教員の採用立教大学 採用情報

大学の研究、教育、社会貢献を担う教員の応募要領を掲載しています。
専任教員の公募について(コミュニティ福祉学部/地域社会学)2019.9.20締切
1.採用職名
教授または准教授(専任教員)

2.所属
コミュニティ福祉学部コミュニティ政策学科(新座キャンパス)

3.専門分野
地域社会学

4.担当予定科目
講義科目:「現代コミュニティ論」、「まちづくり論」など。
演習科目:「基礎演習」、「フィールドスタディ」、「コミュニティスタディ」、「卒業研究」、「卒業研究指導演習」など。
大学院科目:「コミュニティ政策研究」、「研究指導」など。
その他:その他、全学共通科目(講義科目)を担当することがある。
※ カリキュラム変更に伴い、科目名称等が変更されることがある。

5.採用人数
1名

6.応募要件
下記の項目すべてに該当すること。
(1) 当該分野で博士の学位を有するか、あるいはそれと同等の能力を有する者。
(2) 地域社会学に関する研究業績があり、上記4.に記した科目の担当ができる者。
(3) 原則として、大学・短期大学等において優れた教育実績があること。
(4) 当該分野で優れた研究実績を持ち、研究と教育を通じた本学の一層の発展に貢献できること。
※ なお、年齢は問わない。本学の定年は満65歳である。

7.職務
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、その他コミュニティ福祉学部が定める業務。

8.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等、本学の規定による。

9.着任予定日
2020年4月1日

10.提出書類
下記のすべてを用意すること。
(1) 履歴書(教歴については、担当科目を含め詳細に記述すること)1部 [※注1]
(2) 研究業績目録(主要なもの5点のうち、最も重要なもの1点に◎印、他の4点については●印を付すこと)1部 [※注1]
(3) 上記の主要研究業績につき、各400字程度の要旨
(4) 上記の主要研究業績5点の現物(抜刷り・コピー可。CD等の電子媒体不可)
(5) 審査結果通知用の定型封筒(84円切手を貼付し宛名を書くこと)
注1:(1)(2)については、所定の様式を本学ホームページよりダウンロードし、記載要領に従って作成すること。
注2:選考の過程で、追加の提出物を求めることがある。
注3:提出書類は原則として返却しない。

11.応募手続き及び締切
(1) 応募書類の郵送は郵便書留とし、封筒に『「地域社会学」教員応募書類在中』と朱書きすること。
(2) 応募書類は、9月20日(金)必着

12.選考方法
一次選考 書類選考
二次選考 一次選考を通過した者のみを対象として、面接を行う。また、当該応募者による模擬授業等を求める場合がある(なお、旅費・滞在費等は応募者の自己負担)。

13.応募書類送付先・問合せ先
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
TEL:048-471-7208
立教大学コミュニティ福祉学部 学部事務室

※ ご記入いただいた個人情報は、採用審査のために利用され、その他の目的には利用しません。
専任教員の公募について(コミュニティ福祉学部/国際福祉論(社会福祉学領域))2019.9.20締切
1.採用職名
教授または准教授

2.所属
コミュニティ福祉学部コミュニティ政策学科(新座キャンパス)

3.専門分野
国際福祉論(社会福祉学領域)

4.担当予定科目
講義科目:「福祉社会論」、「エスニシティ論」など。
演習科目:「基礎演習」、「フィールドスタディ」、「コミュニティスタディ」、「卒業研究」、「卒業研究指導演習」など。
大学院科目:「コミュニティ政策研究」、「研究指導」など。
その他:全学共通科目など、学部・学科で定める科目を担当することがある。
※ カリキュラム変更に伴い、科目名称などが変更されることがある。

5.採用数
1名

6.任用時期
2020年4月1日(本学の定年は65歳である)

7.応募要件
下記の項目すべてに該当すること
(1) 当該分野で博士の学位を有するか、あるいはそれと同等の能力を有する者。
(2) 国際福祉論に関する研究業績があり、上記4に記した科目の担当ができる者。
(3) 原則として、大学・短期大学等において優れた教育実績があること。
(4) 大学院博士後期課程の研究指導を担当できること。
(5) 当該分野で優れた研究実績を持ち、研究と教育を通じた本学の一層の発展に貢献できること。
(6) 英語で講義できる能力を有することが望ましい。
※ なお、年齢は問わない。

8.職務
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、その他コミュニティ福祉学部が定める業務

9.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による。

10.応募期限
2019年9月20日(金)必着

11.提出書類
下記のすべてを用意すること
(1) 履歴書(所属学会、メールアドレスなどを記載のこと。教歴については、担当科目を含め詳細に記述すること) 1部 [※注1]
(2) 研究業績目録(主要なもの5点のうち、最も重要なもの1点に◎印、他の4点については●印を付すこと) 1部 [※注1]
(3) 上記の主要研究業績につき、各400字程度の要旨
(4) 上記の主要研究業績5点の現物(抜刷り・コピー可。CD等の電子媒体不可)
(5) 審査結果通知用の定型封筒(84円切手を貼付し宛名を書くこと)
注1:(1)(2)については、所定の様式を本学ホームページよりダウンロードし、記載要領に従って作成すること。
注2:選考の過程で、追加の提出物を求めることがある。
注3:提出書類は原則として返却しない。

12.選考方法
一次選考 書類選考
二次選考 一次選考を通過した者のみを対象として、面接を行う。
また、シラバス作成や当該応募者による模擬授業等を求める場合がある。なお、面接に要する旅費・滞在費等は応募者の負担とする。

13.書類提出先
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
立教大学コミュニティ福祉学部事務室
※応募書類は、封筒に「『福祉社会論』、『エスニシティ論』専任教員応募書類在中」と朱書きした上、郵便書留で郵送すること

14.問合せ先
立教大学コミュニティ福祉学部事務室
TEL:048-471-7208
※ご記入いただいた個人情報は、採用審査のために利用され、その他の目的には利用しません。
特任教授または特任准教授の公募について(ビジネスデザイン研究科)2019.8.30締切
1.募集人員および職種
特任教授または特任准教授 1名

2.任用期間
2020年4月から1年、但し4回に限り更新し5年間勤務することが可能(更新回数の増加や任期なしへの変更はない)

3.所属
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科

4.勤務地
立教大学池袋キャンパス

5.着任時期
2020年4月1日

6.専門分野
経営学分野

7.職務
社会人大学院(ビジネススクール)における教育業務、研究業務、入学試験関連業務、その他ビジネスデザイン研究科委員長の指示する業務
※本研究科は社会人大学院であるため、平日夜間・土曜日に授業および研究指導を行う。

8. 授業担当予定科目
パブリックリレーションズ、IRに関連する科目

9.応募資格
次のすべての事項を満たすこと。
(1)企業経営に関する豊富な実務経験を備え、大学院博士課程を修了またはそれと同等の学識や知見を有する者。
(2)研究科における教育、研究ならびに運営に積極的に関わる熱意と能力を有する者。担当予定科目領域に関する教歴を持つことが望ましい。
(3) 社会人大学院生の直面する実践的な課題や現実的問題の解決に資するような教育、研究指導に取り組む熱意及び能力を有する者。

10.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による

11.提出書類
(1)履歴書(様式自由、写真添付。所属学会、メールアドレスを記載のこと。教歴については担当科目を記し、内容が不明確な場合は、内容を示すこと。)[※]
(2)研究業績目録(様式自由、主要なもの3点のうち最重要なもの1点に◎印、他の2点については○印を付すこと。)[※]
(3)主要業績3点(コピー可。書籍の分担執筆の場合は担当部分をコピーのこと。修士論文は不可、博士論文は可。)
(4)主要業績3点の要約(各400字以内。ただし博士論文と単著書については2000字以内。)
(5)成績証明書(最終学歴のもの。)
(6)エッセイ「我が国の社会人教育における課題について」(2000字以内)
(7)審査結果通知用の定形封筒(82円切手を貼付し宛名記入のこと。)
(8)応募者について照会可能な方2名の連絡先
※(1)と(2)については立教大学所定の様式があるので、以下よりダウンロードして使用することも可とする。
その他注意事項:
① 選考の過程で追加の提出物を求めることがある。
② 提出書類は返却しない。

