教員の採用立教大学 採用情報

大学の研究、教育、社会貢献を担う教員の応募要領を掲載しています。
専任教員(コミュニケーション学)の公募について(異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科)2020.9.10締切
1.職種、職位
教授または准教授1名(任期なしの常勤)

2.着任予定日
2021年4月1日

3.専門分野
コミュニケーション学

4.担当予定科目
異文化コミュニケーション学部および研究科専門科目(コミュニケーション研究領域関連科目、基礎演習、専門演習、研究指導、修士論文指導演習)、全学共通科目

5.業務内容
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、学部・研究科運営補助業務、学部長・学科長が指示するその他の業務

6.応募資格
(1)コミュニケーション学または関連分野において、博士号もしくはPh.D.学位を有していること。
(2)コミュニケーション学全般、特に文化が関わる対人場面や集団状況におけるコミュニケーション研究に関する深い見識を持っていること。
(3)大学における教育歴があること。
(4)日本語および英語で授業と論文指導ができること。
(5)大学院での指導ができること。
(6)全学のカリキュラム(総合科目)に貢献できること。

7.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規定による(本学の定年は65歳である)。

8.募集期間
2020年9月10日(木)(必着)

9.提出書類と提出先
(1)履歴書
*履歴書記載要領の指示に従い、立教大学指定の履歴書を必ず使用すること(履歴書記載要領および履歴書とも本ホームページからダウンロード可)。それ以外の書式の履歴書は受理しない。
*連絡先(電話番号とメールアドレス)を上記履歴書に必ず記入すること。
(2)研究業績表(履歴書記載要領の指示に従い、上記指定の履歴書の該当欄を使用すること)
(3)主要業績3編(日本語または英語の業績に限る)
(4)推薦人2名の氏名、所属先・肩書き、連絡先(電話番号とメールアドレス)を記載した文書

注1)
提出書類は日本語または英語で作成すること。指定書式の履歴書および書類作成のガイドは、以下からダウンロード可。
注2)
応募書類は全てPDFにして、下記アドレス宛にメールで送付すること。件名には「コミュニケーション学 専任教員応募」と書くこと。メール受信後、本学部から受領確認メールを送信する。書類提出から、一週間経過しても受領確認メールが届かない場合は、問い合わせること。

10.選考方法
書類選考を通過した者には2020年9月末までにメールで連絡をする。
2020年10月中に面接と英語による模擬授業を実施する。
*面接にかかる交通費は支給しません。また、面接と模擬授業はオンラインで実施する可能性
もあります。

11.問い合わせ先
立教大学教務部学部事務4課(異文化コミュニケーション学部担当)
E-mail:cic-recruit@rikkyo.ac.jp
専任教員(「環境とエコロジー」領域)の公募について(社会学部現代文化学科)2020.9.4締切
1.採用職名
教授または准教授

2.所属
立教大学社会学部現代文化学科(立教大学池袋キャンパス内)

3.授業担当予定
主な講義科目として「環境教育論」「環境と文化」「環境政策論」のいずれかを担当。演習科目(基礎演習、専門演習1・2、卒業論文演習)、全学共通科目、大学院社会学研究科科目、その他学部・学科で定める科目。学部共通科目(社会調査法など)も担当できることが望ましい。

4.研究分野
「環境とエコロジー」領域の研究

5.採用数
1名

6.任用時期
2021年4月1日

7.職務
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、その他社会学部教授会の定めた業務

8.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による。

9.応募資格
(1)当該分野で博士の学位を有するか、もしくはそれと同等の学識を有すること。
(2)原則として、大学・短期大学において優れた教育実績があること。
(3)「環境と社会」、Sustainable Development Goalsなどの研究の分野で、フィールド調査に基づく優れた研究業績を持ち、研究と教育を通じて本学の一層の発展に貢献できる人材であること。なお、海外の状況についても知識が豊富であることが望ましい。
(4)本学の研究および教育活動の国際展開・交流に貢献できる人材であることが望ましい。
(5)全学共通カリキュラム運営センター提供科目における専任教員担当ルール対象者とする。

