春風の中を歩む

チャプレンのことば

2022/08/05

キリスト教とチャペル

OVERVIEW

チャプレンからのメッセージです。

チャプレン 中川 英樹

春風の中を歩む

春は、再生を祝福する季節です。厳しい冬を抜けて、すべてのいのちが春への賞賛を謳います。キリスト教会もイースター(復活)という、新しいいのちのはじまりを春風の中で歓び祝います。ちなみに「イースター」とは、古代ゲルマン神話の春の女神「Eostore」に由来すると云われます。また教会の伝承では、この復活の祝祭において、過ちを赦された人びとが、再び教会の交わりに迎え容れられ、新しくされて真実に歩み出したと伝えられています。

春は「こう生きられたら」と単に憧れるだけの、これまでの自己を脱自して、「こう生きる」と新たに決意する自己の出立を祝い合う季節です。この春、立教大学での学びを始められる、また続けられる皆さん。立教大学は、皆さんの「脱自/出立」を支援ではなく、応援する大学です。立教は、皆さんの自己推進力を信じる学府です。すべて大丈夫。だから、なりたい自己に、生きたい自己を生きればいい。聖書は語ります。「古いものは過ぎ去り、まさに新しいものが生じた(コリントの信徒への手紙Ⅱ第5章17節)」。皆さんが、この春風の中で歩み出す、その一歩は確実に、その身体を前に運びます。立教はその背中を応援していきます。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

キリスト教とチャペル

2022/04/12

立教大学メサイア演奏会 60周年——立教史上初!コロナ禍の無...

立教大学

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。