ARTS & CULTURE 2021年秋

立教関係者の作品や文化・芸術活動

2021/12/15

トピックス

OVERVIEW

立教関係者(在学生、卒業生、教職員)の作品や文化・芸術活動等を紹介します。

≪ MOVIE ≫映画『愛のまなざしを』

©Love Mooning Film Partners

現代心理学部の万田邦敏教授が監督・脚本を務める映画『愛のまなざしを』が11月より公開されます。2001年の第54回カンヌ国際映画祭でレイルドール賞とエキュメニック新人監督賞をダブル受賞した『UNloved』、2009年の第23回高崎映画祭で最優秀作品賞に輝いた『接吻』に続き、俳優の仲村トオルさんとタッグを組みました。亡くなった妻に囚われた精神科医と、一人の患者を中心に展開される愛憎サスペンスです。
万田教授は立教大学在学中から、黒沢清さん(映画監督/1980年社会学部卒業)や塩田明彦さん(映画監督/1986年文学部卒業)らと多くの自主映画を製作し、1996年に実写SF『宇宙貨物船レムナント6』(押井守総合監督)で商業映画監督デビューしました。
監督:万田邦敏
脚本:万田珠実/万田邦敏
出演:仲村トオル/杉野希妃/斎藤工/中村ゆり/藤原大祐 ほか
2020年/日本/102分
※11月12日(金)より渋谷ユーロスペース、池袋シネマ・ロサ、キネカ大森、イオンシネマほか全国公開。

≪ MOVIE ≫映画『偶然と想像』

©2021 NEOPA / Fictive

俳優の古川琴音さん(2019年現代心理学部卒業)が出演する映画『偶然と想像』が12月より公開されます。2021年の第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門で銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞した話題作です。「偶然」と「想像」という共通のテーマを持ちながら、異なる3つの物語が展開されるヒューマンドラマで、古川さんは第一話「魔法(よりもっと不確か)」で主人公を演じます。

監督・脚本:濱口竜介
出演:(第一話)古川琴音/中島歩/玄理 ほか
配給:Incline 2021年/日本/121分
※12月17日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国公開。

≪ BOOK ≫『通訳者たちの見た戦後史—月面着陸から大学入試まで』、『MC論—昭和レジェンドから令和新世代まで「仕切り屋」の本懐』

(左)『通訳者たちの見た戦後史—月面着陸から大学入試まで』
著者:鳥飼玖美子(名誉教授)
出版社:新潮社
発行:2021年6月
価格:781円(税込) ※

(右)『MC論—昭和レジェンドから令和新世代まで「仕切り屋」の本懐』
著者:古舘伊知郎(客員教授)
出版社:ワニブックス
発行:2021年9月
価格:1,650円(税込) ※

≪ BOOK ≫『月に3冊、読んでみる?』、『高原英理恐怖譚集成』

(左)『月に3冊、読んでみる?』
著者:酒井順子(社会学部卒業)
出版社:東京新聞
発行:2021年8月
価格:1,540円(税込) ※

(右)『高原英理恐怖譚集成』
著者:高原英理(文学部卒業)
出版社:国書刊行会
発行:2021年7月
価格:3,960円(税込) ※
※BOOKの情報は、日外アソシエーツBookPlusを参照。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

トピックス

2022/04/01

【2022年4月1日追加】池袋キャンパス 春の風景(2022...

立教大学

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。