教員の採用立教大学 採用情報

大学の研究、教育、社会貢献を担う教員の応募要領を掲載しています。
日本語教育センター教育講師の公募について(常勤)2020.12.4締切
1.職種
教育講師

2.募集人員
1名

3.所属
日本語教育センター

4.採用予定日
2021年4月1日予定

5.勤務形態
常勤。契約は1年ごとに更新、最高4回更新可(最長5年の勤務可)

6.業務内容
(1)週4日勤務
(2)1学期につき最大10コマ担当(日本語相談室、オフィスアワーを含む)
(3)日本語教育センター開設科目の担当
(4)学生及び研究者の言語学習と履修に関する指導、カリキュラム・教材作成、試験監督、FDなど

7.勤務地
授業:池袋キャンパスおよび新座キャンパス
研究室:池袋キャンパス

8.応募資格
(1)外国語としての日本語教育に関連する専門分野において修士号を有する者。もしくは他の分野で同等以上の資格を有すること。
(2)大学等の高等教育機関において日本語教育の経験を有すること。
(3)職務遂行に必要な優れた教育能力、実務および調整能力を有すること。
(4)職務遂行に必要な日本語および英語の優れた能力を有し、外国語としての日本語教育に意欲と見識を持つこと。

9.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は立教大学の規程による。(年俸制)

10.提出書類
(1)本学書式による履歴書(写真貼付)  1通
(2)本学書式による教育研究等業績    1通
(3)最終学歴を証明する書類(博士学位取得見込みの場合は指導教員による見込みを証明する書類を含む)1通
(4)主要論文3編の別刷またはコピー  各1部
(5)応募動機及び抱負(日本語で1600字程度)  1通
(6)推薦書(厳封のこと)  1通
(推薦書には推薦者のメールアドレス・電話番号などの連絡先が記載されていること)
11.選考方法
書類選考後、模擬授業および面接を実施する。面接対象者にはEメール等で個別に連絡する。
(面接は12月15日(火)午後、または18日(金)午後に池袋キャンパスで実施予定)面接のための旅費および宿泊費等は応募者の負担とする。

12.応募方法
(1)応募期限
2020年12月4日(金)必着
(2)書類提出先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 立教大学日本語教育センター
※応募書類の封筒の表に「教育講師応募書類在中」と朱書きの上、簡易書留または配達の記録が残る方法で送付すること。
※提出書類は返却しませんので、予めご了承ください。

13.その他
提出書類は返却しません。採用に至らなかった方の提出書類は、選考後速やかに当方の責任にて適切な方法により廃棄します。
提出書類により取得した個人情報は、本件採用選考および採用後の人事労務管理、連絡、手続きに必要な範囲で利用し、他の目的で使用しません。

14.問い合わせ先
立教大学日本語教育センター事務局
E-mail:rikkyo-nihongo@rikkyo.ac.jp
助教B(精神保健福祉領域)の公募について(コミュニティ福祉学部福祉学科)2020.11.6締切
1.採用職名
助教B

2.所属
コミュニティ福祉学部福祉学科(新座キャンパス)

3.採用人数
1名

4.専門分野
精神保健福祉領域

5.担当予定科目・担当業務
担当科目:「精神保健福祉援助実習」、「精神保健福祉援助実習指導1」、「精神保健福祉援助実習指導2」、「精神保健福祉援助演習」、「基礎演習」、「社会福祉入門演習」、「福祉ワークショップ」、「卒業研究指導演習」
その他の科目を担当することがある
※カリキュラム改定により、科目名称等が変更になる場合がある
担当業務:福祉実習教育室の管理運営に関する業務(実習教育に関わる業務を含む)

6.任用期間
2021年4月1日から1年、更新は4回まで可能
(最長5年まで、更新に際しては教授会の承認が必要)

7.職務
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、コミュニティ福祉学部が定める業務

8.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規定に基づく

9.応募要件
下記の(1)~(4)の要件をすべて満たすこと、(5)の要件を満たすことが望ましい
(1)博士の学位を有する者、あるいは同等の能力・業績があると認められる者
(2)精神保健福祉士養成課程で厚生労働省の示す「実習・演習担当教員の要件」及び「精神保健福祉に関する制度とサービス担当教員の要件」を満たしていること
(3)社会福祉士養成課程で厚生労働省の示す「実習・演習担当教員の要件」を満たしていること
(4)精神保健福祉士資格を有すること
(5)社会福祉士資格を有すること

10.提出書類
下記のすべてを用意すること
(1)履歴書1部※注1・2
(2)教育研究業績目録(主要なもの3点のうち、最も重要なもの1点に◎印、他の2点については●印を付すこと1部)※注1
(3)上記主要研究業績につき、各400字程度の要旨(A4用紙1枚に収めること)
(4)上記主要研究業績3点
(5)精神保健福祉士実習・演習調書 ※注1
注1:(1)(2)(5)については、所定の様式を本学部ホームページよりダウンロードし、記載要領に従って作成すること。
注2:履歴書については、メールアドレス・所属学会を記載のこと。教歴については担当科目を含め詳細に記述すること。「著書および学術論文目録」欄では著者・執筆者全員の氏名、論文名、掲載誌名、発表年(西暦)、巻号、発表頁を明記すること(順序自由)。なお学術論文については『査読付』か『査読無』も明記すること。写真は貼付せず別データとすること。

11.応募手続及び締切
(1)提出書類(1)~(5)の全てを一つのPDFファイルにまとめ(ファイル名は「助教 精神保健福祉 応募者名」とすること)、下記のフォームから応募すること(写真データの提出もフォームから行う)。提出後、本学部から受領確認メールを送信する。書類提出から、一週間経過しても受領確認メールが届かない場合は、下記13の問合せ先に連絡すること。
(2)2020年11月6日(金)17時受付終了
注3:フォームからの応募に際してはGoogleアカウントが必要。
注4:1ファイルあたりのサイズは10GBが上限。ファイルのサイズが10GB以上になる場合には、適宜分割して複数のファイルにし、アップロードすること。分割する場合はファイル名に通し番号を付与し、順番がわかるようにすること。
注5:データ化が難しい資料(大部の単著など)については、封筒に「助教 精神保健福祉応募書類在中」と朱書きし、下記13の郵送物送付先に簡易書留で郵送すること。締め切りは11月6日(金)(消印有効)とする。なお、提出された書類は返却しない。

