神がいるところ

チャプレンのことば

2017/04/10

キリスト教とチャペル

OVERVIEW

チャプレンからのメッセージです。

チャプレン 斎藤 徹

神がいるところ

幼い子どもに、神がいるところを尋ねられた。どう答えたか覚えていないが、その問いには、神を感じようとする心が添えられていた。その時に私が「天にいる」、「神の国にいる」と場所を示したのだったとすれば、その子の想いに応えられていなかっただろう。
神は預言者エレミヤを遣わす時、恐れるエレミヤに「わたしがあなたと共にいて 必ず救い出す」(エレミヤ書1章8節)と語りかけた。そこに込められた神の想いが、エレミヤの恐れをほどき、預言者として歩んでいく理(ことわり)となっていった。その理が、エレミヤを支え導き続けていく。
私たちが神を探し求める時、それは何かの要因で神を必要としている時だろう。そして神はどこかと見回してみる。しかし神は、場所や場面ではなく「わたしと共に」いるのだ。神を感じようとする心が、「わたし」を包んでいる神の温もりを知らせる。その神の確かなあたたかさが、私たちを支え導こうとしているのだ。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

キリスト教とチャペル

2017/12/11

新しい人に

チャプレンのことば