自身の専門性と強みを理解し、他者に伝える力を養う

理学部

2023/01/23

キャリアの立教

OVERVIEW

学部独自のキャリア教育をご紹介します。

理学部は、大学院進学者が約3割にのぼり、各学科で就職先の主な業種の傾向が異なるため、独自のキャリア支援を展開しています。理学部での学びを通して鍛えられる科学的知見や論理的思考力、粘り強く課題と向き合い解決に導く力に加え、自身の専門性を他者に伝えるコミュニケーションスキルなども育み、学部で学んだ考え方を社会で実践・応用できる力を身に付けることを目指しています。

学生が自分の可能性に気づき、目標実現のために歩んでいけるよう、きめ細かい支援を行っています。

キャリア意識を形成する正課科目

「理学とキャリア(SAL1)」

多くの理学部生が受講する「理学とキャリア(SAL1)」

キャリアを考えるきっかけや土台づくりとなる科目。理学部卒業生や企業人による講義、大学院学生のTA(ティーチングアシスタント)の体験談、グループワークを通して、学部での学びを社会でどのように生かすことができるかを理解し、考える力を養います。ゲスト・スピーカーの中には起業家や海外で働く方の姿もあり、多様なキャリアについて知り、視野を広げることも目的としています。

「サイエンスコミュニケーション入門(SAL2)」

特定の分野の専門知識を持たない人にも、専門的な内容を正しく分かりやすく伝える、サイエンスコミュニケーションの手法を学ぶ科目。書く、表現する、発信するといった「科学を伝える力」を鍛えます。

学部独自のキャリア・就職支援プログラム

理学部生のためのキャリアガイダンス

就職活動のスケジュールや自己分析の進め方など、理学部ならではのキャリア・就職活動のポイントを理解した上で、自身の強み・専門分野を言語化するスキルの獲得を目指します。大学院進学希望者に向けたプログラムも実施。

理学部生のための就職ガイダンス

内定を得た先輩や大学院生のリアルな体験談を聞くことで、視野を広げてキャリア選択の機会を増やしたり、自分らしい生き方・働き方について考えたりするきっかけを得ます。

面接ガイダンス

科学の専門知識や研究内容に関する質疑に答える「技術面接」について知り、客観的に自分と向き合いながら、学びを強みに変換する力や、適切なコミュニケーション力を養います。
その他の取り組み
  • キャリアサポーターによる支援
    キャリアセンターのキャリア相談に加え、理学部キャリアサポーターが進学や就職に関する個別の相談に応じています。
  • 多彩なプログラムの開催
    卒業生による企業説明会や、企業分析に役立つ決算書の見方セミナー(2021年度)、研究の伝え方セミナーなど、さまざまなプログラムを開催しています。


CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

キャリアの立教

2023/01/19

さまざまな就職支援プログラム—2024年3月卒業予定者対象

キャリアセンター

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。