12.選考方法
1次選考:書類選考
2次選考:1次選考を通過した者を対象として、面接、及び当該応募者による模擬授業を実施する(なお旅費・滞在費等は応募者の自己負担、状況によりオンラインとすることもありうる)

13.郵送物送付先・問合せ先
〒352-8558
埼玉県 新座市 北野 1-2-26
立教大学コミュニティ 福祉学部 学部事務室
E-mail:komifuku@rikkyo.ac.jp
電話:048-471-7208(開室時間 月~金 10:30~15:30)
※緊急事態宣言等の発令などにより窓口が閉室される場合もある。
※選考過程で追加の提出物を求めることがあります。なお、提出書類は本学規定に基づいて処理し、他の目的には使用いたしません。
助教の公募について(理学部数学科)2020.10.10締切
1.公募対象
助教1名(任期1年、最大5年まで更新可)

2.研究分野
数学(分野は問わない)

3.応募資格
(1)着任時に博士の学位を有すること。
(2)学部および大学院における数学の講義・演習を日本語で担当できること。
(3)8月31日締め切り分の助教採用(JREC-IN Portal D120070926)に応募した方も応募の資格があります。今回も応募する方は、改めて資料を送付してください。

4.提出書類
以下の(1)~(8)の文書を1つのPDFファイルにまとめて、電子メールで、以下の8.に記載された新任人事担当のメールアドレスまで送ること。メールの件名は「理学部数学科助教応募書類」とし、ファイルサイズは20MB以下とすること。20MBより大きなサイズになる場合は、ファイルを適宜分割して複数のメールで送ること。
(1)履歴書および連絡先(電話番号・電子メールなど)
(2)研究業績のリスト(論文は査読あり・なしを分けること)
(3)科研費等外部資金獲得状況
(4)主要論文3編程度(受理済みのものに限る)のarXiv番号、またはPDFファイル
(5)今までの研究の概要と将来の研究計画(おのおのA4版用紙1枚程度)
(6)これまでに担当した主な授業科目のリスト、研究指導歴(担当授業に関して、大学で実施している授業評価があれば、結果の資料を添付して下さい。)
(7)教育に関する抱負(A4版用紙1枚)
(8)応募者の業績を評価できる方2名以上の氏名と連絡先

5.採用予定年月日
2021年4月1日

6.応募締切日
2020年10月10日(必着)

7.書類提出先
立教大学理学部数学科 新任人事担当 ガイサ トーマス
新任人事担当のメールアドレス jokyo-search2020@rikkyo.ac.jp
(8月31日締め切り分の助教採用(JREC-IN Portal D120070926)で使用されるメールアドレスとは異なりますので、ご注意ください。)

8.問い合わせ先
立教大学学部事務3課(理学部):
電話番号 03-3985-3302、ファックス番号 03-3985-4159
新任人事担当のメールアドレス jokyo-search2020@rikkyo.ac.jp
(8月31日締め切り分の助教採用(JREC-IN Portal D120070926)で使用されるメールアドレスとは異なりますので、ご注意ください。)

9.諸注意
応募書類のメール送付後5日以内(土休日を除く)に受け取りの連絡がない場合は、上記アドレスまで再度メールでご連絡ください。こちらからの連絡は書類送付時のメールアドレス宛に送ります。書類選考の後、必要に応じて面接を行います。提出していただいた個人情報は、教員任用業務、連絡、手続きのためのものであり、他の目的に使用されることはありません。待遇、給与等は立教学院立教大学の規程によります。
ドイツ語教育講師(有期)の公募について(外国語教育研究センター)2020.09.30締切
1.募集人員および職種
1名、ドイツ語教育講師(有期)

2.勤務形態
常勤(任期あり)
契約は1年ごとに更新、最高4回更新可(最長5年の勤務可)

3.勤務地
授業:池袋キャンパス および 新座キャンパス
研究室:池袋キャンパス 6号館 外国語教育研究センター

4.着任時期
2021年4月1日

5.業務内容
(1)週4日勤務
(2)1学期につき全学共通科目の言語科目(ドイツ語)を最大10コマ担当(オフィス・アワーを含む)
(3)カリキュラム・教材作成、試験監督、FDなど

6.応募資格
(1)当該言語に関連する専門分野において修士号を有する者、もしくは他の分野で同等以上の資格を有する者
(2)大学以上の教育機関で1年以上のドイツ語教育歴のある者
(3)公刊された著書、学術論文あるいは教材のいずれか1点以上ある者
(4)優れたドイツ語運用能力を有し、授業および学生指導、管理運営に関する業務を日本語で支障なく行える者

7.待遇
本学規程による

8.募集期間
2020年9月30日(水)必着

9.提出書類
(1)履歴書
・応募にあたっては立教大学履歴書フォームを必ず使用すること、それ以外の書式の履歴書は受理しない
・連絡先(電話番号とEメールアドレス)を必ず記入し写真を添付すること
・本ホームページから、履歴書フォーム・記載要領をダウンロードし、記載要領の指示に従い記入すること
(2)研究業績目録
(3)研究業績1点のPDF
(4)以下の課題について作成したもの(書式自由、A4用紙2枚を上限、日本語で作成し、PDFのデータで提出すること。)
「大学における第二外国語としてのドイツ語教育」というテーマのもと、教育方針や、これまでの取り組みと今後の目標などについて、具体的に述べてください。また昨今の情勢に鑑み、オンラインでの授業に関しても触れてください。

10.応募書類送付先・問い合わせ先
立教大学外国語教育研究センター
Eメールアドレス:fler-saiyo@rikkyo.ac.jp
・応募書類は上記Eメールアドレスにメール添付し、件名は「ドイツ語教育講師応募(氏名)」とすること
・応募書類は返却しない
・書類審査通過者には2020年10月15日(木)までにメールで連絡し、10月24日(土)に面接を行う
注意事項:
※選考の過程で、追加の提出物を求めることがあります。
※提出された個人情報は任用にあたっての審査、連絡及び手続きのためのものであり、他の目的に使用することは一切ありません。
※面接にかかる交通費は支給しません。また、面接をオンラインで行う場合があります。
助教T(会計学関連領域)の公募について(経営学部)2020.9.25締切
1.採用職名および採用数
助教T(テニュア・トラック;1名)

2.所属
立教大学経営学部

3.職務
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、学部・研究科運営補助業務、学部長・学科長・研究科委員長が指示するその他の業務

