ラテンアメリカ研究所The Institute for Latin American Studies

ラテンアメリカの総合的研究とその研究者や関連分野の人材育成を目的として設立され、図書資料の収集、所報(紀要)の発行、講演会の開催などを行っています。またラテンアメリカ論や言語など12科目程度の通年の「ラテンアメリカ講座」を開講しています。

研究所概要

研究所紹介
立教大学ラテンアメリカ研究所は、ラテンアメリカに関する総合的な研究と、その研究者および関連分野で活躍する人材の育成を目的とし、駐日ブラジル大使をはじめとする駐日中南米十数ヵ国の大・公使の賛同を得て、1963年に創設されました。
本研究所は、1964年4月に「ラテンアメリカ講座」を開講したほか、1973年から毎年「研究所報」を発行、さらに公開講演会やシンポジウムなど行事も頻繁に企画しています。本研究所が主催する公開講演会の中で特に高評を得ているのは、1969年以来毎年恒例の「現代のラテンアメリカ」で、講師に内外の研究者や著名な文化人などを招き、ラテンアメリカの文学、文化、音楽、美術、建築、宗教から、政治、経済、社会、環境、先住民問題にいたるまで、広範なテーマを取り上げています。
また、本研究所はラテンアメリカに関する図書、文献、資料などを収集しています。なかでも特に文学・文化関係の和書、ブラジルの日本移民史料館などから購入した日系移民に関する図書や資料が充実しています。これらの資料を所蔵している立教大学図書館は、講座受講生も利用することができます。
このように、本研究所は、日本の大学教育に欠けていた社会教育の場を提供し始めた草分け的な存在です。今日では多くの大学が市民講座を設けていますが、ラテンアメリカについてじっくりと総合的に学ぶ特色ある講座を提供し続けているのは、本研究所のみと言っても過言ではありません。過去50年、ラテンアメリカに関わり活躍する講座卒業生を輩出してきました。引き続き、組織的な研究活動をさらに深化させ、ラテンアメリカ研究の質的向上とその社会還元に努めていく所存です。
理念・目的
本研究所は、1963年4月に、当時の駐日ブラジル大使をはじめとする駐日中南米十数ヶ国の大・公使の賛同を得て、ラテンアメリカに関する総合的な研究と研究者および関連分野で活躍する人材の育成とを目的として創設されました。その後、1989年7月12日より研究所規則が施行されました。そこに述べられている理念と目的を紹介します。

■研究所はラテンアメリカの政治・経済・社会ならびに文化一般の研究および研究者相互の協力を促進し、あわせて、ラテンアメリカ諸国民および関係諸機関との連絡と協力を図ることを目的とする。

■研究所は前条の目的を達成するために次の事業を行う。

  1. ラテンアメリカに関する総合的な研究

  2. ラテンアメリカ研究者の養成

  3. スペイン語及びポルトガル語の講座並びにラテンアメリカの事情に関する講座の開設

  4. ラテンアメリカ関係の図書、その他の資料収集及び公開

  5. 研究会及び講演会の開催

  6. 機関誌(その他の図書)の刊行

  7. その他所員会が研究所の目的を達成するために必要と認めた事項
研究活動
本研究所は、次に挙げる研究活動を推進することを規則で定めています。
1.ラテンアメリカに関する総合的な研究
学内にはラテンアメリカを専門とする研究者があまり多くないため、久しく総合的な研究活動の推進には支障がありましたが、2007年度より所員体制の見直しを図り、学外のラテンアメリカ研究者にも研究員として参加いただき、組織的な研究活動の推進が実現可能となりました。その結果、2007年度にはラテンアメリカ研究所を申請母体とする立教SFR(学術推進特別重点資金)プロジェクト研究、「ブラジルにおける日系移民資料の分析・保存とデジタルアーカイブ構築:移民百年の軌跡」が採択され、慶應大学と連携しつつ学際的な研究が進められました。また、その成果を広く社会に還元する目的で、2008年度には立教SFRの助成金による国際会議、「ブラジル日本人移民100年の軌跡」が開催されました。さらに、現在「ブラジルにおける各国移民の非同化適応戦略とトランスナショナリズムに関する比較研究」を進めています。
2.ラテンアメリカ研究者の養成
公開講座の受講生の中には、本学および他大学の大学院生が複数存在します。また受講後に修士課程へ進学及び留学する受講生、海外で活躍するOB・OGも少なくありません。下の5.にもあるように、講座の一環として毎年「受講生セミナー」を開催して発表の機会を設け、所報に研究を投稿する機会を提供するなど、積極的に研究者の養成にも努めています。
3.スペイン語およびポルトガル語の講座ならびにラテンアメリカの事情に関する講座の開設
4.ラテンアメリカ関係の図書、その他の資料収集および公開
本研究所では、図書や資料の収集と情報の提供を積極的に行っています。具体的には、ラテンアメリカとカリブ地域やイベリア諸国に関する図書・文献・資料の収集、ラテンアメリカ関係の文化事業(講演会・音楽会・展覧会・映画等)に関する情報の収集と提供などがその内容です。情報は研究所ブログにも掲載しております。

