で
課題解決に挑む人を育てます。

異文化コミュニケーション学科の3つの特色

この学科で学べることとは?

  • 論理的な思考を、
    徹底的に鍛える。

    1

    ことばは、世界で活躍するために欠かせないツールです。日本語で論理的に考え、的確に伝えるための表現力を磨くとともに、英語で読み、書き、対話する力を徹底的に強化。異なる文化間で必要となるコミュニケーションの基礎力を高めます。

  • 「英語+1」で、
    多角的な視点を身に付ける。

    2

    多様な文化や価値観が混在する世の中で、他者を理解するためには、複数の視点を持って物事を考える力が必要です。英語に加え、さらにもう1つの言語とその背景にある文化を学ぶことで、世界を多角的に理解するための“第三の視点”を身に付けます。

  • 原則全員参加の
    「海外留学研修」。

    3

    原則全員が参加する「海外留学研修」や、地域や企業と連携したプログラムなど、教室での知識と体験を結び付ける実践的な学びを展開。また、世界各国からの留学生や国際支援活動に取り組む学生も多く、教室の中でも多様性に満ちた環境で学ぶことができます。

異文化コミュニケーション学科で身に付く能力・知識

この学科で育まれる力とは?

  • 「違い」を乗り越えていく、
    コミュニケーション力。

    価値観の異なる他者との摩擦を恐れることなく、問題と向き合い、乗り越えていく。複数の言語と文化を学び多様な価値観を知ることで、他者の行動や心情、文化的背景まで理解する力を養い、異文化同士をつなぐ架け橋となるようなコミュニケーション力を身に付けます。

  • 実社会のあらゆる場面で、
    課題を解決する力。

    さまざまな問題が複雑に絡み合う世の中で、課題を論理的に理解し、解決できる人へ。教室の中だけでなく、現場での体験や実践を重視した学びが、国際舞台や多文化コミュニティはもちろん、実社会のどんな場面においても課題を解決するための力になります。

  • 異文化コミュニケーションを支える、タフな精神力。

    世界で活躍するのは当たり前。周囲に同調するのではなく、「個」で挑戦することを恐れない強さと自信を手に入れる。海外での濃密な体験を取り入れた学びで、慣れ合うよりも、ぶつかり合うことの意味を知り、多様な人々と共に新しい価値を生み出していける力を養います。

Q.「異文化コミュニケーションを学ぶ」とは、
どういうこと?

A.ことばとコミュニケーションの力で、
文化や価値観の違いを乗り越え、
新たな価値を追究すること。

日々グローバル化する世界では、さまざまなバックグラウンド(世代、性別、出身地、文化的背景など)を持つ者同士が協働する場面が増えています。しかし、異なる言語や歴史、文化の中に生きてきた人々の間には、理屈だけでは理解し合えないことがあり、問題を引き起こす原因になりかねません。
そのような価値観や考え方の違いを、ことばとコミュニケーションの力で乗り越えていくのが「異文化コミュニケーション」です。 異なる文化や信条を持つ人々と向き合い、相手を知る。自分を知る。世界のどこへ行っても誰と会っても、摩擦を恐れることなく相手のふところに飛び込み、信頼関係を築く方法を身に付ける。 本学科では、国の違いだけではなく、さまざまな違いに注目し、人と人、地域と地域、国と国をつなぐ方法を追究しています。 その学びの先で待っているのは、未知なる世界の刺激や、自分にはない新しい可能性との出合い。社会を変えるコミュニケーションの真ん中で出合うダイナミックな体験こそが、異文化コミュニケーションを学ぶ醍醐味だと言えるでしょう。

外国の人に、
日本語を教える。

異文化を知るだけでなく、自分の言語や文化を伝えることも、異文化コミュニケーションの重要な役割。例えば、外国人に日本語を教えることも、その一つ。

日本のアニメ人気や外国人労働者の増加などにより日本語教育へのニーズが高まる中、日本語を通じて日本人を理解する人を増やすことは、まさに異文化コミュニケーションの実践そのものです。

日本語を教えるためには、自分たちの母語である日本語と日本の文化について深く理解し、他者へと伝える表現力を磨かなければなりません。もちろん、教わる側の文化や言語についての知識も必要です。

