科学の未来を創る女子中高生チャレンジ・ラボ
~家族・先生と一緒に知ろう!! 多彩な理系の未来~

国立研究開発法人 科学技術振興機構 (JST)次世代人材育成事業 『女子中高生の理系進学選択支援プログラム』 科学の未来を創る
女子中高生のチャレンジ・ラボ~家族・先生と一緒に知ろう!! 多彩な理系の未来~ 参加者募集中

立教大学は1874年の創立以来、「普遍的なる真理を探究し、私たちの世界、社会、隣人のために」という理念に基づいた教育を行っています。
本プログラムでは、本学の理学部・理学研究科を卒業修了して、研究だけでなく航空、ITなど多様な業種で活躍する女性の講演と交流を通して、
女子中高生に理系に進路選択した際の将来可能性の幅広さを知る機会を提供します。
また、実験体験講習会やチャレンジ・ラボを通して、最先端の理学研究にふれる機会を提供し、知的好奇心を引き出します。

理学部では、中学校・高校に訪問して模擬講義などを行う「オンサイト・カレッジ」も実施しております。
講義の内容・形態については、ご希望に沿えるよう事前に相談させていただきます。実施を希望される中学・高校の先生方は、こちらからお問合せください。
(実施例:立教大学の研究最前線、色彩の化学、香りの化学、元素の化学、ブラックホールの物理、身近な物理、惑星探査の最前線、植物の形作り、細胞小器官と細胞質遺伝、など)
体験しよう‼

会社見学&交流会

第3回「オリンパス株式会社(8/7)」
オリンパスは、1950年に世界で初めて実用的な胃カメラを開発して以降、内視鏡の開発・製造・供給を通して人々の生活の質の向上に貢献しています。立教大学を会場として、がんなどの早期発見・早期治療をサポートする内視鏡の操作体験セミナーを開催いたします。さらに、オリンパスで活躍する理系出身の女性社員から、「理系の学部に進んだ理由」「理系の女性社員が働く現場」について講演していただき、交流会を実施します。
日時 8月7日(水)
会場 立教大学 池袋キャンパス
プログラム 13:20~ ハンズオンセミナー(内視鏡の歴史と操作体験)
14:00~ 休憩
15:50~ 理系社員による仕事紹介と交流会
16:30 解散
募集人数 最大45名(女子中学・高校生とその保護者、中学・高校の教員が対象です)
応募締切 7月24日(水) ※募集を締め切りました
第4回「高砂香料工業(8/21)」
高砂香料工業はジュースやお菓子などの食品、シャンプーや芳香剤のような香粧品に使われている香料を作る会社です。立教大学のスタッフと共に平塚研究所を訪問します。施設見学、食品香料(フレーバー)や香粧品香料(フレグランス)の香り体験を行った後、理系出身の女性社員から進路を決めた理由や仕事内容の紹介・面白さなどについてお話いただきながら交流会を行います。
日時 8月21日(水)
場所 高砂香料工業 平塚研究所
プログラム 13:00 専用バスで移動(藤沢駅集合)
14:00 施設見学(フレーバー部門、フレグランス部門)
15:15 休憩
15:30 理系出身の女性社員との交流会
16:30 専用バスで移動(17:30頃 藤沢駅解散予定)
募集人数 最大30名(女子中学・高校生とその保護者、中学・高校の教員が対象です)
応募締切 8月7日(水) ※募集を締め切りました
第5回「日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM)(8/23)」
昨年大好評を頂いたIBM見学会を今年も開催します!!IBMは、世界170カ国以上でビジネスを展開する米国のIT企業として、社会全体のデジタル変革・イノベーションの実現をミッションとしています。また、女性の活躍が非常に高く評価されている企業でもあります。日本IBM本社の社内見学や講義を通して、人工知能やIoTといった最先端テクノロジーに触れ、それらを使って世の中にどんなイノベーションを起こせるかを考える、デザイン・シンキングのワークショップを行います。また、IBMで働く女性社員と将来の進路や仕事について話せる座談会を開催します。 昨年度のイベントレポートはコチラ
日時 8月23日(金)
場所 日本アイ・ビー・エム本社(東京日本橋・箱崎町)
プログラム 13:00-13:25 受付(本社1Fロビー)
13:30 開始
13:40 事業所見学
14:30 AI / IoT技術セミナー
   (日本IBM社員、立教大学 内山泰伸教授)
15:30 ワークショップ
16:20 女性社員座談会
17:15 解散
(適宜休憩を挟みます。プログラムについては若干変更になる可能性があります。)
募集人数 最大30名(女子高校生が対象となります)
応募締切 2019年8月9日(金) ※募集を締め切りました
第6回「日本航空株式会社(JAL)(8/27)」
昨年大好評を頂いたJAL見学会を今年も開催します!! 羽田空港に隣接する航空機の整備工場の見学と、JALで活躍されている女性社員との交流会を行います。理系出身の女性社員から「自身のキャリアと仕事のやりがい」「理系学部で培った能力がどのように活かされているか」について講演していただく予定です。