(1)蔵書数(2016年現在概数)
図書:和書 5,600冊・洋書 1,700冊 合計7,300冊
雑誌:和雑誌 13種・洋雑誌 2種 合計 15種

(2)図書/雑誌の収集(年間概数)
図書:和書 180冊・洋書 20冊 
雑誌:和雑誌 5種・洋雑誌 2種

※立教大学図書館に配架されているラテンアメリカ研究所の図書資料と、ラテンアメリカ研究所内で所蔵している研究資料は、「総合研究センター検索データベース」にて検索可能です。下記リンク先よりご利用ください。
5.研究会および講演会の開催
毎年恒例となった「受講生セミナー」や、公開講演会「現代のラテンアメリカ」の開催に加えて、さまざまな地域・分野に関する多くの公開講演会を入場無料で実施しています。詳細はこのWebsiteの講演会ページをご覧ください。
6.所報の刊行
ラテンアメリカ研究所報(年刊)を刊行しています。執筆者は研究所の所員・研究員、講座講師、受講生などです。投稿原稿は、研究所側で査読審査のうえ、掲載の可否を判定しています。
組織・構成員(2022年度)

所長

佐藤 邦彦(異文化コミュニケーション学部教授)

副所長

西田 恵子(コミュニティ福祉学部教授)

所員(ABC順)

林 みどり(文学部教授)
飯島 みどり(異文化コミュニケーション学部准教授)
丸山 浩明(文学部教授)
松本 旬子(外国語教育研究センター准教授)
村瀬 洋一(社会学部教授)
Douglas SCHULES(経営学部准教授)
島村 暁代(法学部教授)

学外所員(ABC順)

伊高 浩昭(ジャーナリスト)
小池 洋一(立命館大学社会システム研究所客員研究員、JETROアジア経済研究所名誉研究員)
豊田 由貴夫(立教大学名誉教授、立教池袋中学校・高等学校校長)

研究員(ABC順)

ドナシメント, アントニー(東海大学国際教育センター国際言語教育部門フランス語特任教員)
郷澤 圭介(立教大学外国語教育研究センター教育講師)
池田 昭光(明治学院大学教養教育センター助教)
木下 雅夫(早稲田大学他非常勤講師)
マチャド, ダニエル(写真家)
洲崎 圭子(お茶の水女子大学グローバルリーダーシップ研究所特別研究員)

研究所事務局

植木 恵梨子
国分 明美
研究所報
「立教大学ラテンアメリカ研究所報」(年刊)は1973年に発刊され、現在までに通算45巻以上刊行されています。所員、研究員、外部専門家、受講生による論文、エッセイ、旅行記など内容も幅広く、学術誌としての性格の他、ラテンアメリカ講座の受講生の研究成果発表の機会を与えています。
研究プロジェクト
2007~2008年度にかけて立教大学学術推進特別重点資金の助成を受けて実施したプロジェクト研究「ブラジルにおける日系移民資料の分析・保存とデジタルアーカイブ構築:移民百年の軌跡」では、ブラジルにおける日系人百年の軌跡を、多様な資料から解き明かし、デジタルアーカイブとして保存・活用するシステムの構築を目指しました。また、国際会議「ブラジル日本人移民100年の軌跡」も開催されました。