4.専門分野
会計学関連領域

5.授業担当予定科目
会計学関連科目(「会計学入門」含む)、ビジネス・リーダーシップ・プログラム関連科目、全学共通(全カリ)科目、演習科目、その他学部科目、大学院科目など

6.着任予定日
2021年4月(もしくは2021年9月)

7.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生などは本学規定による。(本学の定年は65歳)

8.応募資格
下記の要件をすべて満たす者であり、英語で学生への指導ができれば望ましい。
(0)本経営学部の教育の理念に賛同できる。
(1)採用時点で会計学もしくは隣接する領域で博士号を有する(博士号取得見込み者も含む)。
(2)会計学または関連する領域における優れた研究業績を有する。
(3)大学・大学院において会計関連科目を教育・指導した経験がある。
(4)授業、学内の委員会活動、学生指導を日本語で遂行できる日本語力を有している。
(5)初年次教育やProject Based Learningに対して理解・実践ができる。
(6)オンライン授業への理解・実践ができる。

9.応募期限
2020年9月25日(金)必着。

10.提出書類
以下の(1)から(5)をPDFファイルに変換しZIPファイルに圧縮した上で、件名に「経営学部教員公募(会計学)」と書いて、電子メールで経営学部事務(cob-saiyou@rikkyo.ac.jp)宛にお送りください。
(1)履歴書(写真添付、連絡先、E-mailアドレス、所属学会、教歴〔担当科目〕などを明記すること(「会計学特殊講義」など内容が不明確な場合は、内容を示すこと)。
(2)研究業績一覧(主要なもの3点のうち最重要なもの1点に◎印、他の2点については○印を付すこと)。
(3)上記業績の要約(各400字以内。ただし博士論文と単著書については2000字以内)。
(4)主要業績3点のPDFファイル(書籍の分担執筆の場合は担当部分のみPDF化すること。修士論文は不可、博士論文は可)。
(5)成績証明書(最終学歴のもの)。
※注意:
(1)履歴書は立教大学所定の様式を以下よりダウンロードすること。
(2)研究業績一覧は、履歴書所定様式の3ページ目「著書および学術論文目録」欄に記入すること。
(3)選考の過程で追加の提出物を求めることがあります。
11.選考方法
書類選考、面接
書類審査を通過した方に対してのみ、10月上旬をめどに、面接の日程についてメールでお知らせします。
※注意:
(1)面接に関わる旅費・滞在費等は応募者の自己負担になります。なお、新型コロナウイルスの感染状況によっては、オンラインで面接を行う可能性があります。
(2)応募書類の返却は致しません。
(3)提出していただいた個人情報は、教員任用業務、連絡、手続きのためのものであり、他の目的に使用することはありません。また、応募書類はこちらで責任をもって処分致します。

12.助教Tとはテニュア・トラック教員のことを指し、テニュア・トラック期間を原則3年(最長4年)とします。このポストのテニュア付与の可否は経営学部が定める基準で審査します。

13.問い合わせ先
経営学部(cob-saiyou@rikkyo.ac.jp)「問い合わせ:会計学」
助教T(ファイナンス関連領域)の公募について(経営学部)2020.9.25締切
1.採用職名および採用数
助教T(テニュア・トラック;1名)

2.所属
立教大学経営学部

3.職務
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、学部・研究科運営補助業務、学部長・学科長・研究科委員長が指示するその他の業務

4.専門分野
ファイナンス関連領域

5.授業担当予定科目
ファイナンス関連科目(「コーポレート・ファイナンス」含む)、経営学入門、ビジネス・リーダーシップ・プログラム関連科目、全学共通科目、演習科目、その他学部科目、大学院科目など

6.着任予定日
2021年4月(もしくは2021年9月)

7.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生などは本学規定による。(本学の定年は65歳)

8.応募資格
下記の要件をすべて満たす者であり、英語で学生への指導ができれば望ましい。
(0)本経営学部の教育の理念に賛同できる。
(1)採用時点でファイナンス、もしくは隣接する領域で博士号を有する(博士号取得見込み者も含む)。
(2)ファイナンス、または関連する領域における優れた研究業績を有する。
(3)大学・大学院において「ファイナンス」関連科目を教育・指導した経験がある。
(4)授業、学内の委員会活動、学生指導を日本語で遂行できる日本語力を有している。
(5)初年次教育やProject Based Learningに対して理解・実践ができる。
(6)オンライン授業への理解・実践ができる。

9.応募期限
2020年9月25日(金)必着。

10.提出書類
以下の(1)から(5)をPDFファイルに変換しZIPファイルに圧縮した上で、件名に「経営学部教員公募(ファイナンス)」と書いて、電子メールで経営学部事務(cob-saiyou@rikkyo.ac.jp)宛にお送りください。
(1)履歴書(写真添付、連絡先、E-mailアドレス、所属学会、教歴〔担当科目〕などを明記すること(「経営学特殊講義」など内容が不明確な場合は、内容を示すこと)。
(2)研究業績一覧(主要なもの3点のうち最重要なもの1点に◎印、他の2点については○印を付すこと)。
(3)上記業績の要約(各400字以内。ただし博士論文と単著書については2000字以内)。
(4)主要業績3点のPDFファイル(書籍の分担執筆の場合は担当部分のみPDF化すること。修士論文は不可、博士論文は可)。
(5)成績証明書(最終学歴のもの)。
※注意:
(1)履歴書は立教大学所定の様式を以下よりダウンロードすること。
(2)研究業績一覧は、履歴書所定様式の3ページ目「著書および学術論文目録」欄に記入すること。
(3)選考の過程で追加の提出物を求めることがあります。
11.選考方法
書類選考、面接
書類審査を通過した方に対してのみ、10月上旬をめどに、面接の日程についてメールでお知らせします。
※注意:
(1)面接に関わる旅費・滞在費等は応募者の自己負担になります。なお、新型コロナウイルスの感染状況によっては、オンラインで面接を行う可能性があります。
(2)応募書類の返却は致しません。
(3)提出していただいた個人情報は、教員任用業務、連絡、手続きのためのものであり、他の目的に使用することはありません。また、応募書類はこちらで責任をもって処分致します。

12.助教Tとはテニュア・トラック教員のことを指し、テニュア・トラック期間を原則3年(最長4年)とします。このポストのテニュア付与の可否は経営学部が定める基準で審査します。