10.応募期限
2020年9月4日(金)必着

11.提出書類
(1)履歴書:本学書式により作成すること。
※記載項目の行数は応募者において調整して差支えない。
※「職歴」欄において、教歴に相当するものには担当科目を明記すること。
※「著書および学術論文目録」欄では、著者・執筆者全員の氏名,論文名,掲載誌名,発表年(西暦),巻号,発表頁を明記すること(順序自由)。なお,学術論文については,『査読誌』と『その他』に分割した上で,それぞれ「応募者が第1著者のもの」と「それ以外のもの」に分けて一覧とすること。記載順序は年号が新しいものからとする。さらに、主要な3点を選び、最も重要なもの1点に◎印、他の2点については○印を「著書名または学術論文題目」部分の最初に付すこと。
(2)上記「履歴書」の「著書および学術論文目録」欄に記載した主要研究業績3点につき、各400字程度の要旨(A4用紙1ページに収めること)
(3)上記の主要研究業績3点の現物(抜刷り・コピーでも可)
(4)主担当講義科目(環境教育論・環境と文化・環境政策論)のいずれか1つについての半期15回分の授業計画案(A4用紙2ページに収めること)
(5)審査結果通知用の定型封筒(84円切手を貼付し宛名を書くこと)
※(1)(2)(4)の書類は、すべてA4判横書きとし、それぞれ別葉として各葉に氏名を記入すること。
※(1)から(4)の提出書類については、可能な限り電子ファイル(PDFまたはマイクロソフトWord形式)を電子媒体(CD-R、USBメモリまたはSDカード)に保存して、提出書類とともにその媒体も送付すること。
※選考の過程で、追加の提出物を求めることがある。
※提出書類は返却しない。
※提出書類に記載された個人情報は、採用審査のために利用され、その他の目的には利用しない。
※提出された電子媒体および電子ファイルは、採用審査終了後、責任を持って破棄する。

12.選考方法
提出書類に基づいて審査する。審査の過程で面接を行うことがある。

13.書類提出先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学社会学部専任教員採用人事委員会 宛

※応募書類は封筒に「環境とエコロジー領域に関する専任教員応募書類在中」と朱書した上、郵便書留で郵送すること。

14.問合せ先
E-mail:jinji_2020eco@ml.rikkyo.ac.jp
助教の公募について(理学部物理学科)2020.8.31締切
1.採用職名:
助教

2.採用人員:
1名

3.所属:
立教大学理学部物理学科 宇宙地球系物理学研究室

4.専門分野:
主として高エネルギー宇宙物理学の分野で、飛翔体等による観測的研究

5.担当予定科目:
理学部専門科目

6.採用要件:
(1) 着任時に博士の学位を有すること
(2) 上記専門分野において、在籍するスタッフと協働して研究を進めることができる方
(3) 基本的な物理実験技術を教えることができ、コンピュータやプログラミング言語の知識を有する方

7.任用期間:
1年毎に更新、4回まで更新可

8.勤務条件:
待遇、給与等は立教学院立教大学の規程に基づきます。立教学院健康保険及び厚生年金保険に加入してもらいます。

9.着任予定日:
2021年4月1日

10. 提出書類:
(1) 履歴書(連絡先(電話、e-mailアドレス)を明記)
(2) 業績リスト(査読論文、その他に分割)
(3) 主要論文5編以内
(4) 競争的資金導入実績
(5) 研究に関する業績の概要(1500字程度)
(6) 今後の研究計画と教育に関する抱負(1500字程度)
(7) 照会可能な方2名の氏名・所属・連絡先(電話、E-mailアドレス等)

11.公募締切:
2020年8月31日(月)(必着)

12.応募先:
上記提出書類をhttp://s.rikkyo.ac.jp/physkoubo2021に提出。書類提出にはGoogle Accountが必要になります。

13.問い合わせ先:
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学理学部物理学科 山田真也
電話:03-3985-3256
E-mail:syamada@rikkyo.ac.jp

14.その他:
応募書類が提出されると自動返信メールを送りますので御確認ください。こちらからの連絡は書類提出時のメールアドレス宛に送ります。書類選考の後、必要に応じて面接を行います。提出していただいた個人情報は、教員任用業務、連絡、手続きのためのものであり、他の目的に使用されることはありません。
専任教員(理論物理学)の公募について(理学部物理学科)2020.8.31締切
1.職種、職位
教授または准教授1名

2.所属
立教大学理学部物理学科 理論物理学研究室

3.職務・専門分野
理論物理学(素粒子理論)の研究。物理学科専門科目、物理学専攻専門科目、理学部共通科目、全学共通科目の授業の担当。および、卒業研究、大学院生の研究指導。

4.着任予定日
2021年4月1日

5.任期
任期なし(定年は65歳)

6.応募資格
博士号取得者。研究教育に熱意を持ち、指導力を発揮できる研究者であること。また、学科、学部、大学の運営に積極的に参加する意思を持つ方。

7.提出書類
○履歴書(連絡先(電話、e-mailアドレス)を明記)
○業績リスト(査読論文、その他に分割)
○主要論文5編以内のarxiv番号またはpdfファイルのurl情報
○競争的資金導入実績
○研究に関する業績の概要と計画(2000字程度)
○教育に関する経験と抱負(2000字程度)
○照会可能な方2名の氏名・所属・連絡先(e-mailアドレス等)
8.締め切り
2020年8月31日(月)(必着)