研究プロジェクト

ラテンアメリカ講座

講座概要
語学や文化などラテンアメリカについて総合的に学ぶことのできる講座で、本学学生に限らず広く一般にも公開されています。多岐にわたる分野を扱う「ラテンアメリカ論」や、文化的背景を考慮にいれた語学科目「ラテンアメリカスペイン語」は、ユニークな科目として注目され、毎年熱心な受講生を多数集めています。

講演会情報

2021.12.04 第51回現代のラテンアメリカ「佐藤究×柳原孝敦 公開対談:『テスカトリポカ』の世界観とラテンアメリカ」【終了】
小説『テスカトリポカ』の世界から見たラテンアメリカとはいかなるものか、ラテンアメリカ文学の視点からは『テスカトリポカ』はどう映るのか。今年同作品で、第165回直木三十五賞と第34回山本周五郎賞を受賞した佐藤究氏と、ラテンアメリカ文学研究者の柳原孝敦氏が語り合う。

■日時
12月4日 (土)17:30~19:00

■場所
Zoomウェビナー

■登壇者
佐藤 究氏(作家)
柳原 孝敦氏(東京大学大学院人文社会系研究科教授)

■司会
林 みどり(本学文学部文学科文芸・思想専修教授、ラテンアメリカ研究所所員)

■申込
参加無料、事前申し込み制(先着1000名)
以下の申込フォームよりお申し込みください。
2021.10.30 オンライン公開講演会「メキシコ、ベラクルスにおける民衆音楽 —口承から大学教育へ」【終了】
メキシコ国立ベラクルス大学音楽学部講師であり、ベラクルス州を代表する伝統音楽楽団《トレンウイカニ》のメンバーである音楽家ルベン・メルガレホ氏をゲスト講師に迎え、レクチャーと実演からなるオンライン講演会を実施します。メルガレホ氏は、現在ベラクルス大学に整備されつつある伝統音楽専修の学士課程創設のプロジェクトに中核的教員スタッフとして参画しておられます。大学教育における伝統音楽の専修課程はラテンアメリカにおいて先駆的であると同時に、世界的に見ても希少です。
講演では、1970年代まで口頭伝承に依存してきたメキシコ伝統音楽が大学教育に取り入れられ、専修課程設立のプロジェクトに至る歩みを紐解き、高等教育における伝統文化の実践を考察します。実演では、メルガレホ氏が専門とするベラクルスの音楽をはじめ、メキシコ各地の伝統音楽を解説つきで実演紹介します。

■日時
2021年10月30日(土)10:00~12:30(途中休憩 質疑応答を含む)

■場所
Zoomウェビナー
(事前にZoomのアプリケーションのインストールをお済ませください)

■講演と演奏
ルベン・メルガレホ(Rubén Melgarejo)氏(ベラクルス大学音楽学部民俗音楽専修課程専任講師)
1969年メキシコ、ベラクルス州ハラパ生まれ。伝統音楽奏者としては、ハラナ、レキントなどの伝統楽器を、クラシック音楽ではヴァイオリンを演奏。2001年より楽団《トレンウイカニ》に参加。ハラナ、レキント、ベース、アルパ、バイオリンを担当。同時にベラクルス大学で教鞭をとりはじめる。ラテンアメリカ各地の伝統音楽を現地で習得。クラシック音楽あるいはメキシコ音楽の演奏家として、これまで全世界20カ国を訪演。作曲家・編曲家としても伝統音楽とクラシック音楽の両分野で様々な楽団に楽曲を提供している。

■司会・コーディネーター・通訳
石橋 純氏(東京大学教養学部教授。本学兼任講師)

■事前申込制 
以下の参加申込フォームからお申込みください。
2021.06.26 2021年度ラテンアメリカ講座「受講生セミナー」【終了】

「受講生セミナー」は本研究所が開設しているラテンアメリカ講座の受講生の研究成果を発表する場となっています。 講座受講生でなくても、どなたでもご参加いただけます。ご興味のある方はぜひご参加ください。

■日時
2021年6月26日(土)17:15~19:00

■場所
Zoomウェビナー
(事前にZoomのアプリケーションのインストールをお済ませください)

■発表者・発表テーマ
第1部:坂口 透氏「キューバに残るスペイン伝来の農民音楽」
第2部:窪田 直子氏「戦後ブラジルにおける日系人画家の系譜」

■司会
佐藤 邦彦(本学異文化コミュニケーション学部教授、ラテンアメリカ研究所所長)