13.問い合わせ先
経営学部(cob-saiyou@rikkyo.ac.jp)「問い合わせ:ファイナンス」
助教T(CSR/経営戦略関連領域)の公募について(経営学部)2020.9.25締切
1.採用職名および採用数
助教T(テニュア・トラック;1名)

2.所属
立教大学経営学部

3.職務
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、学部・研究科運営補助業務、学部長・学科長・研究科委員長が指示するその他の業務

4.専門分野
CSRおよび経営戦略関連領域

5.授業担当予定科目
グッド・ビジネス関連科目、経営学入門、経営戦略関連科目、ビジネス・リーダーシップ・プログラム関連科目、全学共通(全カリ)科目、演習科目、その他学部科目、大学院科目など

6.着任予定日
2021年4月(もしくは2021年9月)

7.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生などは本学規定による。(本学の定年は65歳)

8.応募資格
下記の要件をすべて満たす者であり、英語で学生への指導ができれば望ましい。
(0)本経営学部の教育の理念に賛同できる。
(1)採用時点で経営戦略もしくはそれに隣接する領域で博士号を有する(博士号取得見込み者も含む)。
(2)CSRおよび経営戦略、またはこの両方に関連する領域における優れた研究業績を有する。
(3)大学・大学院において「CSR」、または「経営戦略」、またはこの両方の関連科目を教育・指導した経験がある。
(4)授業、学内の委員会活動、学生指導を日本語で遂行できる日本語力を有している。
(5)初年次教育やProject Based Learningに対して理解・実践ができる。
(6)オンライン授業への理解・実践ができる。

9.応募期限
2020年9月25日(金)必着。

10.提出書類
以下の(1)から(5)をPDFファイルに変換しZIPファイルに圧縮した上で、件名に「経営学部教員公募(CSR/経営戦略)」と書き、電子メールで経営学部事務(cob-saiyou@rikkyo.ac.jp)宛に送付して下さい。
(1)履歴書(写真添付、連絡先、E-mailアドレス、所属学会、教歴〔担当科目〕などを明記すること(「経営学特殊講義」など内容が不明確な場合は、内容を示すこと)。
(2)研究業績一覧(主要なもの3点のうち最重要なもの1点に◎印、他の2点については○印を付すこと)。
(3)上記業績の要約(各400字以内。ただし博士論文と単著書については2000字以内)。
(4)主要業績3点のPDFファイル(書籍の分担執筆の場合は担当部分のみPDF化すること。修士論文は不可、博士論文は可)。
(5)成績証明書(最終学歴のもの)。
※注意:
(1)履歴書は立教大学所定の様式を以下よりダウンロードすること。
(2)研究業績一覧は、履歴書所定様式の3ページ目「著書および学術論文目録」欄に記入すること。
(3)選考の過程で追加の提出物を求めることがある。
11.選考方法
書類選考、面接
書類審査を通過した方に対してのみ、10月の上旬をめどに、面接の日程についてメールでお知らせします。
※注意:
(1)面接に関わる旅費・滞在費等は応募者の自己負担になります。なお、新型コロナウイルスの感染状況によっては、オンラインで面接を行う可能性があります。
(2)応募書類の返却は致しません。
(3)提出していただいた個人情報は、教員任用業務、連絡、手続きのためのものであり、他の目的に使用することはありません。また、応募書類はこちらで責任をもって処分致します。

12.助教Tとはテニュア・トラック教員のことを指し、テニュア・トラック期間を原則3年(最長4年)とします。このポストのテニュア付与の可否は経営学部が定める基準で審査します。

13.問い合わせ先
経営学部(cob-saiyou@rikkyo.ac.jp)「問い合わせ:CSR/経営戦略」。
専任教員(福祉経済学)の公募について(コミュニティ福祉学部コミュニティ政策学科)2020.9.23締切
1.採用職種名
専任教員1名 教授または准教授

2.採用人員
1名

3.所属
立教大学コミュニティ福祉学部コミュニティ政策学科
(立教大学 新座キャンパス)

4.専門分野
福祉経済学

5.担当予定科目
1)「地域経済論」、「地方財政論」、「コミュニティスタディ」、「フィールドスタディ」、「インターンシップ」、「基礎演習」、「卒業研究」、「卒業研究指導演習」ほか。
2)大学院科目、全学共通科目
※カリキュラム変更に伴い、科目名称等が変更されることがある。

6.応募資格
当該分野で博士の学位を有する、あるいはそれと同等の能力を有する者。

7.職務
教育業務、研究業務、入試関連業務その他コミュニティ福祉学部が定める業務。

8.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等、本学の規定による。

9.着任予定日
2021年4月1日

10.提出書類
下記のすべてを用意すること。
(1)履歴書(教歴については、担当科目を含め詳細に記述すること)1部[※注1]
(2)研究業績目録(主要なもの5点のうち、最も重要なもの1点に◎印、他の4点については●印を付すこと)1部[※注1]
(3)上記の主要研究業績につき、各400字程度の要旨
(4)上記の主要研究業績5点
注1:(1)(2)については、所定の様式を本学ホームページよりダウンロードし、記載要領に従って作成すること。
注2:選考の過程で、追加の提出物を求めることがある。
注3:「職歴」欄において、教歴に相当するものには担当科目を明記すること。
注4:「著書および学術論文目録」欄では、著者・執筆者全員の氏名、論文名、掲載誌名、発表年(西暦)、巻号、発表頁を明記すること(順序自由)。なお、学術論文については、『査読付』か『査読無』も明記すること。
注5:写真は貼付せず別データとすること。

11.応募手続き及び締切
(1)(1)~(4)の応募書類の全てを一つのPDFファイルにまとめ(ファイル名は「専任教員 福祉経済学 応募者名」とすること)、下記のフォームから応募すること(写真データの提出もフォームから行う)。提出後、本学部から受領確認メールを送信する。書類提出から、一週間経過しても受領確認メールが届かない場合は、下記13の問合せ先に連絡すること。
(2)2020年9月23日(水)17時受付終了
注1:フォームからの応募に際してはGoogleアカウントが必要である。
注2:1ファイルあたりのサイズは10GBを上限とする。ファイルのサイズが10GB以上になる場合には、適宜分割して複数のファイルにし、アップロードすること。分割する場合はファイル名に通し番号を付与し、順番が分かるようにすること。
注3:データ化が難しい資料(大部の単著など)については、封筒に「コミュニティ政策学科専任教員応募書類在中」と朱書きし、下記13の郵送物送付先に簡易書留で郵送すること。締切は9月23日(水)(消印有効)とする。
なお、提出された書類は返却しない。

