「壁」に想う-諸聖徒礼拝堂聖別100周年

チャプレンのことば

2020/07/27

キリスト教とチャペル

OVERVIEW

チャプレンからのメッセージです。

チャプレン 宮﨑 光

「壁」に想う-諸聖徒礼拝堂聖別100周年

チャペルの内壁に、時代を越えてきた「質感」を想います。この壁には、人々の祈りが染み込んでいます。立教学院諸聖徒礼拝堂は、1920年1月25日に聖別され、今年100周年。関東大震災(1923年)後に修復された壁は、太平洋戦争の時局も黙して建ち続けました。壁からは春夏秋冬、朝に夕に、光が降り注ぎます。さながら、過去と現在をつなぐ、「永遠」と呼ぶに相応しい「まことの光」(ヨハネ1・9)の象徴です。光を取り込み、光が映し出される壁は、歴史の中に生きている「私」としての、未来への責任を呼び起こします。困難に向き合うことを。二度と繰り返してはならない過ちを。

壁は、屋根に接続することによって、命を守り、養う建物となります。しかし、壁が単独で立つとき、「隔ての壁」(エフェソ2・14)となります。わたしたちはどのような「壁」を築いてゆくのでしょうか。命を守る壁でしょうか。分断、妨げの壁を築いてはいないでしょうか。歴史の光に照らされて、自らの心と行動を吟味いたしましょう。

※聖別:聖なるものとすること

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

キリスト教とチャペル

2020/05/21

立教学院諸聖徒礼拝堂聖別100周年記念礼拝説教

立教学院院長 広田 勝一