9.書類提出先
①立教大学理学部物理学科長 平山 孝人宛、7.に記載の書類を一つのPDFファイルにまとめて、電子メールでitp-jinji2021@rikkyo.ac.jp、に送付のこと。メールの件名は「理学部物理教授准教授応募書類」とし、ファイルサイズは20MB以下のこと。これより大きなサイズになる場合は、ファイルを適宜分割して複数のメールで送ること。
②問い合わせ先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 立教大学理学部物理学科 中山優
電話:03-3985-2410
e-mail:yu.nakayama@rikkyo.ac.jp

10. 応募書類のメール送付後5日以内(土休日を除く)に受け取りの連絡がない場合は上記アドレスまで再度ご連絡ください。こちらからの連絡は書類送付時のメールアドレス宛に送ります。書類選考の後、必要に応じて面接を行います。提出していただいた個人情報は、教員任用業務、連絡、手続きのためのものであり、他の目的に使用されることはありません。待遇、給与等は立教学院立教大学の規程によります。
特任教員B(M&Aの理論と実践分野)の公募について(大学院ビジネスデザイン研究科)2020.7.30締切
1.採用職名および採用数
特任教授または特任准教授 1名

2.所属
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科

3.職務
社会人大学院(ビジネススクール)における教育業務、研究業務、入学試験関連業務、その他ビジネスデザイン研究科委員長の指示する業務
※本研究科は社会人大学院であるため、平日夜間・土曜日に授業および研究指導を行う。

4.専門分野
M&Aの理論と実践

5.授業担当予定科目
企業論、ビジネスシミュレーション、修了研究(研究指導)

6.任用期間
2021年4月から1年、但し4回に限り更新し5年間勤務することが可能(更新回数の増加や任期なしへの変更はない)

7.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による。

8.応募資格
次のすべての事項を満たすこと。
(1)修士の学位を取得していること。
(2)事業会社またはコンサルティング企業等において、担当予定科目領域に関する豊富な実務経験を備え、当該専門分野における研究業績を有する者。
(3)研究科における教育、研究ならびに運営に積極的に関わる熱意と能力を有する者。
(4)社会人大学院生の直面する実践的な課題や現実的問題の解決に資するような教育、研究指導に取り組む熱意及び能力を有する者。

9.応募期限
2020年7月30日(木)必着

10.提出書類
(1)履歴書(様式自由、写真添付。所属学会、メールアドレスを記載のこと。教歴については担当科目を記し、内容が不明確な場合は、内容を示すこと。)[※]
(2)研究業績目録(様式自由、主要なもの3点のうち最重要なもの1点に◎印、他の2点については○印を付すこと。)[※]
(3)主要業績3点(コピー可。書籍の分担執筆の場合は担当部分をコピーのこと。修士論文は不可、博士論文は可。)
(4)主要業績3点の要約(各400字以内。ただし博士論文と単著書については2000字以内。)
(5)修了証明書(最終学歴のもの。)
(6)エッセイ「我が国の社会人教育における課題について」(2000字以内)
(7)授業計画書(授業科目『M&Aの理論と実践』(全15回)での各回の授業テーマ・概要を記したものを作成。)
(8)応募者について照会可能な方2名の連絡先
※(1)と(2)については立教大学所定の様式があるので、以下よりダウンロードして使用することも可とする。
その他注意事項:
①選考の過程で追加の提出物を求めることがある。
②提出書類は返却しない。

11.選考方法
一次選考:書類選考とする。
二次選考:一次選考を通過した者に対して面接を実施する。
※面接予定日:9月上旬から中旬を予定。一次選考通過者に後日、連絡する。

12.書類提出先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科委員長室気付
教員人事委員会 宛

※応募書類は郵送のみとし、封筒に「「M&A・PMI」担当教員応募書類在中」と朱書した上、配達記録の残る方法(簡易書留等)で送付すること。

13.問合せ先
E-mail:rbs@rikkyo.ac.jp

※ご提出いただいた個人情報は、採用審査のためのみに利用され、その他の目的には利用されません。
特任教員B(ヒューマン・リソース・マネジメント分野)の公募について(大学院ビジネスデザイン研究科)2020.7.30締切
1.採用職名および採用数
特任教授または特任准教授 1名

2.所属
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科
3.職務
社会人大学院(ビジネススクール)における教育業務、研究業務、入学試験関連業務、その他ビジネスデザイン研究科委員長の指示する業務
*本研究科は社会人大学院であるため、平日夜間・土曜日に授業および研究指導を行う。