12.選考方法
一次選考:書類選考
二次選考:一次選考を通過した者のみを対象として、面接を行う。また、当該応募者による模擬授業等を求める場合がある(なお旅費・滞在費等は応募者の自己負担)。
選考結果についてはメールにて通知する。

13.郵送物送付先・問合せ先
〒352-8558
埼玉県 新座市 北野 1-2-26
立教大学コミュニティ 福祉学部 学部事務室
E-mail:komifuku@rikkyo.ac.jp
電話:048-471-7208(開室時間 火・木 10:30~15:30)
なお、8月8日から8月19日は夏季一斉休業のため窓口は閉室。また、緊急事態宣言等の発令などにより窓口が閉室される場合もある。
※御記入いただいた個人情報は、採用審査のために利用され、その他の目的には利用しません。
専任教員(社会福祉学)の公募について(コミュニティ福祉学部福祉学科)2020.9.14締切
1.採用職種名
専任教員1名 教授または准教授

2.採用人員
1名

3.所属
立教大学コミュニティ福祉学部福祉学科
(立教大学 新座キャンパス)

4.専門分野
社会福祉学

5.担当予定科目
(1)「社会福祉の原理と政策(現代社会と福祉)」、「社会福祉調査の基礎」、「ソーシャルワーク実習」、「基礎演習」、「卒業研究指導演習」ほか。
(2)大学院科目、ソーシャルワーク研究、研究指導、全学共通科目、社会福祉入門演習等学部・学科で定める科目を担当することがある。
※カリキュラム改定により、科目名称等が変更になる場合がある。

6.応募資格
下記の項目すべてに該当すること
(1)当該分野で博士の学位を有する、あるいは同等の学識を有すること。
(2)厚生労働省による「実習指導教員」「演習指導教員」の有資格者であること。
(3)社会福祉問題の解決のための実践現場において、支援活動または調査研究にかかわった経験を有することが望ましい。

7.職務
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、その他コミュニティ福祉学部が定める業務。

8.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による。

9.着任予定日
2021年4月1日

10.提出書類
下記のすべてを用意すること。
(1)履歴書(教歴については、担当科目を含め詳細に記述すること)1部[※注1]
(2)研究業績目録(主要なもの5点のうち、最も重要なもの1点に◎印、他の4点については●印を付すこと)1部[※注1]
(3)上記の主要研究業績につき、各400字程度の要旨
(4)上記の主要研究業績5点
(5)社会福祉士実習・演習関係調書(A4用紙2枚):各1部[※注1]
注1:(1)(2)(5)については所定の様式及び記載要領があるので、本学ホームページよりダウンロードし、記載要領に従って作成すること
注2:選考の過程で、追加の提出物を求めることがある。
注3:何らかの社会的活動等を行っている場合は、その他の欄に記載すること
注4:「職歴」欄において、教歴に相当するものには担当科目を明記すること。
注5:「著書および学術論文目録」欄では、著者・執筆者全員の氏名、論文名、掲載誌名、発表年(西暦)、巻号、発表頁を明記すること(順序自由)。なお、学術論文については、『査読付』か『査読無』も明記すること。
注6:写真は貼付せず別データとすること。

11.応募手続き及び締切
(1)(1)~(5)の応募書類の全てを一つのPDFファイルにまとめ(ファイル名は「専任教員 社会福祉学 応募者名」とすること)、下記のフォームから応募すること(写真データの提出もフォームから行う)。提出後、本学部から受領確認メールを送信する。書類提出から、一週間経過しても受領確認メールが届かない場合は、下記13の問合せ先に連絡すること。
(2)2020年9月14日(月)17時受付終了
注1:フォームからの応募に際してはGoogleアカウントが必要。
注2:1ファイルあたりのサイズは10GBが上限。ファイルのサイズが10GB以上になる場合には、適宜分割して複数のファイルにし、アップロードすること。分割する場合はファイル名に通し番号を付与し、順番が分かるようにすること。
注3:データ化が難しい資料(大部の単著など)については、封筒に「福祉学科専任教員応募書類在中」と朱書きし、下記13の郵送物送付先に簡易書留で郵送すること。締切は9月14日(月)(消印有効)とする。なお、提出された書類は返却しない。

12.選考方法
一次選考:書類選考
二次選考:一次選考を通過した者のみを対象として、面接を行う。また、当該応募者による模擬授業等を求める場合がある。なお面接・模擬授業等はオンラインにて行う予定。
選考結果についてはメールにて通知する。

13.郵送物送付先・問合せ先
〒352-8558
埼玉県 新座市 北野 1-2-26
立教大学コミュニティ 福祉学部 学部事務室
E-mail:komifuku@rikkyo.ac.jp
電話:048-471-7208(開室時間 火・木 10:30~15:30)
なお、8月8日から8月19日は夏季一斉休業のため窓口は閉室。また、緊急事態宣言等の発令などにより窓口が閉室される場合もある。
※御記入いただいた個人情報は、採用審査のために利用され、その他の目的には利用しません。
助教B(社会福祉学領域)の公募について(コミュニティ福祉学部福祉学科)2020.9.14締切
1.採用職名
助教B

2.採用数
1名

3.所属
コミュニティ福祉学部福祉学科(新座キャンパス)

4.専門分野
社会福祉学領域

5.担当予定科目・担当業務
担当科目:「ソーシャルワーク実習」、「ソーシャルワーク実習指導」、「ソーシャルワーク演習1・2・3」、「基礎演習」、「福祉ワークショップ」、「社会福祉入門演習」、「卒業研究指導演習」、児童福祉領域に関連する講義科目
その他の科目を担当することがある
※カリキュラム改定により、科目名称等が変更になる場合がある
担当業務:福祉実習教育室の管理運営に関する業務(実習教育に関わる業務を含む)

6.応募資格
下記の項目すべてに該当すること
(1)博士の学位を有する者、あるいは同等の能力・業績があると認められる者
(2)社会福祉士資格を有する者
(3)社会福祉士養成課程で厚生労働省の示す「実習・演習担当教員の要件」を満たしている者(以下のいずれかに該当する者)
①着任時、社会福祉士資格取得後の指定施設における実務経験が5年以上ある者
②着任時、大学等において実習関連科目の教員経験が5年以上ある者
③着任時、社会福祉士実習および演習担当教員講習会を修了した者