異文化だけでなく、自文化も知ること。一つの教室に、さまざまな文化や母語を持つ学生が集まっている日本語教育の現場は、まさに異文化コミュニケーションの宝庫だと言えるでしょう。

イメージ写真

例えば、こんなことも
異文化コミュニケーション
学科の学びです

異文化コミュニケーション学科の教員と演習テーマ・研究分野

教員一覧を表示する
氏名 演習テーマ・研究分野 リンク
浜崎 桂子 ドイツ語圏文化研究 研究者情報
星野 宏美 音楽学 研究者情報
細井 尚子 演劇学・中国表演学・比較演劇研究 研究者情報
飯島 みどり ラテンアメリカ近現代史・地域研究 研究者情報
池田 伸子 日本語教育・教育工学 研究者情報
石井 正子 紛争研究・国際協力・地域研究 研究者情報
石川 文也 ディスクール(会話)分析 研究者情報 個人サイト
石黒 武人 異文化コミュニケーション研究・組織ディスコース研究 研究者情報
Johnson, Stephan C. International Relations 研究者情報
神戸 直樹 コミュニケーション学 研究者情報
河合 優子 異文化コミュニケーション論・多文化社会論 研究者情報
小山 亘 言語人類学・コミュニケーション論 研究者情報
黒岩 三恵 西洋美術史 研究者情報
日下部 尚徳 国際協力論・開発社会学・南アジア地域研究 研究者情報
Lee, Hyangjin 映画研究 研究者情報
Martin, Ron Language learning motivation, English language education 研究者情報
丸山 千歌 日本語教育・社会言語学 研究者情報
松下 佳世 通訳翻訳学・メディア研究 研究者情報
森 聡美 バイリンガリズム・言語習得 研究者情報
師岡 淳也 コミュニケーション学・レトリック研究 研究者情報
中田 達也 第二言語習得・英語教育学・コンピュータ支援外国語学習 研究者情報 個人サイト
新野 守広 現代ドイツ演劇・都市文化論 研究者情報
小倉 和子 フランス語圏文学・社会 研究者情報
奥野 克巳 文化人類学 研究者情報
金子 亜美 文化人類学 研究者情報
佐竹 晶子 アイルランド演劇 研究者情報
佐藤 邦彦 言語学・スペイン語学 研究者情報
髙橋 里美(2023年3月退職予定) 第二言語習得理論 研究者情報
武田 珂代子 翻訳通訳学 研究者情報 個人サイト
Zi, Yanyin アフリカ地域研究 研究者情報
王 媛 文学に語られる日中文化交流の諸相・古代中国における日本人観 研究者情報
山田 優 翻訳通訳学・翻訳テクノロジー論・TILT 研究者情報
山口 まり子 分析哲学・倫理・祭祀と信仰 研究者情報
Yeo, Yezi 軍事・ジェンダー・メディア研究 研究者情報
Garvey, Kevin P. Social Media Studies, Computer-Assisted Language Learning 研究者情報

こんな学科もあります

異文化コミュニケーション学科に興味のある人はこれらの学科にも興味を持っています。

多様なバックグラウンドをもつ日本人学生や、世界各国からの留学生と授業や日常生活を共にし、自身と異なる「他」への理解を深められました。2年次にはアメリカに留学し、現地で履修したメディアの授業がきっかけで広告分析に興味を抱くように。ゼミナールでは大学広告の事例分析を行っており、読み手に響く広告について研究しています。

異文化コミュニケーション学科 藤谷 拓さん大学案内2022より

最大の魅力は、学びの多様性です。学生は1年次に4つの学問領域を概説的に学び、2年次から興味がある分野を探究。その後は留学先で学びを深め、帰国後にもち帰った知見を共有します。対等な目線で接してくださる国際色豊かな先生方の指導のもと、クラスメイトと共に授業を作り上げていくことを体験できました。

異文化コミュニケーション学科 永尾 瑠希さん大学案内2021より

授業では議論やプレゼンテーションを行う機会が多く、英語で自分の考えを伝える力も鍛えられました。卒業後はインバウンドプロモーションに携わり、海外と日本をつなぐ役割を果たしていきたいと思います。

異文化コミュニケーション学科 森下 夏波 さん学部案内2020より

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。