4.専門分野
ヒューマン・リソース・マネジメント分野

5.授業担当予定科目
ヒューマン・リソース・マネジメント、キャリアデザイン、修了研究(研究指導)に関連する科目

6.任用期間
2021年4月から1年、但し4回に限り更新し5年間勤務することが可能(更新回数の増加や任期なしへの変更はない)

7.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による。

8.応募資格
次のすべての事項を満たすこと。
(1)修士の学位を取得していること。
(2)事業会社またはコンサルティング企業等において、担当予定科目領域に関する豊富な実務経験を備え、当該専門分野における研究業績を有する者。
(3)研究科における教育、研究ならびに運営に積極的に関わる熱意と能力を有する者。
(4)社会人大学院生の直面する実践的な課題や現実的問題の解決に資するような教育、研究指導に取り組む熱意及び能力を有する者。

9.応募期限
2020年7月30日(木)必着

10.提出書類
(1)履歴書(様式自由、写真添付。所属学会、メールアドレスを記載のこと。教歴については担当科目を記し、内容が不明確な場合は、内容を示すこと。)[※]
(2)研究業績目録(様式自由、主要なもの3点のうち最重要なもの1点に◎印、他の2点については○印を付すこと。)[※]
(3)主要業績3点(コピー可。書籍の分担執筆の場合は担当部分をコピーのこと。修士論文は不可、博士論文は可。)
(4)主要業績3点の要約(各400字以内。ただし博士論文と単著書については2000字以内。)
(5)卒業・修了証明書(最終学歴のもの。)
(6)エッセイ「我が国の社会人教育における課題について」(2000字以内)
(7)授業計画書(授業科目『ヒューマン・リソース・マネジメント』(全15回)での各回の授業テーマ・概要を記したものを作成。)
(8)応募者について照会可能な方2名の連絡先

※(1)と(2)については立教大学所定の様式があるので、以下よりダウンロードして使用することも可とする。
その他注意事項:
①選考の過程で追加の提出物を求めることがある。
②提出書類は返却しない。

11.選考方法
一次選考:書類選考とする。
二次選考:一次選考を通過した者に対する面接(場合によって模擬授業も行っていただくことがある)。
*面接予定日:9月上旬から中旬を予定。一次選考通過者に後日、連絡する。

12.書類提出先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科委員長室気付
教員人事委員会 宛

*応募書類は郵送のみとし、封筒に「HRM担当教員応募書類在中」と朱書した上、配達記録の残る方法(簡易書留等)で送付すること。

13.問合せ先
E-mail:rbs@rikkyo.ac.jp

※ご提出いただいた個人情報は、採用審査のためのみに利用され、その他の目的には利用されません。
専任教員(経営学分野)の公募について(大学院ビジネスデザイン研究科)2020.7.18締切
1.採用職名および採用数
教授または准教授 1名

2.所属
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科

3.職務
社会人大学院(ビジネススクール)における教育業務、研究業務、入学試験関連業務、その他ビジネスデザイン研究科委員長の指示する業務
*本研究科は社会人大学院であるため、平日夜間・土曜日に授業および研究指導を行う。

4.専門分野
経営学分野

5.授業担当予定科目
経営戦略論、グローバル戦略に関連する科目

6.任用期間
2021年4月から任期なし 65歳の年度の3月末をもって定年

7.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による。

8.応募資格
次のすべての事項を満たすこと。
(1)企業経営に関する豊富な実務経験を備え、大学院博士課程を修了またはそれと同等の学識や知見を有する者。
(2)担当予定科目領域に関する相当の教歴を持ち、研究科における教育、研究ならびに運営に積極的に関わる熱意と能力を有する者。
(3)社会人大学院生の直面する実践的な課題や現実的問題の解決に資するような教育、研究指導に取り組む熱意及び能力を有する者。

9.応募期限
2020年7月18日(土)必着

10.提出書類
(1)履歴書(様式自由、写真添付。所属学会、メールアドレスを記載のこと。教歴については担当科目を記し、内容が不明確な場合は、内容を示すこと。)[※]
(2)研究業績目録(様式自由、主要なもの3点のうち最重要なもの1点に◎印、他の2点については○印を付すこと。)[※]
(3)主要業績3点(コピー可。書籍の分担執筆の場合は担当部分をコピーのこと。修士論文は不可、博士論文は可。)
(4)主要業績3点の要約(各400字以内。ただし博士論文と単著書については2000字以内。)
(5)卒業・修了証明書(最終学歴のもの。)
(6)応募者について照会可能な方2名の連絡先

※(1)と(2)については立教大学所定の様式があるので、以下の様式を使用することも可とする。
その他注意事項:
①選考の過程で追加の提出物を求めることがある。
②提出書類は返却しない。

