NTTコミュニケーションズ株式会社ビジネスソリューション本部事業推進部 スマートシティ推進室 青木 千裕さん

NTTコミュニケーションズ株式会社ビジネスソリューション本部事業推進部 スマートシティ推進室 青木 千裕さん

2021/02/15

立教卒業生のWork & Life

OVERVIEW

現代心理学部映像身体学科を卒業しNTTコミュニケーションズ株式会社でスマートシティに携わる仕事をされる青木 千裕さんからのメッセージです。

職場にある「共創ルーム」での仕事風景

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)に入社して以来約10年間、グローバルネットワークやパートナービジネスの営業職として活躍してきた青木千裕さん。その対話力の礎は学生時代に築かれた。「授業でドキュメンタリーを制作する機会があり、企画から撮影、編集まですべて自分たちで行いました。取材交渉で相手の下に直接出向き、納得して協力いただけるように、考え抜いて企画意図や『思い』を伝えた経験は財産になっています」と笑顔で話す。

通信業界を志したのは、一つの研究がきっかけだった。

「映像身体学科の佐藤一彦教授(当時)のもと、4Kの映像制作に関する実証実験の補佐をしていました。その過程で映像制作にも『通信』が関わっていることを知り、そこから興味を持つようになったのです」

営業という職種に対しては、NTT Comのインターンシップでイメージが大きく変わったという。

「営業はモノを売るだけではなく、お客様の課題に基づいた戦略的なコンサルティングを行っていることを学び、魅力を感じました。インターンシップの経験は仕事の原点であり、当時お世話になったトレーナーやマネージャーは、いまも変わらず憧れの存在です」

クライアントの課題解決に尽力し、着実に経験を積み重ねていった青木さんに、立教大学とのつながりから転機が訪れる。

「GLCのメンバーとして学生のキャリア支援を行う中で、自分自身の今後についても深く考えるようになりました。そんな折、ICTで社会課題の解決を目指す『Smart World』の実現に向け、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する部署が創設されたのです」

※GLC(立教グローバル/ローカルキャリア支援ネットワーク):2016年に発足した30~40代の卒業生からなるネットワーク組織。

立教大学の卒業式で学びを共にした友人たちと

青木さんは新たに誕生した「スマートシティ推進室」に手を挙げて配属され、2019年12月、新たな一歩を踏み出した。「現在はスマートシティの取り組みを知っていただくための広報活動やサービス企画、国内外のスマートシティに関する検討や提案に全力を尽くしています」と充実した日々について語る。

「目指すのは、ICTを活用して『誰もがワクワクするような街』をつくること。そんな5年後、10年後の未来の街を想像しながら、学びを継続し、仕事を丁寧に誠実に行っていきたいと思います」

プロフィール

PROFILE

青木 千裕さん

NTTコミュニケーションズ株式会社
ビジネスソリューション本部
事業推進部 スマートシティ推進室
2010年 現代心理学部映像身体学科卒業


CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

立教卒業生のWork & Life

2021/07/14

「地域No.1銀行」を目指して——人や企業に寄り添い、地元経...

株式会社武蔵野銀行 取締役頭取 長堀 和正さん