7.職務
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、その他コミュニティ福祉学部が定める業務

8.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による

9.任用期間
2021年4月1日から1年。更新は4回まで可能(最長5年まで。更新に際しては教授会の承認が必要)

10.提出書類
下記のすべてを用意すること
(1)履歴書:1部[※注1・2]
(2)研究業績目録(主要なもの3点のうち、最も重要なもの1点に◎印、他の2点については●印を付すこと):1部[※注1]
(3)上記の主要研究業績につき、各400字程度の要旨(A4用紙1枚に収めること)
(4)上記の主要研究業績3点
(5)社会福祉士実習・演習関係調書(A4用紙2枚):各1部[※注1]
注1:(1)(2)(5)については所定の様式及び記載要領があるので、本学ホームページよりダウンロードし、記載要領に従って作成すること
注2:選考の過程で、追加の提出物を求めることがある
注3:「職歴」欄において、教歴に相当するものには担当科目を明記すること
注4:「著書および学術論文目録」欄では、著者・執筆者全員の氏名、論文名、掲載誌名、発表年(西暦)、巻号、発表頁を明記すること(順序自由)。なお、学術論文については、『査読付』か『査読無』も明記すること
注5:写真は貼付せず別データとすること

11.応募手続き及び締切
(1)(1)~(5)の応募書類の全てを一つのPDFファイルにまとめ(ファイル名は、「助教 社会福祉学 応募者名」)、下記のフォームから応募すること(写真データの提出もフォームから行う)。提出後、本学部から受領確認メールを送信する。書類提出から、一週間経過しても受領確認メールが届かない場合は、下記14.の問い合わせ先に連絡すること
(2)2020年9月14日(月)17時受付終了
注1:フォームからの応募に際しては、Googleアカウントが必要
注2:ファイルあたりのサイズは10GBが上限。ファイルサイズが10GB以上になる場合には、適宜分割して複数のファイルにし、アップロードすること。分割する場合はファイル名に通し番号を付与し、順番がわかるようにすること。
注3:データ化が難しい資料(大部の単著など)については、封筒に「助教B 社会福祉学応募書類在中」と朱書きし、下記13.の郵便物郵送先に簡易書留で郵送すること。なお、提出された書類は返却しない

12.選考方法
一次選考:書類選考
二次選考:一次選考を通過した者のみを対象として、面接を行う。また、当該応募者による模擬授業等を求める場合がある(なお旅費・滞在費等は応募者の自己負担。状況によりオンラインとすることもありうる)

13.郵便物郵送先
データ化が難しい資料(大部の単著など)がある場合は簡易書留で下記に郵送のこと
〒352-8558 新座市北野1-2-26
立教大学コミュニティ福祉学部事務室宛
※郵送の締切は、9月14日(月)(消印有効)とする

14.問合せ先
立教大学コミュニティ福祉学部 学部事務室
E-mail:komifuku@rikkyo.ac.jp
電話:048-471-7208(開室時間 火・木 10:30~15:30)
なお、8月8日から8月19日は夏季一斉休業のため窓口は閉室。また、緊急事態宣言等の発令などにより窓口が閉室される場合もある。
※なお、提出書類は本学規定に基づいて処理し、他の目的には使用いたしません
専任教員(「自己と関係」領域)の公募について(社会学部社会学科)2020.9.10締切
1.採用職名
教授または准教授

2.所属
立教大学社会学部社会学科(立教大学池袋キャンパス内)

3.授業担当予定
主な講義科目として「ジェンダーの社会学」を担当。学部共通科目(社会学原論等)、演習科目(基礎演習、専門演習1・2、卒業論文演習)、全学共通科目、大学院社会学研究科科目、その他 学部・学科で定める科目。

4.研究分野
「自己と関係」領域の研究、及び、経験的な研究の実績がある者。

5.採用数
1名

6.任用時期
2021年4月1日

7.職務
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、その他社会学部教授会の定めた業務

8.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による。

9.応募資格
1)当該分野で博士の学位を有するか、もしくはそれと同等の学識を有すること。
2)原則として、大学・短期大学において優れた教育実績があること。
3)当該分野で優れた研究業績を持ち、研究と教育を通じて本学の一層の発展に貢献できる人材であること。
4)本学の研究および教育活動の国際展開・交流に貢献できる人材であることが望ましい。
5)全学共通カリキュラム運営センター提供科目における専任教員担当ルール対象者とする。

10.応募期限
2020年9月10日(木)必着

11.提出書類
(1)履歴書:本学書式により作成すること。
※記載項目の行数は応募者において調整して差支えない。
※「職歴」欄において、教歴に相当するものには担当科目を明記すること。
※「著書および学術論文目録」欄では、著者・執筆者全員の氏名、論文名、掲載誌名、発表年(西暦)、巻号、発表頁を明記すること(順序自由)。なお、学術論文については、『査読誌』と『その他』に分割した上で、それぞれ「応募者が第1著者のもの」と「それ以外のもの」に分けて一覧とすること。記載順序は年号が新しいものからとする。さらに、主要な3点を選び、最も重要なもの1点に◎印、他の2点については○印を「著書名または学術論文題目」部分の最初に付すこと。
(2)上記「履歴書」の「著書および学術論文目録」欄に記載した主要研究業績3点につき、各400字程度の要旨(A4用紙1ページに収めること)
(3)上記の主要研究業績3点の現物(抜刷り・コピーでも可)
(4)主担当講義科目「ジェンダーの社会学」の半期15回分の授業計画案(A4用紙2ページに収めること)
(5)審査結果通知用の定型封筒(84円切手を貼付し宛名を書くこと)
※(1)(2)(4)の書類は、すべてA4判横書きとし、それぞれ別葉として各葉に氏名を記入すること。
※(1)から(4)の提出書類については、可能な限り電子ファイル(PDFまたはマイクロソフトWord形式)を電子媒体(CD-R、USBメモリまたはSDカード)に保存して、提出書類とともにその媒体も送付すること。
※選考の過程で、追加の提出物を求めることがある。
※提出書類は返却しない。
※提出書類に記載された個人情報は、採用審査のために利用され、その他の目的には利用しない。
※提出された電子媒体および電子ファイルは、採用審査終了後、責任を持って破棄する。

12.選考方法
提出書類に基づいて審査する。審査の過程で面接を行うことがある。

13.書類提出先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学社会学部専任教員採用人事委員会 宛 
※応募書類は封筒に「自己と関係領域に関する専任教員応募書類在中」と朱書した上、郵便書留で郵送すること。