11.選考方法
一次選考:書類選考とする。
二次選考:一次選考を通過した者に対する面接(場合によって模擬授業も行っていただくことがある)。
*面接予定日:7月31日を予定。一次選考通過者に後日、連絡する。

12.書類提出先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科委員長室気付
教員人事委員会 宛

*応募書類は郵送のみとし、封筒に「戦略論担当教員応募書類在中」と朱書した上、配達記録の残る方法(簡易書留等)で送付すること。

13.問合せ先
E-mail:rbs@rikkyo.ac.jp
※ご提出いただいた個人情報は、採用審査のためのみに利用され、その他の目的には利用されません。
特任教員B(図画工作科教育)の公募について(文学部教育学科)2020.7.17締切
1.職種、職位
特任教員B 1名(教授または准教授)

2.着任予定日
2021年4月1日

3.専門分野
図画工作科教育

4.担当予定科目
図画工作科教育法、造形表現、初等教育実習指導など

5.職務
学部における授業科目・演習およびそれに関わる業務

6.勤務形態
常勤、任期1年。ただし4回に限り更新し最長5年間勤務することが可能。
契約の年度末において原則として70歳を超えないこと。

7.勤務地
立教大学池袋キャンパス 東京都豊島区西池袋3-34-1

8.応募資格
以下の①、②の要件をすべて満たす者。
①修士の学位を取得していること。または、専門分野における同等の研究業績、もしくは実務経験を有すること。
②小学校教員養成課程関連業務に積極的に従事する意欲をもち、小学校教員免許科目(上記4.を参照)を担当可能であること。

9.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学の規程による。詳細は面接時に伝達する。
                                    
10.提出書類と提出先
(1)履歴書(「職歴」のうち教歴については、主な担当科目名を記載すること)【注1】
(2)研究業績(履歴書の「著書および学術論文目録」欄に記入。創作活動の実績を含めてよい)【注1】
(3)主要研究業績5点以内の要旨(各800字程度)
上記(2)の研究業績のうち、主要なもの5点以内について、要旨を提出のこと。なお、小学校教諭免許状取得課程の「教科に関する専門的事項」(造形表現)ならびに「各教科の指導法」(図画工作科教育法)に関連する論文ないしは総説などを、少なくともそれぞれ1点ずつ含むこと。
(4)創作活動の実績など
上記(2)の研究業績に創作活動が含まれる場合、その実績などが分かる資料(電子ファイルに限る)があれば、添付してもよい。

【注1】上記(1)(2)については、立教大学所定の様式を使用のこと
【提出先】
応募書類はすべてPDFにして、下記アドレス宛にEメールへの添付で送付する。メール受信後、本学部から受領確認メールを送信する。書類提出から、一週間経過しても受領確認メールが届かない場合は、問い合わせること。

教育学科特任人事検討委員会 kyouikukobo2020@rikkyo.ac.jp

11.応募締切日時
2020年7月17日 23時59分

12.選考方法
提出書類に基づいて審査する。審査の過程で面接(状況によってはオンライン面接)を行う場合がある。なお、選考の結果は、選考終了後本人宛に文書で通知する。

13.問い合わせ先
教育学科特任人事検討委員会 kyouikukobo2020@rikkyo.ac.jp
(問い合わせはEメールに限る)

14.その他
応募に際し提出いただいた個人情報は、本学の規定に従って適切に管理し、採用選考の目的以外には使用いたしません。
専任教員(映像身体学(映画論))の公募について(現代心理学部映像身体学科)2020.7.3締切
1.採用職位および人員
専任教員 1名(教授または准教授)

2.専門分野
映像身体学(映画論)

3.担当予定科目
入門演習、基礎演習、専門演習、卒業論文・卒業制作指導演習、卒業論文・卒業制作、映像身体学特殊研究、映像身体学特殊演習、修士論文指導演習、修士論文、その他

4.職務
①大学運営にかかわる業務
②大学院及び学部における授業科目、研究指導及びそれにかかわる業務
③入学試験にかかわる業務
④その他の業務

5.勤務場所
立教大学新座キャンパス 埼玉県新座市北野1-2-26

6.着任時期
2021年4月1日

7.勤務形態
常勤、任期なし

8.応募資格
以下の要件をすべて満たす者。
(1)映像身体学に寄与しうる映画論に関する研究業績を有する者であること。
(2)映像身体学に寄与しうる映画論に関する教育を理論的見地から十分に担える者であること。
(3)上記の分野に関して博士の学位を有するか、またはそれと同等以上の業績を有する者であること。
(4) 全カリセンター提供科目における専任担当ルール対象者とする。