航空教室

展示エリア

格納庫見学
見学に際しては、こちらの注意事項をよくご確認下さい
日時 8月27日(火)
プログラム 13:45 東京モノレール 新整備場駅 集合
14:00 航空教室、展示エリアと整備工場の見学
16:15 女性社員との交流会
17:30 解散
*集合場所などの詳細については、参加者に事前にお知らせいたします。プログラムについては内容を若干変更することがございます。予めご了承ください。
募集人数 最大40名(女子中学・高校生とその保護者、中学・高校の教員が対象です)
応募締切 8月4日(日) ※応募者多数のため、締切日を変更しました
第7回「JAXA宇宙科学研究所(ISAS)(9/8)」
立教大学スタッフとともに、JAXA宇宙科学研究所を訪問し、施設見学と、JAXAで活躍する理系出身の女性職員から「JAXAでどんな仕事をしているのか、自身のキャリアと仕事のやりがい」について講演していただく予定です。

M-3SIIロケット(模型)と
M-Vロケット(実機)

JAXA研究・管理棟

宇宙科学探査交流棟
日時 9月8日(日)
場所 JAXA相模原キャンパス(ISAS)
プログラム 13:00 JR横浜線淵野辺駅集合
13:30-14:15 講演会
14:30-15:15 交流会
15:30-16:30 見学
16:50 淵野辺駅解散
*なお、淵野辺駅から、JAXA の往復は、専用バスでの移動を予定しております。プログラムについては内容を若干変更することがございます。予めご了承ください。詳細については、参加者に事前にお知らせいたします。
募集人数 最大40名(女子中学・高校生とその保護者、中学・高校の教員が対象です)
応募締切 2019年8月20日(火) ※募集を締め切りました
体験しよう‼

チャレンジ・ラボ

「レーザー光で有機色素1分子を観察してみよう (8/5・6)」
三井 正明 教授
専門分野:光物理化学、分子分光学
企画内容:化学の最先端研究では、化学反応をはじめとする分子の様々な挙動を、“分子1個”のレベルで調べられようになってきています。本実験では、私の研究室で日頃から研究に使用しているレーザー顕微発光分光装置(自作の装置)を実際に操作してもらいます。色素分子1個がいったいどのような挙動をしているのか!?を観察してみましょう。

三井 正明 教授

レーザー顕微発光分光装置

1分子発光の観察
実施場所 立教大学池袋キャンパス4号館(詳細は事前にお知らせします)
日時 8月5日(月)・6日(火)
2日間とも参加いただける方を対象とします
実施時間 10時00分~16時00分(予定)
募集人数 最大4名(女子高校生が対象です)
応募締切 7月23日(火) ※募集を締め切りました
「光で色が変わるフォトクロミック分子~つくって、みて、体験! (8/8・9)」
森本 正和 教授
専門分野:有機光化学
企画内容:鮮やかな色を呈する色素は、天然染料などとして古くから人類の生活に密着した形で使われてきました。色素には炭素原子を骨格とする有機化合物が多く、有機化学の発展とともに人工染料・顔料も数多く合成されました。近代では、単なる色材としての利用にとどまらない新しい価値を生み出す機能性色素が開発されています。本実験では、光に応答して色が変わる色素「フォトクロミック分子」を自分で合成し、その色変化を観測します。 昨年度のイベントレポートはコチラ

森本 正和 教授

フォトクロミック分子の色変化
実施場所 立教大学池袋キャンパス13号館(詳細は事前にお知らせします)
日時 8月8日(木)・9日(金)
2日間とも参加いただける方を対象とします
実施時間 10時00分~16時00分(予定)
募集人数 最大5名(女子高校生が対象です)
応募締切 7月25日(木) ※募集を締め切りました
「イオンを作ってみよう,測ってみよう(8/22・23)」
平山 孝人 教授
専門分野:原子物理学・表面物理学
企画内容:電子サイクロトロン共鳴型イオン源を用いてアルゴンのイオンビームを生成し、その質量や価数を測定します。イオン源のいくつかのパラメーターを変化させて、それによってできるイオンがどう変わるのかを観測し、なぜそのようになるのかを考察します。実際に研究活動で使われている装置を自分で触って動かしてみましょう。 昨年度のイベントレポートはコチラ

