マイクロソフトのマーケターにしてダンサー、アーティスト、書籍執筆……表現者として多様なキャリアを築く

日本マイクロソフト株式会社 加藤 友哉さん

2024/02/21

立教卒業生のWork & Life

OVERVIEW

観光学部観光学科を卒業し、日本マイクロソフト株式会社モダンワークビジネス本部でプロダクトマーケティングマネージャーとして仕事をされる加藤 友哉さんからのメッセージです。

日本マイクロソフトで新規プロダクト責任者を務める一方で、ダンサーや振付師、アーティストとして幅広く活躍する加藤友哉さん。「エンターテインメント活動はもちろん、ビジネスもマーケティングという手法を通して物事の価値を市場に打ち出す『表現』だと捉えています」とその仕事観を語る。やりたいことを自分で描いて形にしていく姿勢は、立教大学観光学部の学びの中で培われた。

「観光学だけでなく、経済や経営、心理、社会学などさまざまな領域を学ぶ機会がありました。立教大学で『リベラルアーツ』を知り、幅広い分野の学修を通して、自分がやりたいことを見つけられたと思います」

立教大学のダンスサークルでイベントに出演した際の1枚

プロのダンサーを目指して、大学時代はエンタメの現場で経験を重ねていた加藤さんだが、ゼミでマーケティング思考や売れる仕組みづくりについて学びを深め、ビジネスの世界を志すようになった。

「良い会社の定義は人それぞれですが、私が興味を持ったのは世界をけん引するGAFAM※1と呼ばれる企業です。中でもマイクロソフトが掲げる『地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする』というミッションに強く心を引かれました」

※1 GAFAM:Google、Amazon、Facebook(現Meta)、Apple、Microsoftの頭文字を取った略語。

日本マイクロソフトのイベントでのプレゼンテーションの様子

入社後はスタートアップ企業の支援や国内外の大型イベントの企画に従事し、入社3年目にして『Microsoft Teams』のプロダクトマーケティングマネージャーに就任。現在は、新製品の『Microsoft Viva』を担当し、日本市場への展開に関わる戦略立案をけん引している。「仕事の効率性に加え、従業員エクスペリエンス※2の向上をサポートするためのツールです。私自身、エンタメ活動など複数の副業をこなす多様なワークスタイルを実践しており、テクノロジーとカルチャーの両面から日本社会の働き方改革実現に取り組みます」と意気込みを話す。そんな加藤さんは近い将来、アメリカ本社での勤務を目指している。

※2 従業員エクスペリエンス:やりがいや幸せなど、従業員がその企業で働く上で得ることができる経験。
「世界のビジネスに携わり、グローバルなビジネススキルを磨きたいです。これまでと同じく常に挑戦的な環境に身を置いて、自身のキャリアの可能性を広げていきます」

2023年は電子書籍『Z世代の働き方新常識』の出版に加え、アーティストとして楽曲『Jester』他をリリース

プロフィール

PROFILE

加藤 友哉さん

日本マイクロソフト株式会社
モダンワークビジネス本部
プロダクトマーケティングマネージャー

2019年 観光学部観光学科卒業

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

立教卒業生のWork & Life

2024/03/15

「動物ものまね芸」で笑いを届け、自然や動物を大切にする心、興...

演芸家 五代目 江戸家 猫八さん

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。