9.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学の規程による。

10.応募期限
2020年7月3日(金)必着

11.応募書類
応募書類をデータ形式で用意し、メール添付で応募してください。

(1)履歴書:
本学書式により作成し、Wordデータで提出すること。記載項目の行数は応募者において調整して差支えない。「職歴」欄については教歴に相当するものには担当科目を明記すること。「著書および学術論文目録」欄については「履歴書記載要領」に従い、新しいものから順に発表年次を過去に遡って記入すること。なお、押印した履歴書原本は採用予定者にのみ郵送を依頼するため、応募時点での押印・郵送は不要。
(2)写真:
履歴書に添付する写真のデータ。スキャン等、任意の方法でデータ化すること。なお、写真の現物は採用予定者にのみ履歴書と合わせて郵送を依頼するため、現物1枚を保管しておくこと。

(3)学部及び大学院での教育と学内業務(校務)についての実績と抱負:
Word等で自由書式により1000字から2000字で作成のうえ、PDFデータに変換すること。

(4)主要業績(論文・著書):
3編(抜刷り可)。その他、研究活動に関する記録・資料(1~2点)の添付も認める。スキャン等、任意の方法でデータ化すること。

(5)上記主要業績の日本語による要約:
書式自由、各400字以内。Word等で作成のうえ、PDFデータに変換すること。

(6)推薦状:
2通(2名から各1通)、様式自由、推薦者の自署・押印は不要。ただし、推薦者の連絡先を明記のこと(選考の過程で、推薦者に連絡をとる場合があります)。スキャン等、任意の方法でデータ化すること。


12.書類送付先
ccp[at]rikkyo.ac.jp
※[at]を@に変換し、応募書類をメール添付で送信してください。
※メールの題名は「映像身体学科専任教員応募(自身の氏名)」としてください。本文は任意で結構です。
※締切日までに受信したメールを有効とします。サーバー混雑によるメールの遅配など、個別の事情には応じられませんので余裕を持った応募をお願いします。
※メール受信後、2営業日以内に応募受付について返信します。返信がない場合はお手数ですが上記メールアドレスまでご連絡ください。
※提出された個人情報は任用にあたっての審査、連絡及び手続きのためのものであり、他の目的に使用することは一切ありません。
※どうしてもデータ化できない資料については、下記の問合先メールアドレス宛に相談のうえ、下記住所宛に簡易書留で郵送してください。その際、封筒に「映像身体学科専任教員応募書類在中」と朱書きしてください。郵送についても締切日必着となります。提出された書類は返却いたしません。
〒352-8558 新座市北野1-2-26
立教大学現代心理学部事務室 宛

13.選考内容
書類審査の上、面接等を実施します。
なお、面接等に係る交通費等の経費は応募者の自己負担とします。
※選考結果は書面にて通知します。また、選考結果の通知は11月上旬を予定しています。通知時期が変更となる場合には立教大学現代心理学部HP(http://cp.rikkyo.ac.jp/)にてお知らせします。

14.問合せ先
立教大学現代心理学部事務室
Eメール ccp[at]rikkyo.ac.jp
※[at]を@に修正して送信してください
電話 048-471-7149
※一部在宅勤務体制継続のためお電話が通じない場合がありますので、その際はEメールにてご連絡ください。
専任教員(翻訳通訳学)の公募について(異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科)2020.06.22締切
1.職種、職位
教授または准教授1名

2.着任予定日
2021年4月1日

3.専門分野
翻訳通訳学

4.担当予定科目
異文化コミュニケーション学部および研究科専門科目(翻訳・通訳関連科目、基礎演習、専門演習、研究指導、修士論文指導演習)、全学共通科目

5.業務内容
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、学部・研究科運営補助業務、学部長・学科長が指示するその他の業務

6.応募資格
(1)翻訳通訳学または関連分野において博士号またはPh.D.学位を有していること。
(2)翻訳通訳学、特に翻訳理論、翻訳テクノロジー領域を含む翻訳研究全般に深い見識を持ち、翻訳者としての実務経験を有すること。
(3)大学における教育歴があること。
(4)日本語および英語で授業と論文指導ができること。
(5)大学院での指導ができること。
(6)全学のカリキュラム(総合科目)に貢献できること。

7.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規定による(本学の定年は65歳である)。

8.募集期間
2020年6月22日(月)必着

9.提出書類と提出先
(1)履歴書
*履歴書記載要領の指示に従い、立教大学指定の履歴書を必ず使用すること(履歴書記載要領および履歴書とも本ホームページからダウンロード可)。それ以外の書式の履歴書は受理しない。
※連絡先(電話番号とEメールアドレス)を上記履歴書に必ず記入のこと。
(2)研究業績表(履歴書記載要領の指示に従い、上記指定の履歴書の該当欄使用)
(3)主要業績3点(日本語または英語の業績に限る、抜刷りまたはコピーでも可)
(4)推薦状1通(推薦者の連絡先を含むこと)

