目に口ほど以上のモノを言わせて

チャプレンのことば

2021/11/30

キリスト教とチャペル

OVERVIEW

チャプレンからのメッセージです。

チャプレン 宮﨑 光

目に口ほど以上のモノを言わせて

マスク着用が常態化した昨今、顔半分が見えないので、目の周りだけで懸命に笑顔を伝え合う習慣が、自然とついてきたように思います。目に口ほど以上のモノを言わせようと心を遣い合う姿は、マスクを外せる日が来たら、表情豊かな社会が拓けているのではないかと期待が持てます。

けれども、マスクには隠れ蓑のような安心感もあります。自分がどう見られるのか、露出が少ない分、気を遣うべきことが軽減されるからです。でもそれは、見えている部分だけで認識、評価してきた傾向が浮き彫りになっただけのこと。見えている部分だけで、他人と比べて一喜一憂し、承認欲求も過多になっていたのです。そこから解放されるには、誰か一人でいい、自分のすべてを受け入れ、「承認」してくれる人の存在。「隠れたことを見ておられる」神(マタイ6:4)のような、「私を理解し、認めてくれる」信頼の源に気づくことです。マスクを外す日の前に、その出会いを愛しんでおきましょう。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

キリスト教とチャペル

2022/09/12

one - of - a - kind

チャプレンのことば

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。