絆でつくる新時代

スケート部フィギュア部門

2017/10/31

アスリート&スポーツ

OVERVIEW

フィギュアスケートと聞くと、オリンピックなど世界規模の大会が連想されることだろう。テレビに映し出される選手たちの華麗なステップやスピン、ジャンプは、見る者を別世界へと誘ってくれる。それに負けず熱いのが、大学フィギュアだ。

自信を持って

表現豊かにステップを踏む主将・青野(社4)

スケート部フィギュア部門は、男子部員も歓迎だが、現在は女子28人で構成されている。2017年度は新たに9人の部員が加わった。小学生から始めた部員もいれば、初心者もおり、スケート歴は人それぞれだ。
今年度の主将は、実力者で努力家の青野満梨香(社4)。アイスダンスで培った表現力が魅力的な選手だ。昨年度の幹部に指名を受けて主将となった彼女。自分になかなか自信が持てないという弱みを、前主将・廣川優音(2017年卒業)に見抜かれた。「どこに行っても臆することなく、堂々としていなさい」(廣川)。自分に足りないところを指摘され、どっしりと構えて頑張ろうと心に誓った。
次期主将として参加した、体育会本部主催のリーダースキャンプ。他部の学生と交流する中で、自らの部にミーティングの慣習がないことに気付く。従来の活動は、週2回の氷上練習と週1回の陸上トレーニングで、参加は自由。学業を優先する部の方針のため、半年間会わない部員がいることは珍しくなかった。そんな状況を変えたい。月1回、全部員が顔を合わせて、それぞれの目標や反省を共有する場を設けることにした。「みんなの刺激になるように」(青野)。そこには主将としての思いが込められていた。

絆を重んじて

演技前、コーチに助言をもらう川島(観2)

大きく動き出した青野率いる新体制。彼女たちのプロローグとなったのは、5月の四大学フィギュアスケート定期戦。関学大、慶大、同大、立大の四大学が毎年一堂に会する歴史ある大会だ。立大からは、計11人がエントリー。上級レベルのAクラスからDクラスに分かれ、選手たちは実力を発揮した。きらびやかな衣装と音楽は、彼女たちの演技を更に際立たせた。試合結果は、団体女子2位、総合3位。優勝には惜しくも届かなかった。しかし、実力を証明するには十分であった。
各選手の活躍は、確実に部を盛り立てている。特に昨年度、国体出場を果たした斎藤沙良(済3)と川島優子(観2)をはじめとする、2・3年次生からは目が離せない。Aクラスの小山田莉子(理1)とBクラスの島田有美(営1)を筆頭とした新戦力の成長も楽しみの一つである。
次戦、関東インカレの目標は「団体優勝」。青野が考えるチーム目標だ。スケートは、個人の技で競うスポーツ。それゆえ、一人一人が努力しなければ目標達成は不可能だ。「部員同士の絆を深めることで個々が高まるはず」(青野)。部内の活性化は青野の新改革によって、着実に進んでいる。
先人たちが創り上げた歴史を彼女たちは、仲間との「絆」で塗り替えていく。新時代の幕はまだ上がったばかり。氷上で情熱を燃やすスケーターたちは、今日もリンクで舞っている。
「立教スポーツ」編集部から
立教大学体育会の「今」を特集するこのコーナーでは、普段「立教スポーツ」紙面ではあまり取り上げる機会のない各部の裏側や、選手個人に対するインタビューなどを記者が紹介していきます。「立教スポーツ」編集部のWebサイト〔http://www2.rikkyo.ac.jp/sgrp/spsports/〕では、各部の戦評や選手・チームへの取材記事など、さまざまな情報を掲載しています。ぜひご覧ください。

「立教スポーツ」編集部
経済学部経済政策学科2年次 小林 桂子

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

アスリート&スポーツ

2017/07/06

大学日本一に輝いた野球部が陸前高田市で野球教室を開催

野球部