注1)必要書類(推薦状を含む)は日本語または英語で作成すること。推薦状の執筆言語は日本語または英語とする。指定書式の履歴書および書類作成のガイドは、以下からダウンロード可。
注2)応募書類は全てPDFにして、下記アドレス宛にメールで送付する。件名には「翻訳通訳学 専任教員応募」と書くこと。推薦状は推薦者から直接下記アドレス宛にメールで送付する(件名には「翻訳通訳学 専任教員推薦状」と明記すること)。
メール受信後、本学部から受領確認メールを送信する。書類提出から、一週間経過しても受領確認メールが届かない場合は、問い合わせること。

10.選考方法
書類選考を通過した者には2020年7月3日(金)までにメールで連絡をする。
2020年7月末までに面接審査を実施する。
※面接にかかる交通費は支給しません。

11.問合せ先
立教大学教務部学部事務4課(異文化コミュニケーション学部担当)
E-mail:ibunkagakubu@rikkyo.ac.jp
日本語教育センター教育講師の公募について(常勤)2020.6.18締切
1.職種
教育講師

2.募集人員
2名

3.所属
日本語教育センター

4.採用予定日
2020年9月1日予定

5.勤務形態
常勤。契約は1年ごとに更新、最高4回更新可(最長5年の勤務可)

6.業務内容
(1)週4日勤務
(2)1学期につき最大10コマ担当(日本語相談室、オフィスアワーを含む)
(3)日本語教育センター開設科目の担当
(4)学生及び研究者の言語学習と履修に関する指導、カリキュラム・教材作成、試験監督、FDなど

7.勤務地
授業:池袋キャンパスおよび新座キャンパス
研究室:池袋キャンパス

8.応募資格
(1)外国語としての日本語教育に関連する専門分野において修士号を有する者。もしくは他の分野で同等以上の資格を有すること。
(2)大学等の高等教育機関において日本語教育の経験を有すること。
(3)職務遂行に必要な優れた教育能力、実務および調整能力を有すること。
(4)職務遂行に必要な日本語および英語の優れた能力を有し、外国語としての日本語教育に意欲と見識を持つこと。

9.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は立教大学の規程による。(年俸制)

10.提出書類
(1)本学書式による履歴書(写真貼付)  1通
(2)本学書式による教育研究等業績    1通
(3)最終学歴を証明する書類(博士学位取得見込みの場合は指導教員による見込みを証明する書類を含む)1通
(4)主要論文3編の別刷またはコピー  各1部
(5)応募動機及び抱負(日本語で1600字程度)  1通
(6)推薦書(厳封のこと)  1通
(推薦書には推薦者のメールアドレス・電話番号などの連絡先が記載されていること)
11.選考方法
書類選考後、模擬授業および面接を実施する。面接対象者にはEメール等で個別に連絡する。
(面接は6月29日(月)、30日(火)、または7月2日(木)に池袋キャンパスで実施予定)面接のための旅費および宿泊費等は応募者の負担とする。

12.応募方法
(1)応募期限
2020年6月18日(木)必着
(2)書類提出先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 立教大学日本語教育センター
※応募書類の封筒の表に「教育講師応募書類在中」と朱書きの上、簡易書留または配達の記録が残る方法で送付すること。
※提出書類は返却しませんので、予めご了承ください。
(3)問い合わせ先 
立教大学日本語教育センター
E-mail:rikkyo-nihongo@rikkyo.ac.jp


13.その他
提出書類は返却しません。採用に至らなかった方の提出書類は、選考後速やかに当方の責任にて適切な方法により廃棄します。
提出書類により取得した個人情報は、本件採用選考および採用後の人事労務管理、連絡、手続きに必要な範囲で利用し、他の目的で使用しません。
特任教員B(臨床心理学)の公募について(現代心理学部心理学科)2020.4.30締切
1.採用職位および人員
特任教員B 1名(教授または准教授)

2.専門分野
臨床心理学

3.担当予定科目
心理学演習、卒業論文指導演習、公認心理師受験資格要件実習科目(心理実習、心理実践実習) 等

4.職務
①大学院または学部における授業科目、研究指導及びそれにかかわる業務
②大学院または学部における公認心理師受験資格要件科目の実習指導(事前事後指導を含む)
③入学試験にかかわる業務
④その他の業務