■事前申込制・入場無料
2021.03.14 オンライン公開講演会「米国国境を越える移民たち」【終了】
■日時
2021年3月14日(日)10:00~12:00

■場所
Zoomウェビナー
(事前にZoomのアプリケーションのインストールをお済ませください)

■内容
米国とラテンアメリカの国際関係を移民の動きを通して考察する。平井伸治氏が米国へ移住したメキシコ人の「ノスタルジー」の形成過程やその郷愁の念が移住先での生活に与えた影響についてメキシコから講演する。一方、中川正紀氏はエルサルバドル人の米国への移住動機と本国家族との関係について講演する。

■講師
社会人類学高等研究所(CIESAS、メキシコ)教授
平井 伸治(ひらい しんじ) 氏

フェリス女学院大学文学部教授
中川 正紀(なかがわ まさのり) 氏

■コーディネーター
神田外語大学外国語学部専任講師
磯田 沙織(いそだ さおり) 氏

■司会
本学異文化コミュニケーション学部教授、ラテンアメリカ研究所所長
佐藤 邦彦

■対象
本学学生、教職員、校友、一般

■主催
ラテンアメリカ研究所

■共催
アメリカ研究所
2021.03.13 オンライン公開講演会「AMLO政権下メキシコにおける政治経済情勢と自動車産業の現状」【終了】
■日時
2021年3月13日(土)10:00~12:00

■場所
Zoomウェビナー
(事前にZoomのアプリケーションのインストールをお済ませください)

■内容
米国とメキシコの関係を経済の面から考察する。岡部拓氏が、米国・メキシコ・カナダ協定がメキシコ経済に与えた影響について日系自動車産業の現状に触れながらメキシコより講演する。一方、林和宏氏はメキシコ政府の外交政策が日系の製造業に与えた影響について講演する。両者の講演を受け、Adolfo Laborde氏からコメントを受ける。

■講師
グアダラハラ大学(UDG、メキシコ)経済経営学部教授
岡部 拓(おかべ たく) 氏

京都外国語大学客員研究員
林 和宏(はやし かずひろ) 氏

■コメント
メキシコ経済省駐日代表
Adolfo Laborde Carranco(アドルフォ・ラボルデ゠カランコ) 氏

■コーディネーター・通訳(スペイン語から日本語)
神田外語大学外国語学部専任講師
磯田 沙織(いそだ さおり) 氏

■司会
本学異文化コミュニケーション学部教授、ラテンアメリカ研究所所長
佐藤 邦彦

■対象
本学学生、教職員、校友、一般

■主催
ラテンアメリカ研究所

■共催
アメリカ研究所
2020.12.10 オンライン公開講演会「コロナ禍のブラジルから—映像作家の巣ごもり時空紀行」【終了】
■日時
2020年12月10日(土)20:00~21:30

■場所
Zoomウェビナー
(事前にZoomのアプリケーションのインストールをお済ませください)

■講師
岡村淳(おかむらじゅん)
記録映像作家

■司会
島村暁代(本学法学部准教授、ラテンアメリカ研究所所員)

■入場無料

■要申込(先着100名)
※定員に達したため申込みを締切りました。

研究所からのお知らせ

2022.02 寄付への御礼
「立教学院創立150周年記念募金」として、当研究所へご寄付いただきありがとうございました。
寄付金につきましては、引き続き今後の研究所活動に役立たせていただきます。
2021.05.28 2020年度ラテンアメリカ研究所購入図書リストを掲載しました。
ページ下の「ラテンアメリカ研究所購入図書リスト」リンクからご覧ください。
2021.03.26 2021年度「ラテンアメリカ講座」受講生一般募集締め切りました。立教大学在学生は4/7まで受付中です。
お申込みありがとうございました。
尚、立教大学在学生は4/7(水)まで受付中です。詳細はラテンアメリカ講座Webサイトをご覧ください。
2021.01 寄付への御礼
「立教学院創立150周年記念募金」として、当研究所へご寄付いただきありがとうございました。
このたびの寄付金については、今後の研究所活動に役立たせていただきます。
2017.10.11 ラテンアメリカ研究所のウェブページをリニューアルしました
大学公式サイトのデザインを適用し、スマートフォンなどモバイル端末にも対応しました。

お問い合わせ

立教大学ラテンアメリカ研究所

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。