知力と体力を駆使し、野山を走破するオリエンテーリングの日本代表として活躍。飽くなき情熱で突き進む

文学部文学科日本文学専修4年次 香取 瑞穂さん

2021/05/06

アスリート&スポーツ

OVERVIEW

オリエンテーリングのジュニア世界大会に2018年から2年連続で出場。2019年のアジアジュニア・ユース選手権大会ではスプリント部門1位という輝かしい成績を残した香取瑞穂さん。

2019年山梨県北杜市で開催されたアジアジュニア・ユースオリエンテーリング選手権大会スプリント競技表彰式の様子

「競技者だった両親の影響で、幼少期にこのスポーツと出合いましたが、本格的に始めたのは大学生になってからです。立教大学のオリエンテーリングサークルに入り、その面白さに魅了されました」

オリエンテーリングとは、地図に記載されたポイントをスタートからゴールまでたどり、所要時間を競う野外スポーツだ。「森の植生状況や地形を読み取る知力、不整地を走る体力など総合力を問われるのが楽しい」と語る香取さんは、練習会を含め、年間約60もの大会に出場している。

「2020年度日本学生オリエンテーリング選手権大会では5位入賞、いつも一緒に練習している世良史佳選手(コミュニティ福祉学部福祉学科4年次)は4位入賞という結果でした。コロナ禍でほとんど練習ができずに本番を迎えたのですが、仲間と無事に走り切れた喜びと、もっと上位に入りたかった悔しさが半々でしたね」

競技と同じく、大きな刺激になっているのが日々の学びだという。

「立教大学には、全学部生を対象にした多彩な分野の教養科目(全学共通科目)が用意されています。さらに、自分の専攻に加え、他学部の専門科目も履修できるので、視野が格段に広がりました」

2020年9月には、これまでの活躍が認められて豊島区スポーツ栄誉賞を受賞した香取さん。「卒業後は競技の普及・発展にも貢献していきたい」と力強く語る姿からは、尽きることのない情熱があふれていた。

2018年ハンガリーで開催されたジュニア世界オリエンテーリング選手権大会開会式で、ジュニア日本代表メンバーと

2018年岐阜県恵那市にて行われた全国学生大会リレー部門で立教大学が3位に入賞した(左から2人目が香取さん)

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

アスリート&スポーツ

2021/09/30

先輩から後輩へ受け継がれるチーム力——大学サッカーで得たもの

サッカー部