伝統を大切にしながら現代的にアップデートする——好まれる日本酒をどう作るか

松岡醸造株式会社 代表取締役社長 松岡 良治 さん

2023/07/21

立教卒業生のWork & Life

OVERVIEW

本学の講義やイベントで講師を務めた、立教卒の“リーダー”たちの言葉をご紹介します。

松岡醸造は埼玉県中部の比企郡小川町にある、170年以上続く酒蔵です。私は大学卒業後、酒類メーカーや酒類問屋で経験を積んだ後、50歳で松岡醸造の6代目に就任しました。

近年、日本酒を取り巻く環境は大きく変化しています。清酒※1の出荷数量は1973年度をピークに、2020年度には3割以下にまで減少。一方、出荷金額は12年を境に増加基調にあり※2、単価の高い商品の需要が高まっています。この背景にあるのは、人々の酒を飲む目的が「酔うため」から「楽しむため」に変わってきたこと。酒蔵側も「好まれる酒」を作るために試行錯誤を重ねています。弊社では東京農業大学やアニメ作品とのコラボ商品を開発したり、私が会長を務める埼玉県酒造組合でも県内24の酒蔵の「一合缶飲み比べセット」を販売したりと挑戦的な施策を行っています。

※1 清酒:米、米こうじおよび水を主な原料として発酵させてこしたもの。
※2 出荷数量、出荷金額のデータは国税庁「酒レポート」(2022年3月)より。

松岡醸造の代表的なブランド「帝松(みかどまつ)」は、全国新酒鑑評会にて8年連続で金賞を受賞するなど高い評価を得ている

こうした試みの原点には、私が大学時代に苦戦した科目「経済原論」がある気がします。そこでは「企業等が置かれた状況の中で、多数の選択肢からどのように意思決定を行うか」といったことを学びました。酒蔵に置き換えると、伝統を大切にしながら商品や販売方法を、いかに現代的にアップデートするかが重要だと考えています。

学生の皆さんの前には無数のチャンスが転がっています。若いうちは失敗してもダメージは小さいので、良いアイデアがあれば積極的にチャレンジしてほしいですね。

プロフィール

PROFILE

松岡 良治さん

松岡醸造株式会社
代表取締役社長
1975年 経済学部経営学科卒業

1953年埼玉県生まれ。立教大学卒業後、1975年から酒類総合メーカーで製造・販売を担当。その後、国税庁醸造試験所での日本酒の製造研究を経て、大手酒類問屋で流通の仕組みを学ぶ。2003年に松岡醸造の代表取締役社長に就任。2018年から埼玉県酒造組合会長を兼任。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

立教卒業生のWork & Life

2024/05/24

自由な心で、自分に素直に。住所は地球、そんな生き方をしてみた...

フリーアナウンサー 宇賀 なつみさん

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。