立教のキャリア・就職支援キャリア形成・就職のサポート

自身の特長を生かし、将来どうなりたいのか考えるのがキャリア・就職活動の第一歩です。就職という“ 点” だけでなく、その後のキャリアまで見通した“ 線” で支援していきます。

特徴1:4年間を通じたきめ細かなキャリア支援

立教大学は、キャリアを「仕事・職業を含めた、自立した個としての自分らしい人生のあり方」と捉えており、就職=ゴールとは考えていません。学生が卒業後の人生において、自らの意思によって将来を見据え、主体的に考えながら、自分でキャリアを切り拓いていく力が大切だと考えています。その力は、学生が過ごしてきた学生生活での学びや経験を基盤にして築かれるものです。そのため、1年次から参加できるプログラムをキャリアセンターや各学部が多数展開し、学生が多くの経験や多様な価値観に触れ、「学ぶ力」「考える力」を身につけられるキャリア支援を行っています。

特徴2:立教生の高い就職実績と手厚い就職支援

社会では、自ら考え行動できる主体性や、他者とのコミュニケーション能力が問われます。
また、就職活動では、大学でいかに学び、どのような経験をしてきたかを相手に「伝える」力が求められます。
立教大学では、就職ガイダンスや各種就職活動準備講座等、就職活動に必要なポイントを押さえたさまざまな就職支援プログラムを行っています。
学生一人ひとりと向き合いながら、それぞれに適した進路へと導くことが、結果的に立教の総合的な「就職力」となり、高い就職実績に結び付いています。

特徴3:キャリアセンターと学部のダブルサポート

立教大学では、各種プログラムの開催やガイドブック配布など年次に応じた段階的支援を行うキャリアセンターの支援と、学部の専門性を生かした学部独自の支援の両軸で、学生のキャリア・就職活動をサポートしています。興味のある分野や未来社会で担いたい役割など、将来夢見る自分の姿を実際の現場へと繋げる、実践的なノウハウがあります。

キャリアセンターの支援

キャリアセンターでは、就職ガイダンスや各種プログラム開催のほか、就職活動に関する情報・資料の公開、キャリア・就職についての個人相談など、数多くのサポートを行っています。これらは就職活動準備をしている3・4年次生だけでなく、1・2年次から利用できます。
個人相談・キャリア相談

キャリアセンター個人相談ブース (池袋キャンパス)

学年を問わずキャリア・就職に関する相談を受け付けています。学生生活の過ごし方や就職活動など、不安や質問がある時は気軽に利用してください。キャリアカウンセリングに熟練した相談員がアドバイスします。

具体的な相談例
学生生活の過ごし方/キャリアセンターの使い方/進路選択の悩み/就職活動のしかた・スケジュール/自己分析/業界・企業研究職種(総合職・一般職 等)/OBOG訪問エントリーシート/筆記試験/面接準備/立教生を積極採用の企業情報or求人情報/内定(承諾/重複/辞退)/推薦状/Uターン・Iターン就職/公務員/教職課程・教育実習/教員/資格/インターンシップ/留学と就職/日本での就職/進学/留年/しょうがい者枠/その他
立教就職Navi
立教就職NaviをはじめとしたWebサイト上のコンテンツを多く提供しています。これらのほとんどは学内だけでなく自宅からもアクセスでき、学年を問わず、下記のようなさまざまなコンテンツを利用することができます。

コンテンツ/一例
・企業から立教大学に届いた求人票   ・先輩の就職活動の体験談   ・キャリアセンターが提供するプログラムの動画
・企業などで働くOB・OGの連絡先(学内でのみ閲覧可)
便利で使える就職活動ツール

キャリアセンター資料閲覧コーナー (新座キャンパス)