12. 選考方法
一次選考:書類選考とする。
二次選考:一次選考を通過した者に対する面接(場合によって模擬授業も行っていただくことがある)。
※面接予定日:9月下旬を予定。一次選考通過者に後日、連絡する。

13.応募期限
2019年8月30日(金)必着

14.応募書類送付先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科委員長室気付
教員人事委員会 宛

※応募書類は郵送のみとし、封筒に「パブリックリレーションズ担当教員応募書類在中」と朱書した上、配達記録の残る方法(簡易書留等)で送付すること。

14. 問合せ先
E-mail:rbs@rikkyo.ac.jp

※ご提出いただいた個人情報は、採用審査のためのみに利用され、その他の目的には利用されません。
専任教員の公募について(学校・社会教育講座 学芸員課程)2019.9.10締切
1.募集人員および職種
1名、特任教員B(教授または准教授)

2.勤務形態
常勤、任期1年。ただし4回に限り更新可能。

3.所属
立教大学 学校・社会教育講座 学芸員課程

4.勤務地
立教大学池袋キャンパス

5.着任時期
2020年4月1日

6.研究分野
博物館学、博物館教育論

7.業務内容
担当予定科目は、博物館教育論A,B、博物館資料論A,B、博物館論演習等(以上、学芸員課程科目)
地域社会研究方法論等(以上、大学院科目)など
担当業務は、学芸員課程・大学院における授業科目、学生指導およびそれらに関わる業務、入学試験に関わる業務、その他の業務

8.応募資格
(1) 博物館学に関わる優れた研究業績・実績を有する方
(2) 博物館教育に関する知識・経験を有する方
(3) 学芸員課程の実習における教育・指導の知識・経験を有する方
(4) 博士の学位を有するか、もしくはこれと同等の研究業績・学識を有する方
(5) 学芸員課程および全学の教学プログラムを担うことができる方

9.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による

10.応募書類
(1) 履歴書(使用言語は英語または日本語)
(2) 研究業績目録

※履歴書、研究業績目録については、立教大学所定の様式を使用のこと。
【日本語版】
(3) 主要研究業績3点(抜き刷り、該当箇所コピーなど)

※選考の過程で、追加の提出物を求めることがある。提出書類は返却しない。

11.提出期限
2019年9月10日(火曜日)必着

12.選考内容
提出書類に基づいて審査する。審査の過程で面接を行うことがある。面接のための旅費は本学規程により支給される。

13.応募書類送付先/問い合わせ先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1  立教大学 2号館 学校・社会教育講座事務室
(封筒には「教員応募書類(学芸員課程)在中」と朱書きし、簡易書留で郵送して下さい。メールでの問い合せは、z3000289@rikkyo.ac.jpまで。なお、8/13-8/21までは大学が一斉休暇のため、応対できません。)

※提出された個人情報は教員任用業務、連絡、手続きのためのものであり、その他の目的に使用することはありません。

(2019.7.19掲載)
専任教員の公募について(社会学部メディア社会学科) 2019.9.18締切
1.採用職名
教授または准教授

2.所属
立教大学社会学部メディア社会学科(立教大学池袋キャンパス内)

3.授業担当予定
主担当講義として、「Webスタディーズ」を担当。学部共通科目(社会調査法)、演習科目(基礎演習、専門演習1・2、卒業論文演習)、全学共通科目、大学院社会学研究科科目、その他学部・学科で定める科目。

4.研究分野
「社会システムとテクノロジー」領域の研究に実績がある者

5.採用数
1名

6.任用時期
2020年4月1日

7.職務
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、その他社会学部教授会の定めた業務

8.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による。

9.応募資格
(1)当該分野で博士の学位を有するか、もしくはそれと同等の学識を有すること。
(2)原則として、大学・短期大学において優れた教育実績があること。
(3)メディア研究・インターネット研究の分野で優れた研究業績を持ち、研究と教育を通じて本学の一層の発展に貢献できる人材であること。なお、計算社会科学(データサイエンス)的アプローチにも積極的な人材であることが望ましい。
(4)本学の研究および教育活動の国際展開・交流に貢献できる人材であることが望ましい。

10.応募期限
2019年9月18日(水)必着

11.提出書類
(1)履歴書:本学書式により作成すること。
※ 記載項目の行数は応募者において調整して差支えない。
※ 「職歴」欄において、教歴に相当するものには担当科目を明記すること。
※ 「著書および学術論文目録」欄では、著者・執筆者全員の氏名、論文名、掲載誌名、発表年(西暦)、巻号、発表頁を明記すること(順序自由)。なお、学術論文については、『査読誌』と『その他』に分割した上で、それぞれ「応募者が第1著者のもの」と「それ以外のもの」に分けて一覧とすること。記載順序は年号が新しいものからとする。さらに、主要な3点を選び、最も重要なもの1点に◎印、他の2点については○印を「著書名または学術論文題目」部分の最初に付すこと。
(2)上記「履歴書」の「著書および学術論文目録」欄に記載した主要研究業績3点につき、各400字程度の要旨(A4用紙1ページに収めること)
(3)上記の主要研究業績3点の現物(抜刷り・コピーでも可)
(4)主担当講義科目「Webスタディーズ」についての半期15回分の授業計画案(A4用紙2ページに収めること)
(5)審査結果通知用の定型封筒(82円切手を貼付し宛名を書くこと)
※ (1)(2)(4)の書類は、すべてA4判横書きとし、それぞれ別葉として各葉に氏名を記入すること。
※ (1)から(4)の提出書類については、一部電子化されたファイルがない場合にはそれを除き、電子ファイル(PDFまたはマイクロソフトWord形式)を電子媒体(CD-R、USBメモリまたはSDカード)に保存して、提出書類とともに媒体も送付すること。
※ 選考の過程で、追加の提出物を求めることがある。
※ 提出書類は返却しない。
※ 提出書類に記載された個人情報は、採用審査のために利用され、その他の目的には利用しない。
※ 提出された電子媒体および電子ファイルは、採用審査終了後、責任を持って破棄します。

12.選考方法
提出書類に基づいて審査する。審査の過程で面接を行うことがある。

13.書類提出先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学社会学部専任教員採用人事委員会 宛
※ 応募書類は、封筒に「「社会システムとテクノロジー」領域に関する専任教員応募書類在中」と朱書した上、郵便書留で郵送すること。

14.問合せ先
E-mail:kobo2019ws@ml.rikkyo.ac.jp
専任教員の公募について(全学言語教育「ドイツ語」担当) 2019.9.10締切
立教大学は1874年にアメリカ人宣教師ウィリアムズ主教が創立した、聖書と英学を教授する私塾「立教学校」に始まり、2024年には創立150周年を迎える。

国際化、グローバル化が急速に進展する現代において、初等・中等教育における外国語教育改革と歩を合わせるように大学における外国語教育もまた転換期にある。英語に偏重しがちな現在において、世界を構成する多種多様な言語を学ぶ重要性も改めて認識されている。

そこで本学では、創立以来重視してきた外国語教育をより一層充実させていくため、外国語およびその教育に関わる優れた研究を行いながら、先端的な外国語教育方法を開発・実践する全学的な組織「外国語教育研究センター」を2020年度に新設することとした。同センターは、これまで本学に設置されていた外国語教育を担う諸機関・センターを統合し、外国語教育研究者かつ優れた教育実践者によって構成され、外国語教育に関する研究を基礎として現代にふさわしい外国語教育を行う、研究と教育の有機的な連携を目指している。

