創部史上初の快挙!
全日本インカレ16強までの軌跡

女子バスケットボール部

2022/08/02

アスリート&スポーツ

OVERVIEW

2021年12月、第73回全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)で、女子バスケットボール部は初出場にしてベスト16という快挙を成し遂げた。

華麗にシュートを放つ小山内

インカレは全国の地方大会を勝ち抜いた32校の猛者たちが参加する、大学バスケットボール最高峰の大会だ。関東リーグからは1部8校、2部4校の合わせて12校が出場する。その中で立教大学は2部A3位の成績を収め、悲願の初出場を決めた。

逆境にも全員で立ち向かった

チームの中核を担った主将・高野

インカレ出場までの道のりは決して平たんではなかった。関東リーグ初戦の2週間前、主将・高野香菜(社4)が足首を負傷し、コートの精神的支柱を失った。ピンチヒッターに選ばれたのは各務早紀(営1)。高野は「練習通りにやれば大丈夫」と優しく後輩の背中を押し、試合中も声掛けで鼓舞。全体の士気を高めた。ベンチ内外問わず、各々が自分の役割を果たした結果、強敵の順天堂大学に勝利。第2試合(日本女子体育大学)も61-48で圧勝し、開幕2連勝の好スタートを切った。

全日本インカレ出場を決め、笑顔を見せる選手たち

順調な滑り出しを見せたと思われたが、中盤に3連敗を喫したことでチーム内に不穏な空気が漂う。ここで空気を変えたのが、普段から大切にしているチームミーティングだった。4年次生が中心となり、「インカレ出場」という目標を改めて全員で確認し合った。逆境を追い風に、続く青山学院大学戦で83-57の白星を飾った。流れに乗った立教は悲願達成に向けて、最終戦(共栄大学)に臨む。勝てばインカレ出場、負ければ5位で終わる。重圧の中迎えた大一番。第1クオーターは19-20と拮抗したが、焦らず全員で守りを固めた。ローテーション練習で磨いた連携の光るディフェンスで、相手の攻撃を阻む。特に小山内パメラウーゴ(営4)は「打たせてたまるか」とシュートを幾度もブロック。隙を逃さず、リバウンドやカウンターを狙い得点を重ね、最終の第4クオーターでは20点差をつけ圧勝した。全員でつかんだ創部史上初の3位。選手たちは互いの肩を抱き合いながら喜んだ。

初出場にして初勝利

試合前、心を一つにする

インカレのチーム目標はベスト8。高野は「積み重ねてきたものを信じて頑張るだけ」と力を込め、未踏の地に足を踏み出した。初戦の相手は東北リーグ2位の福島大学。スタメン以外のメンバーも加えた上で、87-45の快勝。2試合目の相手はインカレ31年連続32回出場、優勝経験もある早稲田大学。全国レベルの実力を持つ相手に対して一歩も引かず、第1クオーターは16-21で互角の戦いを繰り広げた。最終スコアは71-84で惜敗するも、強敵を追いつめることができた。目標のベスト8には届かなかったものの、全国の舞台での経験は確実にチームを強くするだろう。

全国規模の大会で力を示した女子バスケットボール部。これからの活躍にますます目が離せない。
「立教スポーツ」編集部から
立教大学体育会の「いま」を特集するこのコーナーでは、普段「立教スポーツ」紙面ではあまり取り上げる機会のない各部の裏側や、選手個人に対するインタビューなどを記者が紹介していきます。「立教スポーツ」編集部のWebサイトでは、各部の戦評や選手・チームへの取材記事など、さまざまな情報を掲載しています。ぜひご覧ください。

writing /「立教スポーツ」編集部
経営学部国際経営学科3年次 永﨑勇汰

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

アスリート&スポーツ

2022/07/22

努力の果てにつかみとった日本チャンピオンのベルト。
世界を見据...

プロボクシング日本女子 ミニマム級王者 鈴木 なな子さん

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。