就職活動では情報収集が欠かせません。キャリアセンターや図書館では、立教就職Navi (右記参照)のほか、キャリア・就職に関する書籍を揃えています。日本経済新聞をはじめ経済雑誌も閲覧することができます。また、3年次のキャリア・就職ガイダンスで就職活動の流れやポイントがわかる実用書「立教就職ガイド」を配布しています。
各種ガイダンス
インターンシップガイダンスや就職ガイダンスをはじめ、公務員や教員志望者など対象者別のガイダンスを開催しています。
就職活動準備講座
就職活動で必要となる、自己分析、企業研究、面接やグループディスカッションなどの実践講座を開催しています。

学部の支援

10学部それぞれが学部の特長を生かし、正課および正課外において多様なキャリア支援を行っています。学部の学びとつながるインターンシップや、学部独自のガイダンスや業界研究、OB・OGとの交流会、ワークショッププログラムなど、1年次から4年次まで参加できるプログラムを開催しています。
正課キャリア関連科目
立教大学では、社会人として求められる基本的な能力や態度が備わるよう、さまざまな成長発達支援を行っています。その一つとして、正課キャリア関連科目を開講しています。各学部の専門科目の中にさまざまなキャリア関連科目が開講され、初年次から自らの進路を考えるきっかけとなっています。

2018年度に開講された正課関連科目/一例
・共通科目
「キャリアデザイン」「国連ユースボランティア」
・文学部
「人文学とキャリア形成」「インターンシップ」
・異文化コミュニケーション学部
「インターンシップ」「海外インターンシップ」
・経済学部
「課題解決演習」「インターンシップ」
・経営学部
「Global Internship」
・理学部
「理学とキャリア」「サイエンスインターンシップ」
・社会学部
「ダイバーシティとキャリア」「インターンシップ」
・法学部
「キャリア意識の形成」
・観光学部
「経団連インターンシップ」「観光インターンシップ」
・コミュニティ福祉学部
「キャリア形成論」「インターンシップ」
・現代心理学部
「キャリアと心理学」
正課外プログラム
学部の特性に応じたキャリア支援・就職支援を行うために、学部キャリアサポーターを配置して学部独自の支援を展開しています。キャリアサポーターは、各学部の教員やキャリアセンターと連携しながら、学部におけるキャリア教育の推進や国内外のインターンシップの実施など、学部独自のキャリア支援プログラムを開催しています。

2018年度に開催されたプログラム/一例
・文学部
「 OB・OG座談会」卒業生との交流の場。学科・専修ごとに企画
・異文化コミュニケーション学部
「異文化コミュニケーションとキャリアデザイン」学部シンポジウム開催
・経済学部
「赤レンガセッション」
・経営学部
「就活スタート講座」「企業研究講座」
・理学部
「理学部生のためのキャリアデザインガイダンス」
・社会学部
「社会学部キャリア支援プログラム」卒業生による、各業界についての座談会企画
・法学部
「 JOBカフェ」各業界で活躍されている方による座談会企画
・観光学部
「キャリアセミナー」観光に関わる業界の最新事情の紹介、卒業生との交流(主催:立教観光クラブ)
・コミュニティ福祉学部
「Career Terrace」仕事の魅力や働き方、就職活動の進め方を学ぶ
・現代心理学部
「社会人と話すカフェ」社会人からリアルな話を聞く

キャリアセンターからのメッセージ

キャリアセンター部長(経営学部教授)佐々木 宏

高いポテンシャルを開花させる

立教大学には、各学部が提供するカリキュラムのほかに、キャリアセンターが実施する多彩なキャリア支援プログラムがあります。各種プログラムには、多くのOB・OGがさまざまな形でかかわり、学生目線に立った温かい指導を行っています。

就職は人生のゴールではありません。将来自分はどのような職業に就き、社会に貢献していきたいのか。自身に問いかけ、意識的に日々を積み重ねていく中で「自ら考え、行動する力」が培われていきます。就職実績には、そうした成果が如実に現れており、それが立教生のポテンシャルの高さを自ずと示していると思います。
キャリアセンターの紹介動画はこちら
×

立教大学の広報ビデオから、キャリア・就職支援に関する部分をご覧いただけます。

お問い合わせ

立教大学キャリアセンター

在学生の方はこちら(SPIRIT)