5.勤務場所
立教大学新座キャンパス 埼玉県新座市北野1-2-26

6.着任時期
2020年9月1日

7.勤務形態
常勤、任期1年。ただし4回に限り更新し最長5年間勤務することが可能。

8.応募資格
以下の(1)~(6)の要件をすべて満たす者。
(1) 臨床心理学を主たる研究領域とし、十分な研究業績および実績を有すること。
(2) 日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士の資格を有すること。
(3) 臨床心理実践を5年以上経験していること。
(4) 臨床心理学領域に関して博士の学位を有するか、またはそれと同等以上の業績を有すること。
(5) 応募時点において公認心理師の資格を有すること。
(6) 大学(大学院および短期大学を含む)の教授、准教授、講師または助教として、あるいは専修学校の専門課程の専任教員として、心理学分野の教育に関わる実習または演習の教授に関し、着任時において3年以上の経験を有すること。

9.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学の規程による。詳細は面接時に伝達する。

10.応募期限
2020年4月30日必着

11.応募書類
応募書類
(1)履歴書:本学書式あるいは書式自由により作成すること。
本学書式にて作成する場合、記載項目の行数は、応募者において調整して差支えない。「職歴」欄について、教歴に相当するものには、担当科目を明記するとともに、担当期間が分かるようにすること。「著書および学術論文目録」欄については、著者・執筆者全員の氏名、論文名、掲載誌名、発表年(西暦)、巻号、発表頁を明記すること(順序自由)。採録決定済みのものついても、判明している情報を明記した上で記載してよい。なお、学術論文については、『査読誌』と『その他』に分割した上で、それぞれ「応募者が第1著者のもの」と「それ以外のもの」に分けて一覧とすること。記載順序は年号が新しいものからとする。応募時には写真の添付、押印は不要とする。ただし、一定以上の選考段階において、写真添付、押印済みの履歴書の提出を依頼する。
本学書式以外で作成する場合、本学書式において記載されている事項を全て記すこと。また上記の、本学書式における記載要領に則り作成すること。なお、一定以上の選考段階において、本学書式の履歴書および写真の提出が改めて必要となる。本学書式以外で作成する場合、本学書式において記載されている事項を全て記すこと。また上記の、本学書式における記載要領に則り作成すること。なお、一定以上の選考段階において、本学書式の履歴書の提出が改めて必要となる。
(2)臨床経験:個人療法終結事例3例。自由書式により作成すること。3例の個人療法の終結事例について、それぞれ100字以内で概要を書くこと(クライエントの性別、年齢、主訴、見立て、治療期間)。さらに、そのうちの一例について、1000字から2000字で事例の報告をすること。
(3)スーパービジョン経験:自由書式により作成すること。スーパーバイザーまたはスーパービジョン・グループの責任者の名前とそれぞれの訓練期間を書くこと。
(4)学部および大学院教育についての抱負:自由書式により1000字から2000字で作成すること。
(5)主要論文:3編以内の別刷り(抜刷り又はコピー可)。査読付き論文で筆頭著者または単著のものが望ましい。
(6)上記主要論文の要約:書式自由、各400字以内。
12.応募方法
下記URLよりJREC-IN Portalの当該募集ページにアクセスし、2020年4月30日までにJREC-IN Portalの「Web応募」を使用して応募してください。
※JREC-IN Portalの「Web応募」で添付できるファイル数は1つまでとなります。上記応募書類を1つのPDFファイルにまとめる、またはZIPファイルにまとめるなどして添付してください。

※JREC-IN Portalへのユーザー登録が必要となります。ユーザー登録については下記URLをご参照ください。
※JREC-IN Portalの「Web応募」の利用方法は下記URLをご確認ください。
※電子データ化出来ない応募書類がある場合、JREC-IN Portalの「Web応募」の提出データに別送書類がある旨を明記いただき、封筒に「心理学科特任教員B応募書類在中」と朱書きのうえ、簡易書留にて以下の宛先まで郵送ください(2020年4月30日必着)。
〒352-8558 新座市北野1-2-26
立教大学現代心理学部事務室 宛

※提出された書類は返却いたしません。

※提出された個人情報は任用にあたっての審査、連絡及び手続きのためのものであり、他の目的に使用することは一切ありません。


13.選考内容
書類審査の上、面接等を実施します。なお、面接等に係る交通費等の経費は応募者の自己負担とします。
※選考結果は履歴書に記載された住所に宛てて書面にて通知します。また、選考結果の通知は2020年7月末を予定しています。通知時期が変更となる場合には「応募者連絡先メールアドレス」宛てにメールにてお知らせします。

14.問合せ先
立教大学現代心理学部事務室
Eメール ccp@rikkyo.ac.jp
電話 048-471-7149