旅には人生を変える力がある。「地球の歩き方」を通し、多彩なテーマでその魅力を発信

株式会社地球の歩き方 宮田 崇さん

2022/11/08

立教卒業生のWork & Life

OVERVIEW

経済学部経営学科を卒業し、株式会社地球の歩き方で仕事をされる宮田 崇さんからのメッセージです。

大学1年次に初のインド旅行。その後、23年連続で現地を訪れるほど魅了された

160を超える国・地域のタイトルがそろう旅行ガイドブックシリーズ「地球の歩き方」。宮田崇さんはその出版社のコンテンツ事業部で、部長兼編集長として編集室とウェブチームを統括している。

「学生時代に世界を周遊した私にとって、とてもお世話になった本です。『大航海時代を生きた人々と同じ気持ちで、この海の先に何があるのかを伝えるために創刊した』という当時の社長の言葉に心を打たれ、この会社に入りたいと思いました」

法人営業を経験した後、入社2年目から地球の歩き方編集室に配属され、アジアやアフリカ、ハワイ、オセアニア、アメリカ大陸全般を担当。その他にも「集めていた御朱印をテーマに御朱印シリーズを立ち上げたり、小笠原諸島で皆既日食を見た経験から国内の島旅シリーズを始めたりしました」と趣味を仕事に直結させながら人気タイトルを生み出してきた。

毎年夏休みにはゼミの研修旅行で海外へ。写真はベトナムにて

「コロナ禍で外出が制限される中、いまだからこそできることを考え、複数の新シリーズを発表しています。その時々の置かれた状況でベストを尽くせるのは、旅先で鍛えられた瞬時の判断力のおかげかもしれません」

立教大学時代は、廣江彰教授(現名誉教授)のゼミに所属した宮田さん。「都市型ビジネスについて、気になる記事があれば新聞社に電話して情報の本質を見極めたり、課題図書の書評を執筆して伝える技術を磨いたりしていました。ゼミの研修旅行では開発途上国を訪れ、現地取材を通して高度経済成長を疑似体験するなど、『生きた経済』を学びました」と振り返る。

日本テレビの番組『世界一受けたい授業』に出演し、オンライン海外ツアーを紹介

また、1年次の終わりに45日間インドを旅したことが人生のターニングポイントになったという。

「自分の生まれ育った環境がいかに恵まれていたのかを実感し、価値観が一変しました。人生は一度きり。勉学に励み、何事も悔いなくやり遂げようと意識が変わったのです」

宮田さんは自身の経験を踏まえ、立教生にこうメッセージを送る。

「『旅』は、人を急激に成長させるものです。自由に時間を使える大学時代は絶好のチャンス。さあ、旅があなたを待っています」

プロフィール

PROFILE

宮田 崇さん

株式会社地球の歩き方
コンテンツ事業部 部長 兼 出版編集室室長(編集長)
2001年 経済学部経営学科卒業


CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

立教卒業生のWork & Life

2022/11/08

人は誰しも、何かの「天才」——自分らしさを見つける教育を広げ...

株式会社教育と探求社 代表取締役社長 宮地 勘司 さん

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。