平山 孝人 教授

電子サイクロトロン共鳴型イオン源

実験の様子
実施場所 立教大学池袋キャンパス13号館(詳細は事前にお知らせします)
日時 8月22日(木)・23日(金)
2日間とも参加いただける方を対象とします
実施時間 10時00分〜17時00分(予定)
募集人数 最大5名(女子高校生が対象です)
応募締切 8月1日(木) ※募集を締め切りました
「下を向いて歩こう!? 葉っぱの多様な形ができる仕組み(8/23・24)」
堀口 吾朗 教授
専門分野:植物発生学
企画内容:登下校中や校庭でたまには足元に視線を向けてみてください。いろいろな植物が特徴ある葉っぱを作っていることに気付くでしょう。では、どのようにしてこのような形ができあがるのでしょうか?葉っぱは細胞が集まってできているので、細胞の数、大きさ、形、並び方が重要になってきます。そしてそのような細胞の性質は遺伝子によって決定されています。本企画では、葉の形を決める遺伝子の働きを細胞の性質や遺伝子の塩基配列の解析を通じて調べてみます。

堀口 吾朗 教授

突然変異によって様々に変化したシロイヌナズナの葉
実施場所 立教大学池袋キャンパス13号館C103室
日時 8月23日(金)・24日(土)
2日間とも参加いただける方を対象とします
実施時間 10時00分〜16時00分(予定)
募集人数 最大10名(女子高校生が対象です)
応募締切 8月1日(木) ※募集を締め切りました
「生き物はみんな親戚? DNAをつかって近縁関係をしらべよう(8/26・27)」
榊原 恵子 准教授
専門分野:植物発生進化学
企画内容:現在の地球上の生物は、38億年以上前に出現し多様化してきたと考えられています。生物にも最近分かれた近い親戚と、ずっと昔に分かれた遠い親戚とがあります。生物の設計図であるDNAの塩基配列を比較すると、近い親戚同士は似た配列を持っているのでDNA情報を使って親戚(系統)関係を調べることができます。植物を材料に親戚関係を調べてみましょう。材料はこちらでも用意しておきますが、調べてみたい植物(アイデア)の持ち込みも歓迎します。(例えば、トマトとピーマンは形が似ているけれど近い親戚か?キャベツとレタスは近い親戚か?など)。

榊原 恵子 准教授

DNAを抽出している様子

DNA塩基配列の比較
実施場所 立教大学池袋キャンパス13号館(詳細は事前にお知らせします)
日時 8月26日(月)、27日(火)
2日間とも参加いただける方を対象とします
実施時間 10時00分〜16時00分(予定)
募集人数 最大3名(女子高校生が対象です)
応募締切 8月1日(木) ※募集を締め切りました
体験しよう‼

実験体験講習会

「リケジョ集まれ!女子中高生のためのガールズラボ(8/2・3)」
RSS (女子大学院生・女子大学生)
専門分野:化学
企画内容:化学科の大学生ってどんなことをしているの?今回の企画では、実際に授業で使っている実験室で「カラフルな人工イクラ」を作り、研究設備を使って「自分で作った人工イクラの測定」を行います。インスタ映え間違いなし!高校生編(8/2)と中学生編(8/3)に分けて実施しますので、それぞれの学年のレベルに合った内容となっています。現役の女子大学生・大学院生に教えてもらいながら、一緒に実験を楽しみましょう! 高校生編では研究室ツアーも行います。進路に悩んでいる人、実験に少しでも興味のある女子中高生は、是非ご参加ください!!

作製したカラフルな人工イクラ(左)とその拡大写真(右)
実施場所 立教大学池袋キャンパス13号館(詳細は事前にお知らせします)
日時 8月2日(金) 女子高校生対象
8月3日(土) 女子中学生対象
実施時間 13時30分〜16時00分(予定)※講義と実験は1時間ほど
募集人数 女子高校生(8/2)、または女子中学生(8/3)が対象です。
どちらも最大20名 (先着順) 
保護者の方も同伴いただけます(別室にて見学となります)
応募締切 7月19日(金) ※募集を締め切りました
「光の不思議と宇宙の不思議(8/31)」
北本 俊二 教授
専門分野:宇宙物理学
企画内容:宇宙を研究すると、不思議なことがいっぱいです。ブラックホールや、中性子星など不思議な天体がいっぱいあります。最近では重力波が実際に検出できたり、ブラックホールの影を撮像できたりしています。重力により、遠くの天体が歪んで観測される重力レンズも興味ある現象です。最近の話題を紹介するとともに、重力レンズとはどういうものか、模擬体験してみましょう。実験終了後には、大学の研究施設見学、大学教員、大学生、大学院生に気軽に進路相談できるコーナーもあります!