今回の専任教員募集は、この新たな組織の一員として本学の言語教育の中核を担う人材を迎えることを目的とするものである。

1.募集人数、職種
専任教員1名 教授もしくは准教授

2.着任予定日
2020年4月1日

3.研究分野
ドイツ語教育またはその関連分野

4.職務内容
1)言語系科目(ドイツ語)の担当およびそれに関わる業務
2)言語教育カリキュラムの企画、開発、運営
3)その他学内業務

5.応募資格
1)当該分野における博士の学位を有するか、もしくはそれと同等の学識を有する者
2)日本語およびドイツ語による教育研究指導ができる者
3)学内業務遂行に十分な日本語能力を有する者

6.勤務地
立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区西池袋3-34-1)および 立教大学新座キャンパス(埼玉県新座市北野1-2-26)

7.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による。

8.募集期間
2019年9月10日(火)必着

9.提出書類
1)履歴書(所定様式)
2)業績目録(所定様式)
3)ドイツ語教育またはその関連分野に関する主要業績(著書、学術論文、公刊されたテキスト、その他)3本
  ・ドイツ語教育に関するもの1本以上を含むことが望ましい。
  ・3本のうち、ドイツ語、日本語で執筆したもの各1本以上を含めること。ドイツ語で執筆したものには、日本語要旨をつけること(A4用紙1枚以内)。
  ・提出の際は、抜き刷り、該当箇所コピーも可。
4)以下の課題(1)(2)について作成したもの(書式自由、各A4用紙1枚程度、日本語で作成すること)。
  (1)初学者向け授業において、学習者がドイツ語運用能力のほか、異文化理解力、異文化対応能力を身につけるための有効な授業運営について、具体的に述べてください。
  (2)社会科学系の学生(本学では、社会学部や経済学部など)と人文科学系の学生(文学部など)が、大学1年次(必修科目)から2、3年次(自由科目)の3年間の学習で、総合的なドイツ語運用能力を習得するためのカリキュラム案を作成してください。その際、各学期の授業の目的(到達レベル、学習内容)にも言及してください。
※選考の過程で、追加の提出物を求めることがあります。
※提出書類は返却いたしません。
※提出された個人情報は任用にあたっての審査、連絡及び手続きのためのものであり、他の目的に使用することは一切ありません。
10.応募書類送付先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学 外国語教育研究センター設置準備室 教員採用担当 宛
※応募書類は、封筒に「専任教員(ドイツ語)応募書類在中」と朱書した上、簡易書留で郵送すること。

11.選考方法
提出書類に基づく書類審査を通過した者には面接(模擬授業)を実施する。面接(模擬授業)は10月19日(土)~26日(土)の間に実施するものとし、対象者には10月16日(水)までに、実施日および模擬授業の内容を通知する。
※面接にかかる交通費は支給しません。

12.連絡先
外国語教育研究センター設置準備室(採用担当)
E-mail:language-saiyo@rikkyo.ac.jp
※8月10日(土)~8月21日(水)は一斉休業期間のため、対応ができませんのでご了承ください。
専任教員の公募について(全学言語教育「フランス語」担当) 2019.9.10締切
立教大学は1874年にアメリカ人宣教師ウィリアムズ主教が創立した、聖書と英学を教授する私塾「立教学校」に始まり、2024年には創立150周年を迎える。

国際化、グローバル化が急速に進展する現代において、初等・中等教育における外国語教育改革と歩を合わせるように大学における外国語教育もまた転換期にある。英語に偏重しがちな現在において、世界を構成する多種多様な言語を学ぶ重要性も改めて認識されている。

そこで本学では、創立以来重視してきた外国語教育をより一層充実させていくため、外国語およびその教育に関わる優れた研究を行いながら、先端的な外国語教育方法を開発・実践する全学的な組織「外国語教育研究センター」を2020年度に新設することとした。同センターは、これまで本学に設置されていた外国語教育を担う諸機関・センターを統合し、外国語教育研究者かつ優れた教育実践者によって構成され、外国語教育に関する研究を基礎として現代にふさわしい外国語教育を行う、研究と教育の有機的な連携を目指している。

今回の専任教員募集は、この新たな組織の一員として本学の言語教育の中核を担う人材を迎えることを目的とするものである。

1.募集人数、職種
専任教員1名 教授もしくは准教授

2.着任予定日
2020年4月1日

3.研究分野
フランス語教育またはその関連分野

4.職務内容
1)言語系科目(フランス語)の担当およびそれに関わる業務
2)言語教育カリキュラムの企画、開発、運営
3)その他学内業務

5.応募資格
1)当該分野における博士の学位を有するか、もしくはそれと同等の学識を有する者
2)日本語およびフランス語による教育研究指導ができる者
3)学内業務遂行に十分な日本語能力を有する者

6.勤務地
立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区西池袋3-34-1)および 立教大学新座キャンパス(埼玉県新座市北野1-2-26)

7.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による。

8.募集期間
2019年9月10日(火)必着

9.提出書類
1)履歴書(所定様式)
2)業績目録(所定様式)
3)フランス語教育またはその関連分野に関する主要業績(著書、学術論文、公刊されたテキスト、その他)3本
  ・フランス語教育に関するもの1本以上を含むことが望ましい。
  ・3本のうち、フランス語、日本語で執筆したもの各1本以上を含めること。フランス語で執筆したものには、日本語要旨をつけること(A4用紙1枚以内)。
  ・提出の際は、抜き刷り、該当箇所コピーも可。
4)以下の(1)(2)について意見を述べたもの(書式自由、全体でA4用紙1枚程度、日本語で作成すること)。
  (1)フランス語を1年次のみの選択必修科目とする本学において、それを2年次以降の継続学習につなげるためにはカリキュラム上、どのような工夫が必要か。
  (2)その工夫を実現するためには、初級、中級、上級のそれぞれのレヴェルでどのような授業(到達目標、教育方法、学習内容など、各学期のポイントをまとめた教案)が考えられるか。
※選考の過程で、追加の提出物を求めることがあります。
※提出書類は返却いたしません。
※提出された個人情報は任用にあたっての審査、連絡及び手続きのためのものであり、他の目的に使用することは一切ありません。
10.応募書類送付先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学 外国語教育研究センター設置準備室 教員採用担当 宛
※応募書類は、封筒に「専任教員(フランス語)応募書類在中」と朱書した上、簡易書留で郵送すること。

11.選考方法
提出書類に基づく書類審査を通過した者には面接(模擬授業)を実施する。面接(模擬授業)は10月19日(土)~26日(土)の間に実施するものとし、対象者には10月16日(水)までに、実施日および模擬授業の内容を通知する。
※面接にかかる交通費は支給しません。

12.連絡先
外国語教育研究センター設置準備室(採用担当)
E-mail:language-saiyo@rikkyo.ac.jp
※8月10日(土)~8月21日(水)は一斉休業期間のため、対応ができませんのでご了承ください。
専任教員の公募について(全学言語教育「スペイン語」担当) 2019.9.10締切
立教大学は1874年にアメリカ人宣教師ウィリアムズ主教が創立した、聖書と英学を教授する私塾「立教学校」に始まり、2024年には創立150周年を迎える。

国際化、グローバル化が急速に進展する現代において、初等・中等教育における外国語教育改革と歩を合わせるように大学における外国語教育もまた転換期にある。英語に偏重しがちな現在において、世界を構成する多種多様な言語を学ぶ重要性も改めて認識されている。

そこで本学では、創立以来重視してきた外国語教育をより一層充実させていくため、外国語およびその教育に関わる優れた研究を行いながら、先端的な外国語教育方法を開発・実践する全学的な組織「外国語教育研究センター」を2020年度に新設することとした。同センターは、外国語教育研究者かつ優れた教育実践者によって構成され、外国語教育に関する研究を基礎として現代にふさわしい外国語教育を行う、研究と教育の有機的な連携を目指している。

