ARTS & CULTURE 2022年冬

立教関係者の作品や文化・芸術活動

2022/02/25

トピックス

OVERVIEW

立教関係者(在学生、卒業生、教職員)の作品や文化・芸術活動等を紹介します。

≪ MOVIE ≫映画『麻希のいる世界』

映画監督の塩田明彦さん(1986年文学部卒業)の最新作『麻希のいる世界』が公開されました。本作でダブル主演を務めるのは、新谷ゆづみさんと日髙麻鈴さん。塩田さんが、前作『さよならくちびる』(2019年)で出会った二人の魅力を最大限引き出すためにオリジナル脚本を執筆し撮りあげました。重い持病を抱える高校2年生の由希が、美しい歌声を持つ同級生の麻希とバンドを結成し、音楽を通じて生きる意味を見つめなおす青春物語です。また、塩田さんの過去作品『害虫』(02年)、『カナリア』(04年)に続いて、ロックバンド「NUMBER GIRL」の向井秀徳さんが劇中歌を提供。ストーリーと共に展開される音楽にも注目です。

監督・脚本:塩田明彦
出演:新谷ゆづみ/日髙麻鈴/窪塚愛流/鎌田らい樹/八木優希/大橋律/松浦祐也/青山倫子/井浦新
2022年/日本/89分
※渋谷ユーロスペース、新宿武蔵野館ほか全国順次公開中。

©SHIMAFILMS

≪ MOVIE ≫映画『君が落とした青空』主題歌「栞」

©2022映画『君が落とした青空』製作委員会

アーティストのまふまふさん(立教大学卒業)が、2月から公開される映画『君が落とした青空』の主題歌に「栞」を書き下ろしました。何気ない日常の中で記憶に残る瞬間をうたった疾走感あふれる1曲になっています。

まふまふさんは、歌唱・作詞・作曲・編曲・エンジニアリングなど幅広く活躍。2021年には活動10周年を迎え、第72回NHK紅白歌合戦にも出場しました。

『君が落とした青空』
2月18日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
配給:ハピネットファントム・スタジオ
主題歌『栞』
アーティスト:まふまふ

≪ BOOK ≫『日本野鳥の会のとっておきの野鳥の授業』、『もてなしだけではもう食えない—ホテル経営学の本質と実践』

(左)『日本野鳥の会のとっておきの野鳥の授業』
監修:上田恵介(名誉教授)
編:日本野鳥の会
出版社:山と溪谷社
発行:2021年12月
価格:1,980円(税込) ※

(右)『もてなしだけではもう食えない—ホテル経営学の本質と実践』
著者:沢柳知彦(ビジネスデザイン研究科特任教授)
出版社:オータパブリケイションズ
発行:2021年11月
価格:1,980円(税込) ※

『IBM流シンプル会議』、『The Lost Way to the Good』

(左)『IBM流シンプル会議』
著者:小山太一(文学部教授)
出版社:秀和システム
発行:2021年12月
価格:1,650円(税込) ※

(右)『The Lost Way to the Good』
著者:THOMAS PLANT(チャプレン)
出版社:Angelico Press
発行:2021年11月
価格:$19.95 *ペーパーバック版

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

トピックス

2024/03/27

速水奨が読む乱歩短篇の世界

速水 奨(声優、俳優)

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。