2020年度 立教大学出版会・出版助成採択作品紹介

立教大学

2021/08/26

トピックス

OVERVIEW

本学では、「立教大学出版会」としての助成と「立教大学出版助成」制度を設けています。「立教大学出版会」は、本学の学術出版活動と学術広報を主目的に、研究・教育ならびにアカデミックステイタスを向上させることを趣旨として2001年に発足しました。キリスト教に関わる教養書・専門書、高度な水準にある学術研究書、学問研究への導入となる特色ある教科書などを対象とし、立教大学出版会として出版しています。「立教大学出版助成」は、学術研究の成果を公開するために刊行する出版物に対し、出版に必要な経費の一部を助成しています。

立教大学出版会

『転換する観光経験—ポスト社会主義国キルギスにおけるソ連時代経験者の観光実践を中心に—』、『PACIFIC INSULARITY : Imaginary Geography of Insular Spaces in the Pacific』

(左)『転換する観光経験—ポスト社会主義国キルギスにおけるソ連時代経験者の観光実践を中心に—』
アコマトベコワ、グルザット/著(有限責任会社TenZanUp社長、立教大学大学院観光学研究科博士課程後期課程修了)
発行:立教大学出版会 発売:2021年3月
価格:3,080円(税込)

(右)『PACIFIC INSULARITY : Imaginary Geography of Insular Spaces in the Pacific』
イエイツ、マイケル D.H/著(立教大学文学部英米文学専修教授)
発行:立教大学出版会 発売:2021年3月
価格:4,180円(税込)

立教大学出版助成

『「縮減」される「就学機会」——生活保護制度と大学等就学』、『ロバート・アルトマンを聴く——映画音響の物語学』

(左)『「縮減」される「就学機会」——生活保護制度と大学等就学』
三宅 雄大/著(立教大学コミュニティ福祉学部福祉学科助教)
発行:生活書院 発売:2021年2月
価格:3,080円(税込)

(右)『ロバート・アルトマンを聴く——映画音響の物語学』
山本 祐輝/著(立教大学現代心理学部兼任講師、立教大学大学院現代心理学研究科映像身体学専攻博士課程後期課程修了)
発行:せりか書房 発売:2021年2月
価格:3,300円(税込)

『ジェイムズ『多元的宇宙』のプラグマティズム——経験の彼方を問う経験論——』、『「大国」日本の防衛政策——防衛大綱に至る過程1968~1976年』

(左)『ジェイムズ『多元的宇宙』のプラグマティズム——経験の彼方を問う経験論——』
猪口 純/著(立教大学文学部兼任講師、立教大学大学院文学研究科比較文明学専攻博士課程後期課程修了)
発行:晃洋書房 発売:2021年2月
価格:3,740円(税込)

(右)『「大国」日本の防衛政策——防衛大綱に至る過程1968~1976年』
真田 尚剛/著(立教大学社会デザイン研究所研究員)
発行:吉田書店 発売:2021年2月
価格:4,950円(税込)

『日本の〈メロドラマ〉映画——撮影所時代のジャンルと作品』、『現代旅行のアーキテクチャ—パッケージツアーの構造とその変化—』

(左)『日本の〈メロドラマ〉映画——撮影所時代のジャンルと作品』
河野 真理江/著(立教大学現代心理学部兼任講師、青山学院大学文学部非常勤講師、立教大学大学院現代心理学研究科映像身体学専攻博士課程後期課程修了)
発行:森話社 発売:2021年2月
価格:4,180円(税込)

(右)『現代旅行のアーキテクチャ—パッケージツアーの構造とその変化—』
野口 洋平/著(杏林大学外国語学部准教授、立教大学大学院観光学研究科博士課程後期課程修了)
発行:晃洋書房 発売:2021年2月
価格:3,630円(税込)

『即興ダンスセラピーの哲学—身体運動・他者・カップリング—』

鈴木 信一/著(立教大学文学部兼任講師、立教大学大学院文学研究科比較文明学専攻博士課程後期課程修了)
発行:晃洋書房 発売:2021年2月
価格:3,520円(税込)

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

トピックス

2021/09/21

ARTS & CULTURE 2021年夏

立教関係者の作品や文化・芸術活動