今回の専任教員募集は、この新たな組織の一員として本学の言語教育の中核を担う人材を迎えることを目的とするものである。

1.募集人数、職種
専任教員1名 教授もしくは准教授

2.着任予定日
2020年4月1日

3.研究分野
スペイン語教育またはその関連分野

4.職務内容
1)言語系科目(スペイン語)の担当およびそれに関わる業務
2)言語教育カリキュラムの企画、開発、運営
3)その他学内業務

5.応募資格
1)当該分野における博士の学位を有するか、もしくはそれと同等の学識を有する者
2)日本語およびスペイン語による教育研究指導ができる者
3)学内業務遂行に十分な日本語能力を有する者

6.勤務地
立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区西池袋3-34-1)および 立教大学新座キャンパス(埼玉県新座市北野1-2-26)

7.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による。

8.募集期間
2019年9月10日(火)必着

9.提出書類
1)履歴書(所定様式)
2)業績目録(所定様式)
3)スペイン語教育またはその関連分野に関する主要業績(著書、学術論文、公刊されたテキスト、その他)3本
  ・スペイン語教育に関するもの1本以上を含むことが望ましい。
  ・3本のうち、スペイン語、日本語で執筆したもの各1本以上を含めること。スペイン語で執筆したものには、日本語要旨をつけること(A4用紙1枚以内)。
  ・提出の際は、抜き刷り、該当箇所コピーも可。
4)以下の課題(1)(2)について作成したもの(書式自由、各A4用紙2枚以内、日本語で作成すること)。
  (1)初級学習者がつまずきがちな文法事項をひとつ採り上げ、授業内でのその説明のしかたや、その事項を用いた授業内アクティビティについて具体的な案を述べて下さい。
  (2)カリキュラム編成上、スペイン語母語話者を含む科目担当者の人選、必修科目や多彩な自由選択科目へのその配置などに関する方針としてどのような考え方があると思いますか。具体的に述べて下さい。
※選考の過程で、追加の提出物を求めることがあります。
※提出書類は返却いたしません。
※提出された個人情報は任用にあたっての審査、連絡及び手続きのためのものであり、他の目的に使用することは一切ありません。
10.応募書類送付先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学 外国語教育研究センター設置準備室 教員採用担当 宛
※応募書類は、封筒に「専任教員(スペイン語)応募書類在中」と朱書した上、簡易書留で郵送すること。

11.選考方法
提出書類に基づく書類審査を通過した者には面接(模擬授業)を実施する。面接(模擬授業)は10月19日(土)~26日(土)の間に実施するものとし、対象者には10月16日(水)までに、実施日および模擬授業の内容を通知する。
※面接にかかる交通費は支給しません。

12.連絡先
外国語教育研究センター設置準備室(採用担当)
E-mail:language-saiyo@rikkyo.ac.jp
※8月10日(土)~8月21日(水)は一斉休業期間のため、対応ができませんのでご了承ください。
専任教員の公募について(全学言語教育「中国語」担当) 2019.9.5締切
立教大学は1874年にアメリカ人宣教師ウィリアムズ主教が創立した、聖書と英学を教授する私塾「立教学校」に始まり、2024年には創立150周年を迎える。

国際化、グローバル化が急速に進展する現代において、初等・中等教育における外国語教育改革と歩を合わせるように大学における外国語教育もまた転換期にある。英語に偏重しがちな現在において、世界を構成する多種多様な言語を学ぶ重要性も改めて認識されている。

そこで本学では、創立以来重視してきた外国語教育をより一層充実させていくため、外国語およびその教育に関わる優れた研究を行いながら、先端的な外国語教育方法を開発・実践する全学的な組織「外国語教育研究センター」を2020年度に新設することとした。同センターは、これまで本学に設置されていた外国語教育を担う諸機関・センターを統合し、外国語教育研究者かつ優れた教育実践者によって構成され、外国語教育に関する研究を基礎として現代にふさわしい外国語教育を行う、研究と教育の有機的な連携を目指している。

今回の専任教員募集は、この新たな組織の一員として本学の言語教育の中核を担う人材を迎えることを目的とするものである。

1.募集人数、職種
専任教員1名 教授もしくは准教授

2.着任予定日
2020年4月1日

3.研究分野
中国語教育またはその関連分野

4.職務内容
1)言語系科目(中国語)の担当およびそれに関わる業務
2)言語教育カリキュラムの企画、開発、運営
3)その他学内業務

5.応募資格
1)当該分野における博士の学位を有するか、もしくはそれと同等の学識を有する者
2)日本語および中国語による教育研究指導ができる者
3)学内業務遂行に十分な日本語能力を有する者

6.勤務地
立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区西池袋3-34-1)および 立教大学新座キャンパス(埼玉県新座市北野1-2-26)

7.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による。

8.募集期間
2019年9月5日(木)必着

9.提出書類
1)履歴書(所定様式)
2)業績目録(所定様式)
3)中国語教育またはその関連分野に関する主要業績(著書学術論文、公刊されたテキストその他)3本
  ・中国語教育に関するもの1本以上を含むことが望ましい。
  ・3本のうち、中国語、日本語で執筆したもの各1本以上を含めること。中国語で執筆したものには日本語要旨をつけること(A4用紙1枚以内)。
  ・提出の際は、抜き刷り、該当箇所コピーも可。
4)以下の課題(1)(2)について作成したもの(書式自由、各A4用紙1枚以内、日本語で作成すること)。
  (1)1年次の必修科目(週2回・1回100分)の教授法として、コミュニカティブアプローチを用いる場合、どのような授業を行いますか。
  (2)必修科目修了後(HSK2級程度)に学習する2年次以上用の自由選択科目についてデザインしてください。(週1回・4年次まで履修可能)
※選考の過程で、追加の提出物を求めることがあります。
※提出書類は返却いたしません。
※提出された個人情報は任用にあたっての審査、連絡及び手続きのためのものであり、他の目的に使用することは一切ありません。
10.応募書類送付先
171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学 外国語教育研究センター設置準備室 教員採用担当 宛
※応募書類は、封筒に「専任教員(中国語)応募書類在中」と朱書した上、簡易書留で郵送すること。

11.選考方法
提出書類に基づく書類審査を通過した者には面接(模擬授業)を実施する。面接(模擬授業)は10月10日(木)~10月17日(木)の間に実施するものとし、対象者には10月8日(火)までに、実施日および模擬授業の内容を通知する。
※面接にかかる交通費は支給しません。

12.連絡先
外国語教育研究センター設置準備室(採用担当)
E-mail:language-saiyo@rikkyo.ac.jp
※8月10日(土)~8月21日(水)は一斉休業期間のため対応ができませんのでご了承ください。
専任教員の公募について(全学言語教育「朝鮮語」担当) 2019.9.5締切
立教大学は1874年にアメリカ人宣教師ウィリアムズ主教が創立した、聖書と英学を教授する私塾「立教学校」に始まり、2024年には創立150周年を迎える。

国際化、グローバル化が急速に進展する現代において、初等・中等教育における外国語教育改革と歩を合わせるように大学における外国語教育もまた転換期にある。英語に偏重しがちな現在において、世界を構成する多種多様な言語を学ぶ重要性も改めて認識されている。

そこで本学では、創立以来重視してきた外国語教育をより一層充実させていくため、外国語およびその教育に関わる優れた研究を行いながら、先端的な外国語教育方法を開発・実践する全学的な組織「外国語教育研究センター」を2020年度に新設することとした。同センターは、これまで本学に設置されていた外国語教育を担う諸機関・センターを統合し、外国語教育研究者かつ優れた教育実践者によって構成され、外国語教育に関する研究を基礎として現代にふさわしい外国語教育を行う、研究と教育の有機的な連携を目指している。

