生涯学習・社会人の方
向け講座のご案内生涯学習

立教大学では、質の高い教養教育と多面的な生涯学習の場を提供しています。

立教セカンドステージ大学

50歳以上のアクティブシニア層を対象に、「学び直し」「再チャレンジ」と「異世代共学」をサポートするために開設した新しい学びの場です。

特色

伝統と活力に満ちたキャンパス
立教大学池袋キャンパスで学ぶ。受講生専用のラウンジのほか、図書館、パソコン教室、温水プール、学生食堂等の利用が可能です。

就学年限は1年、専攻科進学も可能
本科の就学年限は1年。所定の単位を取得すると、修了証書を授与。さらに学びたい受講生のために、専攻科(1年)を用意します。

全ての受講生がゼミナールに参加
全ての受講生がゼミナールに所属し、担当教員の指導を受けながら修了論文を作成。合宿や委員会活動など、自主的な運営にも参加。
多彩なフィールドスタディ
学外での授業など、実際の「現場」に足を運ぶフィールドスタディや、夏季休業期間中には合同ゼミナール合宿を実施します。

魅力のある講義と「異世代共学」
アクティブシニア層が学びたいと感じる、魅力ある科目を開講。また、立教大学の全学共通科目を一定の範囲内で受講できます。

開講科目例(2017年度開講科目より)

◇エイジング社会の教養科目群
 「キーワードで読む日本の古典」
 「ポピュラーカルチャーの理論と現実」
◇コミュニティデザインとビジネス科目群
 「アクティブシニアの21世紀社会共生」
 「ソーシャルビジネスの理論と実務」
◇セカンドステージ設計科目群
 「最後まで自分らしく」「食と健康の科学」
◇オムニバス講義「学問の世界」
◇ゼミナール・修了論文

その他の公開講座

旅行業講座

「総合・国内旅行業務取扱管理者試験」のための準備講座

旅行会社では各営業所に「旅行業務取扱管理者」を置くことが旅行業法で定められています。国家資格である「総合旅行業務取扱管理者試験」や「国内旅行業務取扱管理者試験」を受験する上で必要な、旅行業務を取り扱うための基礎となる各種の実務知識や関係法令などについて実践的な講義を行います。

◇開講時期・回数 4~9月・27 〜 54回(コースによる)
◇受講料  総合コース 75,000円 国内・海外コース
各50,000円(本学学生・卒業生割引有り)

旅行業講座詳細はこちら

ホスピタリティ・マネジメント講座

ホスピタリティ産業の理論と経営、最新動向を学ぶ

宿泊産業を中心とするホスピタリティ産業の経営実務全般に関する知識を、効果的かつ理論的に学ぶための講座です。マーケティング、人事、財務、法規など多岐にわたる各分野の専門家・経営陣が分かりやすく講義します。

◇開講時期・回数 10 ~ 12月・30回
◇受講料 40,000円(本学学生・卒業生割引有り)

ホスピタリティ・マネジメント講座詳細はこちら

観光地経営専門家育成プログラム

新たな時代に求められる観光地の革新と再構築を担う人材の育成

従来からの観光事業の枠組みにとどまらず、広く地域経営、あるいはまちづくりの観点から、観光地としてのあるべき姿を描き、革新的に再構築を図っていくための専門的な知識やスキルを持った人材「観光地経営専門家」を育成する講座です。

観光地経営専門家育成プログラム詳細はこちら

ラテンアメリカ講座

語学や文化などラテンアメリカについて総合的に学ぶ

スペイン語、ポルトガル語など語学だけでなく、ラテンアメリカ論や文学など、文化的背景を考慮に入れた科目がそろい、ラテンアメリカに関する総合的な学習が可能です。

◇開講時期・科目数 4月~1年間、12科目
◇授業料  1科目 25,000円(別途登録料がかかります。
本学学生・卒業生割引有り)

ラテンアメリカ講座詳細はこちら

科目等履修生

学校・社会教育講座科目等履修生

学校・社会教育講座科目等履修生は、卒業時に、課程修了に必要な単位が若干満たないために、教育職員免許状または課程修了証書が交付・授与されなかった本学卒業生を主な対象として設けられています。その受入れにあたっては選考試験を実施し、受入れを許可された方だけが学修機会が認められます。なお、本学では、学部・大学院に在籍しながら学校・社会教育講座科目等履修生としての籍を置くことは認めていません。

学校・社会教育講座科目等履修生

科目等履修生

科目等履修生とは特定の授業科目について当該年度に限り履修する制度です(正規学生になるための準備教育ではありません)。履修した授業科目の学期末の試験に合格すると、単位が与えられます。
科目等履修生になるためには所定の選考を経て、学修を許可されなければなりません。

科目等履修生

イベント・講演会・社会人向け入試など

一般の方にも気軽に参加いただける公開講演会やシンポジウム、社会人の方を対象とした入試など、社会人の方にも大学の門戸を開いています。