一人でも多くの人に本を届けたい——好きなことを仕事にできる喜びを原動力に代えて

株式会社小学館 マーケティング局 書籍SP室 北森 碧さん

2020/06/15

立教卒業生のWork & Life

OVERVIEW

文学部日本文学科を卒業し、株式会社小学館で仕事をされる北森 碧さんからのメッセージです。

新聞のレイアウト作業にひたすら励んだ「立教スポーツ」編集部の夏合宿

子どもから大人まで、幅広い年代に愛される本を出版する小学館。書籍の売上促進に大きく関わるマーケティング局書籍SP室で、北森碧さんは児童書と辞典の販売を担当している。

「発行部数の決定、配本や在庫の管理など、販売に関する幅広い業務を行っています。本と出会うきっかけづくりとして、書店を通じたイベントやブックフェアを企画することもあります」

中学生の頃から「将来はマスコミ業界で働きたい」と考えていたという北森さん。

「加えて、『あったら幸せ』と感じるものに関わりたいという思いがずっとありました。キャラクターが好きだったこと、それらがもたらす付加価値に興味を持っていたことから、キャラクタービジネスに強い小学館へ入社。ポケットモンスターや妖怪ウォッチの関連書籍にも携わり、好きなことを仕事にできる喜びを日々感じています」

全国を回り販促活動を行ったコミック営業時代

大学時代は、授業と体育会機関紙「立教スポーツ」編集部の活動に忙しい毎日を送った。

「日本文学科での授業の他に、社会学などさまざまな分野の科目を履修しました。単位互換制度『f-Campus』を利用して、早稲田大学に足を運んで授業を受けたこともあります。「立教スポーツ」編集部では、試合観戦や取材に明け暮れる日々。編集期間は部室にこもって、記事の執筆や後輩の原稿チェックに追われました。大変な時期を一緒に乗り越えた仲間は、同志のような存在です」

※f-Campus:協定を結ぶ東京都内5大学の科目を履修できる単位互換制度

書店員の声をもとに提案した図鑑『はじめてずかん415』は発行部数10万部を突破した

そんな大学生活を過ごした北森さんのいまの目標は、「一冊でも多く本を読者に届けること」だという。

「入社時に、先輩から『自分の看板になる仕事をつくれ』と教わりました。雑誌・コミック担当を経て現在の部署で働く中で、その目標は達成できたように感じています。今後は、多くの方に本を手にしてもらえるよう、一つのことを『達成』するというより『継続』して仕事に取り組みたいです」

読者の笑顔を想像しながら、北森さんは今日も仕事に励む。

プロフィール

PROFILE

北森 碧さん



株式会社小学館
マーケティング局 書籍SP室

2007年 文学部日本文学科卒業

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

立教卒業生のWork & Life

2020/10/14

音楽という“自由研究„に没頭した立教時代——変幻自在な旅の始...

音楽家 細野 晴臣さん