今回の専任教員募集は、この新たな組織の一員として本学の言語教育の中核を担う人材を迎えることを目的とするものである。

1.募集人数、職種
専任教員1名 教授もしくは准教授

2.着任予定日
2020年4月1日

3.研究分野
朝鮮語教育またはその関連分野

4.職務内容
1)言語系科目(朝鮮語)の担当およびそれに関わる業務
2)言語教育カリキュラムの企画、開発、運営
3)その他学内業務

5.応募資格
1)当該分野における博士の学位を有するか、もしくはそれと同等の学識を有する者
2)日本語および朝鮮語による教育研究指導ができる者
3)学内業務遂行に十分な日本語能力を有する者

6.勤務地
立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区西池袋3-34-1)および 立教大学新座キャンパス(埼玉県新座市北野1-2-26)

7.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による。

8.募集期間
2019年9月5日(木)必着

9.提出書類
1)履歴書(所定様式)
2)業績目録(所定様式)
3)朝鮮語教育またはその関連分野に関する主要業績(著書、学術論文、公刊されたテキスト、その他)3本
  ・朝鮮語教育に関するもの1本以上を含むことが望ましい。
  ・3本のうち、朝鮮語、日本語で執筆したもの各1本以上を含めること。朝鮮語で執筆したものには、日本語要旨をつけること(A4用紙1枚以内)。
  ・提出の際は、抜き刷り、該当箇所コピーも可。
4)初年度学習の到達目標とレベル設定の意図について説明した書類(書式自由、A4用紙1枚以内、日本語で作成すること)。
5)4)に基づき、ひとつの学期で100分間の授業を週2回、14週実施することを前提とした春学期・秋学期のシラバス案(所定様式)
※選考の過程で、追加の提出物を求めることがあります。
※提出書類は返却いたしません。
※提出された個人情報は任用にあたっての審査、連絡及び手続きのためのものであり、他の目的に使用することは一切ありません。
10.応募書類送付先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学 外国語教育研究センター設置準備室 教員採用担当 宛
※応募書類は、封筒に「専任教員(朝鮮語)応募書類在中」と朱書した上、簡易書留で郵送すること。

11.選考方法
提出書類に基づく書類審査を通過した者には面接(模擬授業)を実施する。面接(模擬授業)は10月10日(木)~10月17日(木)の間に実施するものとし、対象者には10月8日(火)までに、実施日および模擬授業の内容を通知する。
※面接にかかる交通費は支給しません。

12.連絡先
外国語教育研究センター設置準備室(採用担当)
E-mail:language-saiyo@rikkyo.ac.jp
※8月10日(土)~8月21日(水)は一斉休業期間のため、対応ができませんのでご了承ください。
専任教員の公募について(理学部数学科) 2019.08.31締切
1.公募対象
准教授1名(常勤、大学が定める定年まで)※経験と実績によっては、教授としての採用もあり得る。

2.研究分野
数学(分野は問わない)

3.応募資格
(1)応募時点で博士の学位を有すること。
(2)学部および大学院における数学の講義・演習・研究指導を日本語で担当できること。計算機に関連する講義・演習を日本語で担当できること。

4.提出書類
郵送にて提出のもの
(1)履歴書(写真貼付)および連絡先(電話番号・電子メールなど)
(2)主要論文の別刷り(3本程度:コピーでも可)
(3)応募者の業績を評価できる方2名以上の氏名と連絡先
メール添付での提出を推奨するもの
以下の(4)~(8)の文書を1つのPDFファイルにまとめて、「教員公募申込(ご自身の氏名)」という題で下記メールアドレスに送ること(10MB以内)
(4)研究業績のリスト(論文は査読あり・なしを分けること)
(5)科研費等外部資金獲得状況
(6)今までの研究の概要と将来の研究計画(おのおのA4版1枚)
(7)これまでに担当した主な授業科目のリスト、研究指導歴(担当授業に関して、大学で実施している授業評価があれば、結果の資料を添付して下さい。)
(8)教育に関する抱負(A4版1枚)
※ (4)~(8)については、印刷したものを(1)~(3)に同封して提出するという形でも構いません。
※ ご提出いただいた書類の返却を希望される場合は、その旨を記載いただくとともに、返信用封筒の同封をお願いいたします。

5.採用予定年月日
2020年4月1日

6.応募締切日
2019年8月31日(締切日消印有効)

7.書類提出先
171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学理学部数学科
新任人事担当 筧 三郎
新任人事担当のメールアドレス E-mail:math-jinji2019@rikkyo.ac.jp
郵送の際は、封筒の表に『応募書類在中』と朱書し、簡易書留にてご送付ください。

9.問い合わせ先
立教大学学部事務3課(理学部)
TEL:03-3985-3302
FAX:03-3985-4159
新任人事担当のメールアドレス E-mail:math-jinji2019@rikkyo.ac.jp
専任教員の公募について(異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科) 2019.08.30締切
1.職種、職位
教授または准教授1名

2.着任予定日
2020年4月1日

3.専門分野
国際協力・開発学

4.担当予定科目
異文化コミュニケーション学部および研究科専門科目(国際協力・開発学関連科目、 基礎演習、専門演習)、全学共通科目

5.業務内容
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、学部・研究科運営補助業務、学部長・学科長が指示するその他の業務

6.応募資格
(1) 専門分野において、博士号もしくはPh.D.学位を有していること。
(2) 大学における教育歴があることが望ましい。
(3) 異文化コミュニケーション学部、研究科が展開する国際協力・開発学の分野の理論に通じ、研究をふまえて問題解決のための実践(国際機関、NGOなど)に関与してきた方。
(4) 異文化コミュニケーション学部、研究科が展開する国内外のフィールドスタディ科目を開発および担当できること。
(5) 異文化コミュニケーション学部、研究科が展開する5年一貫プログラム国際協力専門コースを担当し、人材育成に貢献できること。
(6) 全学のカリキュラム(総合科目)に貢献できること。
(7) 英語および日本語で授業ができること。

7.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規定による(本学の定年は65歳である)。

8.募集期間
2019年8月30日(金)必着 

9.提出書類と提出先
(1) 履歴書
※履歴書記載要領の指示に従い、立教大学指定の履歴書を必ず使用すること(履歴書記載要領および履歴書とも本ホームページからダウンロード可)。それ以外の書式の履歴書は受理しない。
※連絡先(電話番号とEメールアドレス)を上記履歴書に必ず記入のこと。
(2) 研究業績表(履歴書記載要領の指示に従い、上記指定の履歴書の該当欄使用)
(3) 主要業績3点(日本語または英語の業績に限る、抜刷りまたはコピーでも可)
(4) 「国際協力・開発学」シラバス案1 点
(5) 志望理由(研究計画および教育への抱負など、2000字以内。英語の場合800words以内。)
(6) 推薦状1通(推薦者の連絡先を含むこと)

注1) 必要書類(推薦状を含む)は日本語または英語で作成すること。推薦状の執筆言語は日本語または英語とする。 指定書式の履歴書および書類作成のガイドは、以下からダウンロード可。
注2) 応募書類は下記住所に書留で郵送のこと。封筒には「国際協力・国際開発 専任教員応募書類 在中」と朱書きすること。原則として応募書類は返却しない。返却を希望する場合には、切手を貼付した返信用封筒を同封すること。

〒171-8501 
東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学教務部学部事務4課(異文化コミュニケーション学部担当)

10.選考方法
書類選考を通過した者には9月17日(火)までにメールで連絡をする。
2019年9月下旬〜10月上旬に面接の予定(候補者の都合による変更の可能性あり)
面接内容
インタビューおよび15分程度の模擬授業
※面接にかかる交通費は支給しません。

11.問合せ先
立教大学教務部学部事務4課(異文化コミュニケーション学部担当)
E-mail:ibunkagakubu@rikkyo.ac.jp
専任教員の公募について(異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科) 2019.07.17締切
College of Intercultural Communication Tenured Position AnnouncementPosition Information / Application Procedures 2019.07.17 Deadline
1.職種、人員および職位(Position Title)
教授または准教授1名
Professor/Associate Professor (Tenured) – One position

