復活の希望—起こされる時—

チャプレンのことば

2021/07/06

キリスト教とチャペル

OVERVIEW

チャプレンからのメッセージです。

チャプレン 斎藤 徹

復活の希望 —起こされる時—

日本における春は、教会の暦でイエス・キリストの復活を祝う時節です。聖書で復活と訳される言葉は元来「起こす」、「立たせる」という意味をもちます。「イエス・キリストが復活した」ではなく、十字架の苦しみと死から、「神がキリストを立ち上がらせた」と語る聖書は、どこまでも深く広い希望を示しています。その希望とは、起こし、立ち上がらせるまなざしが注がれているということです。

私たちは、失敗して転び、苦労や苦悩に打ちひしがれて膝をつくことがあります。そしてそこから自力で立ち上がることの難しさが、また私たちを悩ませていきます。しかし起き上がることができない暗闇でこそ、復活の希望は光を放つのです。

すべてを独りで成し得なくても良いのです。いつも「起こす」存在がそばにいるのですから、頼る時があっても良いのです。復活の出来事は、私たちが独りでないこと、起こし、立ち上がらせる温もりが在ることを伝えています。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

キリスト教とチャペル

2022/09/12

one - of - a - kind

チャプレンのことば

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。