14.問合せ先
E-mail:jinji_2020_gender@ml.rikkyo.ac.jp
専任教員(コミュニケーション学)の公募について(異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科)2020.9.10締切
1.職種、職位
教授または准教授1名(任期なしの常勤)

2.着任予定日
2021年4月1日

3.専門分野
コミュニケーション学

4.担当予定科目
異文化コミュニケーション学部および研究科専門科目(コミュニケーション研究領域関連科目、基礎演習、専門演習、研究指導、修士論文指導演習)、全学共通科目

5.業務内容
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、学部・研究科運営補助業務、学部長・学科長が指示するその他の業務

6.応募資格
(1)コミュニケーション学または関連分野において、博士号もしくはPh.D.学位を有していること。
(2)コミュニケーション学全般、特に文化が関わる対人場面や集団状況におけるコミュニケーション研究に関する深い見識を持っていること。
(3)大学における教育歴があること。
(4)日本語および英語で授業と論文指導ができること。
(5)大学院での指導ができること。
(6)全学のカリキュラム(総合科目)に貢献できること。

7.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規定による(本学の定年は65歳である)。

8.募集期間
2020年9月10日(木)(必着)

9.提出書類と提出先
(1)履歴書
*履歴書記載要領の指示に従い、立教大学指定の履歴書を必ず使用すること(履歴書記載要領および履歴書とも本ホームページからダウンロード可)。それ以外の書式の履歴書は受理しない。
*連絡先(電話番号とメールアドレス)を上記履歴書に必ず記入すること。
(2)研究業績表(履歴書記載要領の指示に従い、上記指定の履歴書の該当欄を使用すること)
(3)主要業績3編(日本語または英語の業績に限る)
(4)推薦人2名の氏名、所属先・肩書き、連絡先(電話番号とメールアドレス)を記載した文書

注1)
提出書類は日本語または英語で作成すること。指定書式の履歴書および書類作成のガイドは、以下からダウンロード可。
注2)
応募書類は全てPDFにして、下記アドレス宛にメールで送付すること。件名には「コミュニケーション学 専任教員応募」と書くこと。メール受信後、本学部から受領確認メールを送信する。書類提出から、一週間経過しても受領確認メールが届かない場合は、問い合わせること。

10.選考方法
書類選考を通過した者には2020年9月末までにメールで連絡をする。
2020年10月中に面接と英語による模擬授業を実施する。
*面接にかかる交通費は支給しません。また、面接と模擬授業はオンラインで実施する可能性
もあります。

11.問い合わせ先
立教大学教務部学部事務4課(異文化コミュニケーション学部担当)
E-mail:cic-recruit@rikkyo.ac.jp
専任教員(「環境とエコロジー」領域)の公募について(社会学部現代文化学科)2020.9.4締切
1.採用職名
教授または准教授

2.所属
立教大学社会学部現代文化学科(立教大学池袋キャンパス内)

3.授業担当予定
主な講義科目として「環境教育論」「環境と文化」「環境政策論」のいずれかを担当。演習科目(基礎演習、専門演習1・2、卒業論文演習)、全学共通科目、大学院社会学研究科科目、その他学部・学科で定める科目。学部共通科目(社会調査法など)も担当できることが望ましい。

4.研究分野
「環境とエコロジー」領域の研究

5.採用数
1名

6.任用時期
2021年4月1日

7.職務
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、その他社会学部教授会の定めた業務

8.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による。

9.応募資格
(1)当該分野で博士の学位を有するか、もしくはそれと同等の学識を有すること。
(2)原則として、大学・短期大学において優れた教育実績があること。
(3)「環境と社会」、Sustainable Development Goalsなどの研究の分野で、フィールド調査に基づく優れた研究業績を持ち、研究と教育を通じて本学の一層の発展に貢献できる人材であること。なお、海外の状況についても知識が豊富であることが望ましい。
(4)本学の研究および教育活動の国際展開・交流に貢献できる人材であることが望ましい。
(5)全学共通カリキュラム運営センター提供科目における専任教員担当ルール対象者とする。

10.応募期限
2020年9月4日(金)必着

11.提出書類
(1)履歴書:本学書式により作成すること。
※記載項目の行数は応募者において調整して差支えない。
※「職歴」欄において、教歴に相当するものには担当科目を明記すること。
※「著書および学術論文目録」欄では、著者・執筆者全員の氏名,論文名,掲載誌名,発表年(西暦),巻号,発表頁を明記すること(順序自由)。なお,学術論文については,『査読誌』と『その他』に分割した上で,それぞれ「応募者が第1著者のもの」と「それ以外のもの」に分けて一覧とすること。記載順序は年号が新しいものからとする。さらに、主要な3点を選び、最も重要なもの1点に◎印、他の2点については○印を「著書名または学術論文題目」部分の最初に付すこと。
(2)上記「履歴書」の「著書および学術論文目録」欄に記載した主要研究業績3点につき、各400字程度の要旨(A4用紙1ページに収めること)
(3)上記の主要研究業績3点の現物(抜刷り・コピーでも可)
(4)主担当講義科目(環境教育論・環境と文化・環境政策論)のいずれか1つについての半期15回分の授業計画案(A4用紙2ページに収めること)
(5)審査結果通知用の定型封筒(84円切手を貼付し宛名を書くこと)
※(1)(2)(4)の書類は、すべてA4判横書きとし、それぞれ別葉として各葉に氏名を記入すること。
※(1)から(4)の提出書類については、可能な限り電子ファイル(PDFまたはマイクロソフトWord形式)を電子媒体(CD-R、USBメモリまたはSDカード)に保存して、提出書類とともにその媒体も送付すること。
※選考の過程で、追加の提出物を求めることがある。
※提出書類は返却しない。
※提出書類に記載された個人情報は、採用審査のために利用され、その他の目的には利用しない。
※提出された電子媒体および電子ファイルは、採用審査終了後、責任を持って破棄する。

12.選考方法
提出書類に基づいて審査する。審査の過程で面接を行うことがある。

13.書類提出先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学社会学部専任教員採用人事委員会 宛

※応募書類は封筒に「環境とエコロジー領域に関する専任教員応募書類在中」と朱書した上、郵便書留で郵送すること。

14.問合せ先
E-mail:jinji_2020eco@ml.rikkyo.ac.jp
助教の公募について(理学部数学科)2020.8.31締切
1.公募対象
助教2名(任期1年、最大5年まで更新可)