2.着任予定日(Starting Date)
2020年4月1日
April 1, 2020

3.専門分野(Discipline Area)
応用言語学(第二言語習得、英語教育学等)
Applied Linguistics (e.g., Second language acquisition, English education)

4.担当予定科目(Coursework)
異文化コミュニケーション学部言語研究関連領域科目(DLPコース科目を含む)、基礎演習/Academic Skills、専門演習、ならびに研究科科目
College of Intercultural Communication linguistics-related courses (including DLP courses), Basic Skills/Academic Skills, Advanced Seminar, and graduate school courses

5.業務内容(Position Details)
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、学部・研究科運営補助業務、学部長・学科長が指示するその他の業務
Responsible for: teaching and education-related matters, research-related matters, entrance examination related work, undergraduate and graduate school administrative support work, and other duties as prescribed by the Faculty Dean and/or Department Chair

6.応募資格(Qualifications)
(1)専門分野において、博士号、Ph.D. ないしはEd.D.学位を有していること、あるいは採用時に取得見込みであること。
Ph.D./Ed.D. or expected to be acquired by the time of employment.

(2)日本の大学における教育歴があること。
Experience teaching at Japanese university.

(3)異文化コミュニケーション学部、研究科が展開する5年一貫プログラム英語教育専門コースを担当し、人材育成に貢献できること。
Ability to contribute to the teaching and sustainability a five-year undergraduate-graduate integrated English language education program.

(4)学部で行う地域連携活動に貢献できること。
Ability to contribute to community-based collaboration activities.

(5)留学を重視する学部における教育に貢献できること。
Ability to contribute to the education of the undergraduate program that emphasizes study abroad.

(6)全学のカリキュラム(総合科目)に貢献できること。
Ability to contribute to the curriculum (general subjects) of the university.

(7)英語と日本語で授業ができること。
Ability to teach in English and Japanese.

7.待遇(Conditions)
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規定による(本学の定年は65歳である)。
Conditions of employment are determined by the University's regulation (mandatory retirement at 65).


8.募集期間(Application Closing Date)
2019年7月17日(水)必着
July 17, 2019 (must be received by)

9.提出書類と提出先(Application Submission Procedures)
① 応募にあたっては、履歴書記載要領の指示に従い、立教大学指定の履歴書を必ず使用すること(履歴書記載要領および履歴書とも本ホームページからダウンロード可)。それ以外の書式の履歴書は受理しない。
※連絡先(電話番号とEメールアドレス)を上記履歴書に必ず記入のこと。
Submit a CV using the specified Rikkyo University format and following the specified instructions (download the CV guidelines and the CV template from the links below). CV formats other than the Rikkyo University format will not be accepted.
※Be sure to provide contact information (phone number and e-mail address) on the submitted CV.

② 研究業績表(履歴書記載要領の指示に従い、上記指定の履歴書の該当欄使用)
Fill out the published research section of the CV as instructed on the CV guidelines.

③ 研究業績3点の抜刷りまたはコピー。
Provide 3 published articles/chapters of research (photocopies are acceptable).

④ 推薦状1通(推薦者の連絡先を含むこと)
Provide one letter of recommendation. (Be sure to include the person's contact information.)
 
注1) 必要書類(推薦状を含む)は日本語または英語で作成すること。推薦状の執筆言語は日本語または英語とする。 指定書式の履歴書および書類作成のガイドは、以下からダウンロード可。
Note:
(1) All submitted material should be in either English or Japanese. The letter of recommendation is also to be in either English or Japanese. The CV guidelines, a CV sample, and the CV template are downloadable from the links below on this site.
注2) 応募書類は下記住所に書留で郵送のこと。封筒には「専任教員(応用言語学)応募書類在中」と朱書きすること。応募書類は返却しない。
(2) Mail application documents by registered mail to the address below. In red, write "Applied Linguistics Tenured position application documents enclosed" on the envelope. Application documents will not be returned.

〒171-8501
東京都豊島区西池袋3-34-1 
立教大学教務部学部事務4課(異文化コミュニケーション学部担当)
Office of the College of Intercultural Communication, Rikkyo University, 3-34-1 Nishi-Ikebukuro, Toshima-ku, Tokyo 171-8501


10.選考方法
提出書類に基づく書類審査と面接審査を実施する。
面接審査は、2019年7月下旬および8月上旬に実施するものとし、対象者には7月23日(火)までに通知する
※面接にかかる交通費は支給しません。
Selection Procedure: The application process is based upon a document review and interview. Interviews will be conducted at the end of July and/or the beginning of August of 2019, and selected candidates will be contacted by July 23, 2019.
※Transportation expenses for interviews will not be paid.
      
11.問い合わせ先(Contact Information)
立教大学教務部学部事務4課 
異文化コミュニケーション学部担当(E-mail:cic-recruit@rikkyo.ac.jp
College of Administration Office, Section 4(College of Intercultural Communication), Rikkyo University. (E-mail:cic-recruit@rikkyo.ac.jp
専任教員の公募について(社会学部社会学科) 2019.09.04締切
1.採用職名
教授または准教授

2.所属
立教大学社会学部社会学科(立教大学池袋キャンパス内)

3.授業担当予定
主担当講義として、「現代社会変動論」を担当。学部共通科目(社会調査法、社会統計学、多変量解析等)、演習科目(基礎演習、専門演習1・2、卒業論文演習)、全学共通科目、大学院社会学研究科科目、その他学部・学科で定める科目。

4.研究分野
「構造と変動」領域の研究、及び、量的分析に実績を持つ者。

5.採用数
1名

6.任用時期
2020年4月1日

7.職務
教育業務、研究業務、入学試験関連業務、その他社会学部教授会の定めた業務

8.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による。

9.応募資格
(1)当該分野で博士の学位を有するか、もしくはそれと同等の学識を有すること。
(2)原則として、大学・短期大学において優れた教育実績があること。
(3)当該分野で優れた研究業績を持ち、研究と教育を通じて本学の一層の発展に貢献できる人材であること。
(4)本学の研究および教育活動の国際展開・交流に貢献できる人材であることが望ましい。

10.応募期限
2019年9月4日(水)必着

11.提出書類
(1) 履歴書:本学書式により作成すること。
※ 記載項目の行数は応募者において調整して差支えない。
※ 「職歴」欄において、教歴に相当するものには担当科目を明記すること。
※ 「著書および学術論文目録」欄では、著者・執筆者全員の氏名、論文名、掲載誌名、発表年(西暦)、巻号、発表頁を明記すること(順序自由)。なお、学術論文については、『査読誌』と『その他』に分割した上で、それぞれ「応募者が第1著者のもの」と「それ以外のもの」に分けて一覧とすること。記載順序は年号が新しいものからとする。さらに、主要な3点を選び、最も重要なもの1点に◎印、他の2点については○印を「著書名または学術論文題目」部分の最初に付すこと。
(2)上記「履歴書」の「著書および学術論文目録」欄に記載した主要研究業績3点につき、各400字程度の要旨(A4用紙1ページに収めること)
(3)上記の主要研究業績3点の現物(抜刷り・コピーでも可)
(4)主担当講義科目「現代社会変動論」についての半期15回分の授業計画案(A4用紙2ページに収めること)
(5)審査結果通知用の定型封筒(82円切手を貼付し宛名を書くこと)
※ (1)(2)(4)の書類は、すべてA4判横書きとし、それぞれ別葉として各葉に氏名を記入すること。
※ (1)から(4)の提出書類については、一部電子化されたファイルがない場合にはそれを除き、電子ファイル(PDFまたはマイクロソフトWord形式)を電子媒体(CD-R、USBメモリまたはSDカード)に保存して、提出書類とともに媒体も送付すること。
※ 選考の過程で、追加の提出物を求めることがある。
※ 提出書類は返却しない。
※ 提出書類に記載された個人情報は、採用審査のために利用され、その他の目的には利用しない。
※ 提出された電子媒体および電子ファイルは、採用審査終了後、責任を持って破棄します。

