まことは地から芽生え、義は天から臨む。(詩編85:12)

チャプレンのことば

2022/03/14

キリスト教とチャペル

OVERVIEW

チャプレンからのメッセージです。

チャプレン 広田 勝一

まことは地から芽生え、義は天から臨む。(詩編85:12)

池袋キャンパス・本館(1号館/モリス館)第一食堂側の西寄り

「真理は寒梅の似しごとし、敢えて風雪を侵して開く」(新島襄)。真理・真実(まこと)を旧約聖書の原語ではエメトと言うが、これはかたい、確かなことを意味する。本館傍にある「紅梅」は、オウム真理教幹部によって命を絶たれた坂本(旧姓大山)都子さん※1ご一家を記念して植樹された。プレートには、「人を愛し、社会の中の弱い人々と共に歩んだ都子(さとこ)さんを記念して」(1996年4月)※2とある。今も「まこと」とは何かを問い続ける。

※1 1982年社会学部卒業。
※2 1996年4月13日、「坂本都子さんご一家の追悼記念式」立教学院諸聖徒礼拝堂


表題の詩編は、「まこと」と「義」という聖書の中での重要な言葉が、対語として用いられている。「まこと」即ち人間の真実と、「義」神の救いが呼応する。神の「義」が天から臨む、見守るなかで、地上における人々の「まこと」が芽生える。あたかも太陽が生命を地から引き出すように、神の「義」は、人間の真実、信仰を呼び起こす。神の救いの見守りの中で、真実が芽生える、ここに私たちの立教学院・立教大学の姿が重なる。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

キリスト教とチャペル

2022/09/12

one - of - a - kind

チャプレンのことば

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。