ラテンアメリカ研究所The Institute for Latin American Studies

ラテンアメリカの総合的研究とその研究者や関連分野の人材育成を目的として設立され、図書資料の収集、所報(紀要)の発行、講演会の開催などを行っています。またラテンアメリカ論や言語など12科目程度の通年の「ラテンアメリカ講座」を開講しています。

研究所概要

研究所紹介
立教大学ラテンアメリカ研究所は、ラテンアメリカに関する総合的な研究と、その研究者および関連分野で活躍する人材の育成を目的とし、駐日ブラジル大使をはじめとする駐日中南米十数ヵ国の大・公使の賛同を得て、1963年に創設されました。
本研究所は、1964年4月に「ラテンアメリカ講座」を開講したほか、1973年から毎年「研究所報」を発行、さらに公開講演会やシンポジウムなど行事も頻繁に企画しています。本研究所が主催する公開講演会の中で特に高評を得ているのは、1969年以来毎年恒例の「現代のラテンアメリカ」で、講師に内外の研究者や著名な文化人などを招き、ラテンアメリカの文学、文化、音楽、美術、建築、宗教から、政治、経済、社会、環境、先住民問題にいたるまで、広範なテーマを取り上げています。
また、本研究所はラテンアメリカに関する図書、文献、資料などを収集しています。なかでも特に文学・文化関係の和書、ブラジルの日本移民史料館などから購入した日系移民に関する図書や資料が充実しています。コレクションは立教大学図書館に所蔵されており、講座受講生も本学学生と同じように利用できます。
このように、本研究所は、日本の大学教育に欠けていた社会教育の場を提供し始めた草分け的な存在です。今日では多くの大学が市民講座を設けていますが、ラテンアメリカについてじっくりと総合的に学ぶ特色ある講座を提供し続けているのは、本研究所のみと言っても過言ではありません。過去50年、ラテンアメリカに関わり活躍する講座卒業生を輩出してきました。引き続き、組織的な研究活動をさらに深化させ、ラテンアメリカ研究の質的向上とその社会還元に努めていく所存です。
理念・目的
本研究所は、1963年4月に、当時の駐日ブラジル大使をはじめとする駐日中南米十数ヶ国の大・公使の賛同を得て、ラテンアメリカに関する総合的な研究と研究者および関連分野で活躍する人材の育成とを目的として創設されました。その後、1989年7月12日より研究所規則が施行されました。そこに述べられている理念と目的を紹介します。

■研究所はラテンアメリカの政治・経済・社会ならびに文化一般の研究および研究者相互の協力を促進し、あわせて、ラテンアメリカ諸国民および関係諸機関との連絡と協力を図ることを目的とする。

■研究所は前条の目的を達成するために次の事業を行う。

  1. ラテンアメリカに関する総合的な研究

  2. ラテンアメリカ研究者の養成

  3. スペイン語及びポルトガル語の講座並びにラテンアメリカの事情に関する講座の開設

  4. ラテンアメリカ関係の図書、その他の資料収集及び公開

  5. 研究会及び講演会の開催

  6. 機関誌(その他の図書)の刊行

  7. その他所員会が研究所の目的を達成するために必要と認めた事項
研究活動
本研究所は、次に挙げる研究活動を推進することを規則で定めています。
1.ラテンアメリカに関する総合的な研究
学内にはラテンアメリカを専門とする研究者があまり多くないため、久しく総合的な研究活動の推進には支障がありましたが、2007年度より所員体制の見直しを図り、学外のラテンアメリカ研究者にも研究員として参加いただき、組織的な研究活動の推進が実現可能となりました。その結果、2007年度にはラテンアメリカ研究所を申請母体とする立教SFR(学術推進特別重点資金)プロジェクト研究、「ブラジルにおける日系移民資料の分析・保存とデジタルアーカイブ構築:移民百年の軌跡」が採択され、慶應大学と連携しつつ学際的な研究が進められました。また、その成果を広く社会に還元する目的で、2008年度には立教SFRの助成金による国際会議、「ブラジル日本人移民100年の軌跡」が開催されました。さらに、現在「ブラジルにおける各国移民の非同化適応戦略とトランスナショナリズムに関する比較研究」を進めています。
2.ラテンアメリカ研究者の養成
公開講座の受講生の中には、本学および他大学の大学院生が複数存在します。また受講後に修士課程へ進学及び留学する受講生、海外で活躍するOB・OGも少なくありません。下の5.にもあるように、講座の一環として毎年「受講生セミナー」を開催して発表の機会を設け、所報に研究を投稿する機会を提供するなど、積極的に研究者の養成にも努めています。
3.スペイン語およびポルトガル語の講座ならびにラテンアメリカの事情に関する講座の開設
4.ラテンアメリカ関係の図書、その他の資料収集および公開
本研究所では、図書や資料の収集と情報の提供を積極的に行っています。具体的には、ラテンアメリカとカリブ地域やイベリア諸国に関する図書・文献・資料の収集、ラテンアメリカ関係の文化事業(講演会・音楽会・展覧会・映画等)に関する情報の収集と提供などがその内容です。情報は研究所ブログにも掲載しております。