12.選考方法
提出書類に基づいて審査する。審査の過程で面接を行うことがある。

13.書類提出先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学社会学部専任教員採用人事委員会 宛
※ 応募書類は、封筒に「「構造と変動」領域に関する専任教員応募書類在中」と朱書した上、郵便書留で郵送すること。

14.問合せ先
E-mail:kobo2019st@ml.rikkyo.ac.jp
特任准教授または特任教授公募について(理学部) 2019.08.31締切
1.公募人員
特任准教授 1名(経歴によっては特任教授)

2.応募資格
理学系の分野において修士以上の学位を有する方(2020年3月修士取得見込みを含む)、あるいは、同等の能力を有すると認められる方で、サイエンスコミュニケーション活動の経験があり、理学部学生に対する教育に熱意を持っている方。理学部の国際化に貢献できる方が望ましい。

3.担当業務
サイエンスコミュニケーション入門、理数教育企画、理学とキャリア、短期海外留学プログラム1〜4、等の理学部共通科目、および、専門分野に関連する科目の担当。また、地域連携や理学部の国際化に関する業務。

4.着任時期
2020年4月1日

5.任期
1年(4回まで更新可能性あり)

6.公募締め切り
2019年8月31日(土) 必着

7.提出書類
以下の(1)から(5)までの書類を一つのPDFファイルにまとめて、電子メールで2020rigaku@rikkyo.ac.jpに送付のこと。メールの件名は「理学部特任教員応募書類」とし、ファイルサイズは20MB以下にすること。これより大きなサイズになる場合は、ファイルを適宜分割して複数のメールで送ってください。メール送付後3日以内(休日を除く)に受け取りの連絡がない場合は上記アドレスまで再度ご連絡ください。こちらからの連絡は書類送付時のメールアドレス宛に送ります。
(1)履歴書(連絡先、e-mail アドレス等を明記のこと)
(2)サイエンスコミュニケーションに関する経験と、ご自身の考え(1000字程度)
(3)これまでの教育と研究の概要(1500字程度)
(4)研究業績リストと代表的論文リスト(3編以内)
(5)その他、参考となる物があれば、付け加えていただいて結構です。

8.問い合わせ先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 
立教大学理学部・共通教育推進室長 北本俊二
TEL:03-3985-2419
E-mail:kitamoto@rikkyo.ac.jp

9.その他
書類選考の後、必要に応じて面接を行うことがあります。提出して頂いた個人情報は、今回の人事選考、連絡、手続きのためのものであり、他の目的に使用することはありません。応募書類はこちらで消去いたします。待遇、給与等は立教学院立教大学の規程によります。原則として立教学院健康保険及び厚生年金保険に加入してもらいます。
専任教員(分析化学)の公募について(理学部化学科) 2019.08.31締切
1.採用職位および人員
専任教員 1名(准教授または教授)

2.専門分野
広い意味での分析化学

3.担当予定科目
大学および大学院の分析化学分野の講義、実験、理学部共通科目および全学共通科目

4.職務
(1) 大学運営にかかわる業務
(2) 大学院または学部における授業科目、研究指導及びそれにかかわる業務
(3) 入学試験にかかわる業務
(4) その他の業務

5.勤務場所
立教大学池袋キャンパス 東京都豊島区西池袋3-34-1
(新座キャンパス(埼玉県)での授業を担当する場合があります。)

6.着任時期
2020年4月1日

7.勤務形態
常勤、任期なし

8.応募資格
博士の学位を有し、私立大学での教育・研究に理解と熱意のある方。分析化学分野の講義と学生実験を主体的に担当でき、ならびに、優れた研究業績のある方。

9.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学の規程による。立教学院健康保険組合管掌の健康保険、厚生年金保険に加入する。

10.応募期限
2019年8月31日 必着

11.応募書類
(1) 履歴書(写真貼付)
(2) 研究業績リスト(原著査読論文、総説、著書、その他に分類)
(3) 主要論文5編の別刷(コピー可)
(4) 過去5年間の競争的資金導入実績リスト
(5) 現在までの研究概要と今後の研究計画(2000字程度)
(6) 主な教育実績リスト(担当講義・実験科目名リスト:科目ごとに内容、対象学年、クラス規模、実施校名を記載)
(7) 立教大学における教育への抱負(1000字程度)
(8) 照会可能な方2名の氏名・所属・連絡先

12.書類送付先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学理学部化学科
学科長 松下 信之

封筒に「分析化学分野 応募書類在中」と朱書し、簡易書留で郵送してください。
応募書類は選考のみに使い、返却しませんのでご了承ください。

13.選考内容
書類選考の上、面接と模擬授業を実施します。

14.問合せ先
立教大学理学部化学科 学科長 松下 信之
E-mail:cnmatsu@rikkyo.ac.jp
TEL:03-3985-4640
メールでの問い合わせの場合は、件名を「分析化学公募問合せ」として下さい。
専任教員(物理化学)の公募について(理学部化学科) 2019.08.31締切
1.採用職位および人員
専任教員 1名(准教授または教授)

2.専門分野
実験を主体とした物理化学

3.担当予定科目
大学および大学院の物理化学分野の講義、実験、理学部共通科目および全学共通科目

4.職務
(1) 大学運営にかかわる業務
(2) 大学院または学部における授業科目、研究指導及びそれにかかわる業務
(3) 入学試験にかかわる業務
(4) その他の業務

5.勤務場所
立教大学池袋キャンパス 東京都豊島区西池袋3-34-1
(新座キャンパス(埼玉県)での授業を担当する場合があります。)

6.着任時期
2020年4月1日

7.勤務形態
常勤、任期なし

8.応募資格
博士の学位を有し、私立大学での教育・研究に理解と熱意のある方。物理化学分野の講義と学生実験を主体的に担当でき、優れた研究業績のある方。

9.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学の規程による。立教学院健康保険組合管掌の健康保険、厚生年金保険に加入する。

10.応募期限
2019年8月31日 必着

11.応募書類
(1) 履歴書(写真貼付)
(2) 研究業績リスト(原著査読論文、総説、著書、その他に分類)
(3) 主要論文5編の別刷(コピー可)
(4) 過去5年間の競争的資金導入実績リスト
(5) 現在までの研究概要と今後の研究計画(2000字程度)
(6) 主な教育実績リスト(担当講義・実験科目名リスト:科目ごとに内容、対象学年、クラス規模、実施校名を記載)
(7) 立教大学における教育への抱負(1000字程度)
(8) 照会可能な方2名の氏名・所属・連絡先

12.書類送付先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学理学部化学科
学科長 松下 信之

封筒に「物理化学分野 応募書類在中」と朱書し、簡易書留で郵送してください。
応募書類は選考のみに使い、返却しませんのでご了承ください。

13.選考内容
書類選考の上、面接と模擬授業を実施します。

14.問合せ先
立教大学理学部化学科 学科長 松下 信之
E-mail:cnmatsu@rikkyo.ac.jp
TEL:03-3985-4640
メールでの問い合わせの場合は、件名を「物理化学公募問合せ」として下さい。
助教B(原子核・素粒子、重力、原子・分子・表面の実験研究)の公募(理学部物理学科) 2019.09.17締切
1.公募⼈員
助教1名

2.専⾨分野
原⼦核・素粒⼦、重⼒、原⼦・分⼦・表⾯の実験研究。村⽥次郎教授、栗⽥和好教授、平⼭孝⼈教授のいずれかと共同して研究を進められる⽅。意欲的な⽅であればこれまでの研究分野は問わない。