北本 俊二 教授

ハッブル宇宙望遠鏡による銀河団A2218の写真
実施場所 立教大学池袋キャンパス13号館(詳細は事前にお知らせします)
日時 8月31日(土)
実施時間 13時30分〜16時00分(予定)※講義と実験は1時間ほど
募集人数 最大40名(女子中学・高校生とその保護者、中学・高校の教員が対象です)
応募締切 8月17日(土) ※募集を締め切りました
「美しき化学の世界Part II 〜光る化学反応と触媒の役割〜(9/28)」
和田 亨 教授
専門分野:無機化学、錯体化学
企画内容:昨年度にご好評を頂いた「美しき化学の世界」の第二弾が開催決定!!今回は、「光る化学反応と触媒の役割」について、誰でも出来る簡単な実験を行います。科学捜査にも利用され、推理小説や漫画でもおなじみのルミノール反応を行い、「電気も熱も使ってないのに何で光るの!?」「触媒って、いったい何しているの?」について学んでいきます。保護者の方や中学校・高等学校の先生方の参加も大歓迎です(小学生以下の実験参加はできません)。実験後には、立教大学の最新の研究設備の見学と、立教サイエンス・サポーターズ(立教の女子大学生・大学院生)との交流会を行います。「なんで理系にしたの?」「理系の生活ってどんな感じ?」「どんな受験勉強してた?」などなど、気楽に何でも質問して下さい!! 昨年度のイベントレポートはコチラ

和田 亨 教授

実施場所 立教大学池袋キャンパス13号館C203実験室
日時 9月28日(土)
実施時間 14:30〜17:00 実験は1時間半ほど
募集人数 実験参加者は最大40名。女子中・高生とその保護者、中高教員が対象です。保護者と教員の方は見学だけも可能です。
応募締切 9月14日(土)
交流しよう‼

講演会&交流会

第3回「理系女性の多彩なミライ(8/1)」
皆さんはどんな仕事に興味がありますか? 実は、学生時代に出会える職業はほんのわずかしかありません。世の中には、人々に知られていない魅力的な職業が多くあります。もしかしたら、そのなかの一つがあなたの「理想的な仕事」かもしれません。この講演会では、『一生困らない 女子のための「手に職」図鑑』(光文社)の著者である華井由利奈さんを講師としてお招きし、理系女性の進路・職業選びについてお話いただきます。前半では、「文系と思われがちだけど、実は理系が求められている業界は?」「『理系=研究・教職』だけじゃない!理系が活躍中の意外な職業」など、わかりやすい切り口で理系の職業について解説します。後半は、理系学部を卒業後、企業や公的機関で働いている女性の実例を多数紹介。講演会後には、知りたいことを直接質問できる交流会も実施します!手に職をつける秘訣は、学生時代に多くの情報を得て、可能性を広げておくこと。皆さんの将来が色彩豊かに輝くように応援します!

華井由利奈さん

『一生困らない 女子のための「手に職」図鑑』
実施場所 立教大学池袋キャンパス14号館(詳細は事前にお知らせします)
日時 8月1日(木)
プログラム 15:00 受付・開場
15:30 華井氏による講演会
16:20 華井氏や教員・現役女子学生との交流会
17:00 閉会
講師紹介

華井由利奈
印刷会社でデザイン業務を担当した後、コピーライターとしてトヨタ系企業など100社以上の取材を行う。2016年に独立し、2年後、初の自著『一生困らない 女子のための「手に職」図鑑』を光文社より出版。5刷27,000部を達成した。 今までに取材した人数は約700人。現在は「日経doors」や「プレジデントオンライン」などで、女性活躍や就職に関する記事を中心に執筆。全国各地の中学・高校・大学で講演も行っている。

対象 30名程度(女子中学・高校生とその保護者、中学・高校の教員が対象です)
応募締切 7月25日(木) ※募集を締め切りました
交流しよう‼

立教サイエンスサポーターの進路相談会

「オープンキャンパス企画(8/1~3)」
立教大学オープンキャンパス(8/1~8/3)にて、 大学教員と立教サイエンスサポーターによる進路相談ブースを設置します(池袋キャンパス 14号館 D402教室) 。

※オープンキャンパスの一環として実施するためプログラムへの事前申し込みは不要ですが、オープンキャンパス自体への参加予約は必要となりますのでご注意ください。

ACCESS

お問い合わせ

立教大学理学部
科学の未来を創る女子中高生のチャレンジ・ラボ担当
メール:ri-shien@rikkyo.ac.jp