(1)蔵書数(2016年現在概数)
図書:和書 5,600冊・洋書 1,700冊 合計7,300冊
雑誌:和雑誌 13種・洋雑誌 2種 合計 15種

(2)図書/雑誌の収集(年間概数)
図書:和書 180冊・洋書 20冊 
雑誌:和雑誌 5種・洋雑誌 2種

※立教大学図書館に配架されているラテンアメリカ研究所の図書資料と、ラテンアメリカ研究所内で所蔵している研究資料は、「総合研究センター検索データベース」にて検索可能です。下記リンク先よりご利用ください。
5.研究会および講演会の開催
毎年恒例となった「受講生セミナー」や、公開講演会「現代のラテンアメリカ」の開催に加えて、さまざまな地域・分野に関する多くの公開講演会を入場無料で実施しています。詳細はこのWebsiteの講演会ページをご覧ください。
6.所報の刊行
ラテンアメリカ研究所報(年刊)を刊行しています。執筆者は研究所の所員・研究員、講座講師、受講生などです。投稿原稿は、研究所側で査読審査のうえ、掲載の可否を判定しています。
組織・構成員(2019年度)

所長

佐藤 邦彦(異文化コミュニケーション学部教授)

副所長

大橋 健一(観光学部教授)

所員(ABC順)

藤原 新(経済学部准教授)
後藤 聡(理学部教授)
飯島 みどり(異文化コミュニケーション学部准教授)
豊田 由貴夫(観光学部教授)

学外所員(ABC順)

伊高 浩昭(ジャーナリスト)
小池 洋一(立命館大学社会システム研究所客員研究員、JETROアジア経済研究所名誉研究員)

研究員(ABC順)

ドナシメント, アントニー(立教大学ランゲージセンター教育講師)
池田 昭光(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所研究機関研究員)
マチャド, ダニエル(写真家)
洲崎 圭子(お茶の水女子大学基幹研究院研究員)
橘 生子(津田塾大学国際関係研究所 非常勤研究員)

研究所事務局

植木 恵梨子
国分 明美
研究所報
「立教大学ラテンアメリカ研究所報」(年刊)は1973年に発刊され、現在までに通算40巻以上刊行されています。所員、研究員、外部専門家、受講生による論文、エッセイ、旅行記など内容も幅広く、学術誌としての性格の他、ラテンアメリカ講座の受講生の研究成果発表の機会を与えています。
研究プロジェクト
2007~2008年度にかけて立教大学学術推進特別重点資金の助成を受けて実施したプロジェクト研究「ブラジルにおける日系移民資料の分析・保存とデジタルアーカイブ構築:移民百年の軌跡」では、ブラジルにおける日系人百年の軌跡を、多様な資料から解き明かし、デジタルアーカイブとして保存・活用するシステムの構築を目指しました。また、国際会議「ブラジル日本人移民100年の軌跡」も開催されました。

研究プロジェクト

ラテンアメリカ講座

講座概要
語学や文化などラテンアメリカについて総合的に学ぶことのできる講座で、本学学生に限らず広く一般にも公開されています。多岐にわたる分野を扱う「ラテンアメリカ論」や、文化的背景を考慮にいれた語学科目「ラテンアメリカスペイン語」は、ユニークな科目として注目され、毎年熱心な受講生を多数集めています。

講演会情報

2019.11.22 映画上映会『ローマ法王になる日まで』
■日時
2019年11月22日(金)19:00~21:30

■場所
池袋キャンパス8号館2階8201教室

■お話:西原廉太(立教大学大学院キリスト教学研究科教授)

■上映映画:『ローマ法王になる日まで』原題:Chiamatemi Francesco - Il Papa della gente
 2015年/イタリア/スペイン語(日本語字幕)/113分/ ダニエーレ・ルケッティ監督