2.研究分野
数学(分野は問わない)

3.応募資格
(1)着任時に博士の学位を有すること。
(2)学部および大学院における数学の講義・演習を日本語で担当できること。
(3)計算機に関連する講義・演習を日本語で担当できること。

4.提出書類
 以下の(1)~(8)の文書を1つのPDFファイルにまとめて、電子メールで、以下の8.に記載された新任人事担当のメールアドレスまで送ること。メールの件名は「理学部数学科助教応募書類」とし、ファイルサイズは20MB以下とすること。20MBより大きなサイズになる場合は、ファイルを適宜分割して複数のメールで送ること。
(1)履歴書および連絡先(電話番号・電子メールなど)
(2)研究業績のリスト(論文は査読あり・なしを分けること)
(3)科研費等外部資金獲得状況
(4)主要論文3編程度(受理済みのものに限る)の arXiv番号、またはPDFファイル
(5)今までの研究の概要と将来の研究計画(おのおのA4版1枚)
(6)これまでに担当した主な授業科目のリスト、研究指導歴(担当授業に関して、大学で実施している授業評価があれば、結果の資料を添付して下さい。)
(7)教育に関する抱負(A4版1枚)
(8)応募者の業績を評価できる方2名以上の氏名と連絡先

5.採用予定年月日
2021年4月1日

6.応募締切日
2020年8月31日(必着)

7.書類提出先
立教大学理学部数学科 新任人事担当 小森 靖
新任人事担当のメールアドレス math-jinji2020@rikkyo.ac.jp

8.問い合わせ先
立教大学学部事務3課(理学部):電話番号 03-3985-3302
ファックス番号 03-3985-4159
新任人事担当のメールアドレス math-jinji2020@rikkyo.ac.jp

9.諸注意
応募書類のメール送付後5日以内(土休日を除く)に受け取りの連絡がない場合は、上記アドレスまで再度ご連絡ください。こちらからの連絡は書類送付時のメールアドレス宛に送ります。書類選考の後、必要に応じて面接を行います。提出していただいた個人情報は、教員任用業務、連絡、手続きのためのものであり、他の目的に使用されることはありません。待遇、給与等は立教学院立教大学の規程によります。
助教の公募について(理学部物理学科)2020.8.31締切
1.採用職名:
助教

2.採用人員:
1名

3.所属:
立教大学理学部物理学科 宇宙地球系物理学研究室

4.専門分野:
主として高エネルギー宇宙物理学の分野で、飛翔体等による観測的研究

5.担当予定科目:
理学部専門科目

6.採用要件:
(1) 着任時に博士の学位を有すること
(2) 上記専門分野において、在籍するスタッフと協働して研究を進めることができる方
(3) 基本的な物理実験技術を教えることができ、コンピュータやプログラミング言語の知識を有する方

7.任用期間:
1年毎に更新、4回まで更新可

8.勤務条件:
待遇、給与等は立教学院立教大学の規程に基づきます。立教学院健康保険及び厚生年金保険に加入してもらいます。

9.着任予定日:
2021年4月1日

10. 提出書類:
(1) 履歴書(連絡先(電話、e-mailアドレス)を明記)
(2) 業績リスト(査読論文、その他に分割)
(3) 主要論文5編以内
(4) 競争的資金導入実績
(5) 研究に関する業績の概要(1500字程度)
(6) 今後の研究計画と教育に関する抱負(1500字程度)
(7) 照会可能な方2名の氏名・所属・連絡先(電話、E-mailアドレス等)

11.公募締切:
2020年8月31日(月)(必着)

12.応募先:
上記提出書類をhttp://s.rikkyo.ac.jp/physkoubo2021に提出。書類提出にはGoogle Accountが必要になります。

13.問い合わせ先:
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学理学部物理学科 山田真也
電話:03-3985-3256
E-mail:syamada@rikkyo.ac.jp

14.その他:
応募書類が提出されると自動返信メールを送りますので御確認ください。こちらからの連絡は書類提出時のメールアドレス宛に送ります。書類選考の後、必要に応じて面接を行います。提出していただいた個人情報は、教員任用業務、連絡、手続きのためのものであり、他の目的に使用されることはありません。
専任教員(理論物理学)の公募について(理学部物理学科)2020.8.31締切
1.職種、職位
教授または准教授1名

2.所属
立教大学理学部物理学科 理論物理学研究室

3.職務・専門分野
理論物理学(素粒子理論)の研究。物理学科専門科目、物理学専攻専門科目、理学部共通科目、全学共通科目の授業の担当。および、卒業研究、大学院生の研究指導。

4.着任予定日
2021年4月1日

5.任期
任期なし(定年は65歳)

6.応募資格
博士号取得者。研究教育に熱意を持ち、指導力を発揮できる研究者であること。また、学科、学部、大学の運営に積極的に参加する意思を持つ方。

7.提出書類
○履歴書(連絡先(電話、e-mailアドレス)を明記)
○業績リスト(査読論文、その他に分割)
○主要論文5編以内のarxiv番号またはpdfファイルのurl情報
○競争的資金導入実績
○研究に関する業績の概要と計画(2000字程度)
○教育に関する経験と抱負(2000字程度)
○照会可能な方2名の氏名・所属・連絡先(e-mailアドレス等)
8.締め切り
2020年8月31日(月)(必着)

9.書類提出先
①立教大学理学部物理学科長 平山 孝人宛、7.に記載の書類を一つのPDFファイルにまとめて、電子メールでitp-jinji2021@rikkyo.ac.jp、に送付のこと。メールの件名は「理学部物理教授准教授応募書類」とし、ファイルサイズは20MB以下のこと。これより大きなサイズになる場合は、ファイルを適宜分割して複数のメールで送ること。
②問い合わせ先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 立教大学理学部物理学科 中山優
電話:03-3985-2410
e-mail:yu.nakayama@rikkyo.ac.jp

10. 応募書類のメール送付後5日以内(土休日を除く)に受け取りの連絡がない場合は上記アドレスまで再度ご連絡ください。こちらからの連絡は書類送付時のメールアドレス宛に送ります。書類選考の後、必要に応じて面接を行います。提出していただいた個人情報は、教員任用業務、連絡、手続きのためのものであり、他の目的に使用されることはありません。待遇、給与等は立教学院立教大学の規程によります。