ARTS & CULTURE 2019年春

立教関係者の作品や文化・芸術活動

2019/05/09

トピックス

OVERVIEW

立教関係者(在学生、卒業生、教職員)の作品や文化・芸術活動等を紹介します。

« movie »『旅のおわり世界のはじまり』

ⓒ2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

映画監督の黒沢清さん(1980年社会学部卒業)の最新作が6月より公開されます。本作は、日本とウズベキスタン両国の国交樹立25周年および日本人が建設に携わったアリシェル・ナヴォイ記念国立アカデミー大劇場完成70周年を記念した共同製作作品。

「かつて世界の中心だったこの地に憧れていた」と語る黒沢さんは、同国にて1カ月間にもわたる全編オールロケを敢行。雄大なシルクロードや異国情緒に満ちた街の雑踏などを舞台に、言葉も通じない国に飛び込んだ一人の女性の成長が描かれます。

監督・脚本   黒沢清
出   演   前田敦子/加瀬亮/染谷将太/柄本時生/
        アディズ・ラジャボフ ほか

2019年/日本・ウズベキスタン・カタール/120分
※6月14日(金)よりテアトル新宿、渋谷ユーロスペースほか全国公開。

« others »KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『恐るべき子供たち』

上段左から時計回りに南沢奈央さん、柾木玲弥さん、馬場ふみかさん、松岡広大さん

女優の南沢奈央さん(2013年現代心理学部卒)出演の舞台が開幕します。1929年に上梓されたジャン・コクトーの小説を現代の視点で舞台化する意欲作で、思春期の姉弟のゆがんだ関係が描かれます。南沢さんは、美しくも残忍で傲慢な姉・エリザベートを演じます。

原 作  ジャン・コクトー
演 出  白井晃
出 演  南沢奈央/柾木玲弥/松岡広大/馬場ふみか ほか
日 程  5月18日(土)~ 6月2日(日)
会 場  KAAT 神奈川芸術劇場 大ホール(神奈川県横浜市中区山下町281)
料 金  全席指定 一般 6,500円(税込)

※公演の詳細はWebサイト参照。

« others »天安門事件30周年企画「中国を撮る 人間を撮る」『池谷薫監督特集』

チベット人の心を描く映画『ルンタ』ⓒRen Universe 2015

アジア地域で懸命に生きる人たちの姿を追い続ける映画監督の池谷薫さん(元・現代心理学部特任教授)の作品を特集した上映イベントが開催されます。『ルンタ』(15公開)をはじめとする映画に加え、『NHKスペシャル』で放映された作品が日替わりで上映されます。

日 程  6月1日(土)~ 14日(金)
会 場  ポレポレ東中野(東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル地下)

※上映スケジュールなどはWebサイト参照。

« book »『物流危機は終わらない』『日本聖公会聖歌集による 聖歌伴奏・アレンジ集〈3〉』

(左)『物流危機は終わらない ─暮らしを支える労働のゆくえ』

著 者:首藤若菜(経済学部教授)
出版社:岩波書店
発 行:2018年12月
価 格:820円(税別)※

(右)『日本聖公会聖歌集による聖歌伴奏・アレンジ集〈3〉』

著 者:立教大学教会音楽研究所編
出版社:立教大学教会音楽研究所
発 行:2019年2月
価 格:2,000円(税別)※

« book »『興亡の世界史  空の帝国アメリカの20世紀』『謎解き 聖書物語』

(左)『興亡の世界史 空の帝国アメリカの20世紀』

著 者:生井英考(社会学部教授)
出版社:講談社
発 行:2018年12月
価 格:1,440円(税別)※

(右)『謎解き 聖書物語』

著 者:長谷川修一(文学部教授)
出版社:筑摩書房
発 行:2018年12月
価 格:860円(税別)※

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

トピックス

2019/05/10

「リベラルアーツ×AI」、次代を拓く

2020年4月 人工知能科学研究科開設へ