■主催
立教大学ラテンアメリカ研究所

■後援
立教大学大学院キリスト教学研究科

■申込 事前申込制:定員150名 
以下リンク先フォームからお申込みください
2019.10.12 【開催延期となりました】第50回現代のラテンアメリカ「チリ軍政下を生き抜く女性たち:拷問からの生還と、終わらない痛み」
【重要】台風19号の影響により、10月12日(土)の公開講演会「第50回現代のラテンアメリカ「チリ軍政下を生き抜く女性たち:拷問からの生還と、終わらない痛み」」につきましては、延期とさせていただきます。皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、どうかご理解賜りますようお願い申し上げます。

■日時:2019年10月12日(土)17:30~19:00

■会場:池袋キャンパス太刀川記念館カンファレンス・ルーム

■講師:内藤順子氏(早稲田大学理工学術院准教授)

■司会:豊田由貴夫(本学観光学部教授、ラテンアメリカ研究所所員)

■申込不要・入場無料
2019.7.6 公開講演会「メキシコ伝統音楽ソン・ハローチョの変容と現在」【終了】
ご来場いただき、ありがとうございました。

■日時
2019年7月6日(土)17:10~19:40

■場所
池袋キャンパス5号館3階5324教室

■講師
増田耕平氏(自主映画監督、音楽家)

■演奏
ソン・ハローチョ・バンド“ロス・ラギートス(Los Laguitos)”

■上映映画
『Hilo Transparente(透明な糸)』
 企画・制作・監督:増田耕平/60分/スペイン語音声、日本語字幕

■司会
石橋純氏(東京大学教授、本学ラテンアメリカ講座講師)

■申込
先着80名予約制
以下のフォームに必要事項を記入の上、申込。
2019.5.25 ラテンアメリカ講座「受講生セミナー」【終了】
ご来場いただき、ありがとうございました。

■日時
2019年5月25日(土)17:15~19:00

■場所
池袋キャンパス5号館3階5324教室

■第1部 「名もなき女たちの力——イサベル・アジェンデ『精霊たちの家』を中心に」
 発表者:花田 愛 氏(ラテンアメリカ講座受講生)

■第2部 「トリニダード・トバゴとベネズエラ~エネルギー協力からベネズエラ危機への対応まで~」
 発表者:鈴木 美香 氏(ラテンアメリカ講座受講生)
 
■主催
立教大学ラテンアメリカ研究所

■申込 予約不要・入場無料
2018.11.10 第49回現代のラテンアメリカ「魂のフィエスタ——ラテンアメリカ・ユダヤの声」【終了】
ご来場いただき、ありがとうございました。

■日時
2018年11月10日(土)17:00~19:20

■場所
池袋キャンパス5号館3階5324教室

■第1部 講演
 講師:川端美都子(香川大学経済学部准教授)

■第2部 演奏
 デュオ:「Búsqueda Eterna」Yehuda Glantz, Mariel Pivin

■第3部 座談
 川端美都子×Búsqueda Eterna×林みどり(本学文学部教授、ラテンアメリカ研究所長)

■主催
立教大学ラテンアメリカ研究所

■申込 事前申込制:定員70名 
以下リンク先フォームからお申込みください
2018.10.20 伊高浩昭氏公開講演会「トラテロルコ虐殺事件半世紀——メキシコ政治の変遷」【終了】
ご来場いただき、ありがとうございました。

■日時
2018年10月20日(土)17:00~19:00

■場所
池袋キャンパス太刀川記念館カンファレンス・ルーム

■演題
「トラテロルコ虐殺事件半世紀——メキシコ政治の変遷」

■講師
伊高浩昭氏(ジャーナリスト)

■主催
立教大学ラテンアメリカ研究所

フライヤー(2.8Mb)

研究所からのお知らせ

2019.10.11 ラテンアメリカ講座全科目休講 及び 事務局閉室のお知らせ
台風19号の影響により、10月12日(土)のラテンアメリカ講座につきましては、皆様の安全を考慮いたしました結果、やむなく全科目休講とさせていただきます。
皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、どうかご理解賜りますようお願い申し上げます。尚、10月12日は研究所事務局も閉室となる予定です。
2019.08.01 夏季休業期間のラテンアメリカ研究所開室日時について
立教大学の夏季休業期間8月1日~9月19日までは、ラテンアメリカ研究所の開室日時が不定期になりますので、来室の際は事前にご連絡をお願いいたします。また、8月10日~8月22日までは閉室となります。
2019.06.15 2018年度ラテンアメリカ研究所購入図書リストを掲載しました。
ページ下の「ラテンアメリカ研究所購入図書リスト」リンクからご覧ください。
2017.10.11 ラテンアメリカ研究所のウェブページをリニューアルしました
大学公式サイトのデザインを適用し、スマートフォンなどモバイル端末にも対応しました。

お問い合わせ

立教大学ラテンアメリカ研究所