観光地経営専門家育成プログラム観光研究所

平成20年度の経済産業省「産学連携人材育成事業(サービス人材分野)」において、立教大学による「観光地を革新する“観光地経営専門家”育成プログラム」が採択されました。同プログラムは、地域経営の視点から組織的に観光地全体を視野に入れて革新する観光地経営のスキルを持つ専門家の育成を目指したもので、翌平成21年度に実証プログラムが開講されました。本講座は、この成果をふまえ、さらに充実した内容で提供するものです。

観光地経営専門家育成プログラムについて

ご挨拶
「地方創生」が叫ばれる中、観光による地域振興を図ろうとする取り組みが全国各地で展開されています。そこでは既存の観光事業・観光資源・観光施設にとらわれず、新たな視点から地域の恵みや持ち味を再発見・再評価し、多様な地域主体の連携を図りながら、新たな観光価値の創造を通じて人々の交流を促進し、地域社会の活力を産み出すことが求められています。そのためには、従来からの観光事業の枠組みにとどまらず、広く地域経営、あるいはまちづくりの視点から、観光地としてのあるべき姿を描き、革新的に再構築を図っていくための専門的な知識やスキルをもった人材が必要です。

立教大学では、大学院観光学研究科と観光研究所が連携し、学内外の協力を得ながら「観光地を革新する“観光地経営専門家育成プログラム”」を展開してまいりましたが、平成27年度からは観光研究所が主体となり、新たな講座として展開することとなりました。長い観光教育・研究の歴史をもつ立教大学の経験とネットワークを活かし、これまでのプログラムの実績を踏まえて、新たな時代に求められる観光地の革新と再構築を担う「観光地経営専門家」の育成をめざしてまいります。

立教大学観光学部教授 東  徹
プログラムの特徴
  • 日本で最も長い観光教育・研究の歴史を持つ立教大学を中心に、全国で地域づくりに活躍する経験豊かな講師陣が授業を担当します。
  • 講座受講後も修了生の連携を大事にし、全国の観光地域づくりに携わる人材をネットワークします。
カリキュラムの内容

観光事業の革新と再構築

観光地の存続と発展には、観光事業の絶え間ない革新(イノベーション)と再構築が行われ、活性化した組織とネットワークが維持されて、新たな観光地の魅力が創り出されていかなければなりません。観光地の魅力維持と観光地経営に関するイノベーションの基本的な考え方とともに、「地域資源を活用した観光魅力づくり」「地域における観光事業推進組織づくり」「地域ブランド構築に向けた観光の役割」「新規事業の計画立案とプロモーション」などの基礎となる理論と事例について学んでいきます。

観光事業の企画と評価

地域の存続と発展に向けた観光事業を推進していくためには、長期的な視座に立って地域の観光事業の競争力を客観的に評価し、観光地の諸問題を構造的に分析する知識やスキルが必要です。これに加え、メディア戦略や地域内のコミュニケーション力、地域資源を活用して新たな商品を創出する企画力も求められます。このような観光事業の総合的な力を養成するため、具体的な問題や事例をもとに受講者自らが考え、実践的な分析を行ったり、メンバーや講師とディスカッションしながら講義を進めます。

観光地経営のケーススタディー

従来型の観光地経営に限界が見えてきた中、全国にはそれを打破すべく新たな挑戦が行われ、高い評価を受けている事例も見られるようになってきました。これらの事例には観光地経営におけるイノベーション、あるいは観光を活用した新たな地域振興を進める上でのヒントが含まれていると考えられます。このプログラムでは経験豊かな講師陣による事例研究を講義とフィールドワークを通して展開していきます。

詳細・日程・募集要項

日程・会場・時間割(2018年度)

開講日程

【講義】
2018年9月23日(日)、10月21日(日)、11月25日(日)※いずれも10:30~16:30
10月7日(日)※12:00~16:30
【フィールドワーク 飯山】
10月13日(土)・14日(日)現地集合12:30頃~翌日12:00頃解散
【フィールドワーク 川越】
11月11日(日)現地集合10:00頃~16:45頃解散
【修了講演および修了式】
12月1日(土)※13:30~17:00

2018年8月1日現在の予定ですので、変更の可能性があります。最新の情報は研究所ウェブサイトでご確認ください。

会場

立教大学池袋キャンパス・飯山市内・川越市内

講義時間割

以下のPDFをご覧ください
募集要項(2018年度)

受講資格

大学卒業以上、もしくはそれと同等の能力を有する者(社会人・大学院生等)

受講願書受付期間

2018年8月31日(金)~9月10日(月)

受講料

一般 68,500円(飯山フィールドワーク参加費18,500円(予定)含む)

●セカンドステージ大学受講生、本学卒業生も一般となります。
●飯山フィールドワーク費に含まれるもの:現地での講義料、現地での移動費、施設入館料、宿泊代、夕食・朝食
      〃      含まれないもの:現地までの往復交通費、初日の昼食、夕食の飲み物代、2日目昼食
本学大学院生(観光学研究科、ビジネスデザイン研究科など)は、受講願書を提出し、上記飯山フィールドワーク参加費のみ振込期間内に払込したうえで、秋学期の履修登録期間に科目コード〔観光地経営研究(UA563)〕を登録してください。

定員

30名(先着)

特記事項

講義は定刻に開始し、出欠を取ります。
出席が良好(極力すべてのコマへの出席が望ましい)かつ課題レポートを提出した方へ修了証書を授与します。
課題レポートは、学んだことをA4用紙3枚程度にまとめて、修了式当日に事務局に提出してください。
出願手続きの流れ(2018年度)

1.受付期間中(8月31日~9月10日)に、受講願書をウェブサイトよりダウンロードし出願する(下記いずれかの方法で提出)

【メール送付】
宛先:service-jinzai@rikkyo.ac.jp
件名:2018年度「観光地経営専門家育成プログラム」の申込
【持参】
立教大学 池袋キャンパス12号館2階 総合研究センター内 観光研究所事務局
10:00~16:00(土曜日・日曜日・祝日を除く)
【郵送】
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 立教大学観光研究所 行
※受講願書在中と明記してください

***受講願書に関する注意事項***
・願書には写真(縦4㎝×横3㎝)を貼付してください。
本学大学院生は写真ではなく、学生証のコピーを添付してください。(メール添付可)
・メール送付する場合、願書のファイルを添付ください。(願書を撮影した写真は不可)

2.受講願書受領メールを受け取る

願書を受領しましたら、観光研究所より受領メールを送信します

3.受講料を振り込む

【受講料振込先】
みずほ銀行池袋西口支店(普通)1273940 学校法人立教学院立教大学

***振込に関する注意事項***
・振込人氏名入力の際、名前の前にKAN03(ゼロ3)を入力してください。(例)KAN03 リッキョウタロウ
・振込人氏名は、必ず受講する本人名でお願いします。
・受講料振込期間 2018年9月12日(水)~9月19日(水)を厳守してください。
・受講料振込後の受領確認の連絡はしませんので、受領証は保管してください。
・一度受理した書類および受講料は返却いたしません。
本学大学院生はフィールドワーク費用のみを払込してください。

お問い合わせ

立教大学観光研究所

旅行業講座はこちら