3.担当科⽬
理学部専⾨科⽬

4.着任時期
2020年4⽉1⽇

5.任期
2021年3⽉31⽇まで。その後は評価に基づき単年度契約で4回まで更新可。

6.応募資格
博⼠の学位を有する⽅(着任時までに取得⾒込みの⽅を含む)。

7.公募締切
2019年9⽉17⽇(⽕)(必着)

8.提出書類
以下の(1)から(5)までの書類を1つのPDFファイルにまとめ、(6)と共に電⼦メールで提出先メールアドレスに添付ファイルとして提出のこと。Subjectは「核研助教応募書類」とし、1通のメールのサイズは20MB以下にしてください。これより⼤きなサイズになる場合は複数のメールに適宜分割して送信してください。送付後、5⽇以内(⼟休⽇を除く)に受け取りの連絡がない場合には提出先メールアドレスに再度ご連絡ください。
(1)履歴書(連絡先、e-mailアドレス、博⼠号の有無・取得⾒込みを明記すること)
(2)研究業績リスト(論⽂、学会、その他)
(3)研究業績の概要(1,500字程度)
(4)今後の研究計画と教育に対する抱負(1,500字程度)
(5)照会可能な⽅2名の⽒名・所属・メールアドレス等の連絡先
(6)主要論⽂5編以内のPDFファイル

9.書類送付先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
⽴教⼤学理学部物理学科 物理学科⻑ ⼩林努
提出先メールアドレス
E-mail:nr-application@ml.rikkyo.ac.jp

10.問い合せ先
村⽥次郎
E-mail:jiro@rikkyo.ac.jp

11.その他
必要に応じて⾯接を⾏うことがあります。提出していただいた個⼈情報は、本任⽤業務、連絡、⼿続きのためのものであり、他の⽬的に使⽤されることはありません。本任⽤業務終了後、破棄致します。
教授または准教授(高エネルギー宇宙物理学)の公募(理学部物理学科) 2019.08.31締切
1. 採用職名
教授または准教授

2. 採用人員
1名

3. 所属
理学部物理学科 宇宙地球系物理学研究室

4. 専門分野
高エネルギー宇宙物理学を主として、装置開発を含む飛翔体、地上観測の両面からの観測的研究。

5. 担当予定科目
物理学科専門科目、物理学専攻専門科目、理学部共通科目、全学共通カリキュラム科目の授業の担当。および、卒業研究、大学院生の研究指導。

6. 採用要件
(1) 博士の学位を有すること。
(2 )研究教育に熱意を持ち、指導力を発揮できる研究者であること。
(3) 研究教育の成果を広く社会に提供する意思を持つ人材であること。
(4) 学科、学部、大学の運営に積極的に参加する意思を持つ人材であること。

7. 任用期間
任期なし(本学の定年は満65歳)

8. 勤務条件
本学規定に基づく

9. 着任予定日
2020年4月1日

10. 提出書類
(1) 履歴書(連絡先(電話、e-mailアドレス)を明記)
(2) 業績リスト(査読論文、その他に分割)
(3) 主要論文5編以内
(4) 競争的資金導入実績
(5) 研究に関する業績の概要と計画(2000字程度)
(6) 教育に関する経験と抱負(2000字程度)
(7) 照会可能な方2名の氏名・所属・連絡先(電話、E-mailアドレス等)

11.公募締切
2019年8月31日(土)(必着)

12.応募先
立教大学理学部物理学科長 小林努宛.10 に記載の書類を一つのPDFファイル
にまとめて、電子メールで2020butsuri@rikkyo.ac.jpに送付のこと。メールの件名は「理学部物理教授准教授応募書類」とし、ファイルサイズは20MB以下のこと。これより大きなサイズになる場合は、ファイルを適宜分割して複数のメールで送ること。

13.問い合わせ先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学理学部物理学科 北本俊二
TEL:03-3985-2419
E-mail:kitamoto@rikkyo.ac.jp

14.その他
応募書類のメール送付後3日以内(休日を除く)に受け取りの連絡がない場合は上記アドレスまで再度ご連絡ください。こちらからの連絡は書類送付時のメールアドレス宛に送ります。書類選考ののち必要に応じて面接を行います。提出していただいた個人情報は、教員任用業務、連絡、手続きのためのものであり、他の目的に使用されることはありません。待遇、給与等は立教学院立教大学の規程によります。立教学院健康保険及び厚生年金保険に加入して頂きます。
助教B(太陽系外を含む地球惑星科学分野)の公募(理学部物理学科) 2019.08.31締切
1.公募人員
助教 1 名

2.専門
太陽系外を含む地球惑星科学分野で、飛翔体観測・地上観測・実験を通して研究を進める方

3.担当科目
理学部専門科目

4.着任時期
2020年4月1日

5.任期
1年(ただし、4回を限度として更新可能)

6.応募資格
着任時に博士の学位を有する方(着任時までに取得見込みの方を含む)

7.公募締切
2019年8月31日(土)正午(必着)

8.提出書類
以下の(1)から(5)に示す書類を順番に一つのpdfファイルにまとめ、(6)のpdfファイルと共に、件名に「宇宙地球助教応募書類」と書いて、電子メールでE-mail:phys2019s-ap@ml.rikkyo.ac.jp宛にお送り下さい。
(1) 履歴書(連絡先、e-mailアドレス、博士号取得年月を明記すること)
(2) 研究業績リスト(査読誌、その他に分割すること)
(3) 研究業績の概要(1500字程度)
(4) 今後の研究・教育の抱負(1500字程度)
(5) 照会可能な方2名の氏名・所属・連絡先(電話、e-mailアドレス等)
(6) 主要論文5編以内
1通のメールのサイズが20MB以下となるように、必要に応じて複数のメールに分割して送信して下さい。メール送信後5日以内(土休日を除く)に受信確認メールが届かない場合にはお問い合わせ下さい。

9.問合せ先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学理学部物理学科
亀田 真吾
TEL:03-3985-2671
E-mail:phys2019s-ap@ml.rikkyo.ac.jp

10.参考
本学物理学科には今回公募する研究分野を専門とする教員として田口真教授、亀田真吾教授、福原哲哉助教が在職しています。

11.その他
必要に応じて面接を行うことがあります。提出していただいた個人情報は、教員任用業務、連絡、手続きのためのものであり、他の目的に使用することはありません。また、応募書類はこちらで責任をもって処分致します。
助教B(理論物理学における宇宙物理学分野)の公募(理学部物理学科) 2019.08.31締切
1.公募人員
1名

2.対象分野
理論物理学における宇宙物理学分野

3.担当科目
理学部専門科目

4.着任時期
2020年4月1日

5. 任期
2021年3月31日まで。その後は評価に基づき単年度契約で4回まで更新可。

6.応募資格
博士の学位を有する方(着任時までに取得見込みの方を含む)。

7.公募締切
2019年8月31日(土)

8.提出書類
以下の(1)から(6)までの書類を1つのPDFファイルにまとめ、電子メールで提出先メールアドレスに添付ファイルとして提出のこと。Subjectは「理論物理宇宙助教応募書類」とし、添付ファイルは20MB以下にすること。送付後、5日以内(土休日を除く)に受け取りの連絡がない場合には提出先メールアドレスに再度ご連絡ください。
(1) 履歴書(連絡先、e-mailアドレス、博士号取得年月を明記すること)
(2) 研究業績リスト(査読誌、その他に分割すること)
(3) 主要論文5編以内のarXiv番号またはPDFファイルを取得するためのURL情報
(4) 研究業績の概要(1,500字程度)
(5) 今後の研究計画と教育に対する抱負(1,500字程度)
(6) 照会可能な方2名の氏名・所属・連絡先(電話、e-mailアドレス等)

9.書類提出先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学理学部物理学科 学科長 小林努
E-mail:itp-jinji@rikkyo.ac.jp

10.問い合せ先
小林努
E-mail:tsutomu@rikkyo.ac.jp

11.その他
必要に応じて面接を行うことがあります。提出していただいた個人情報は、本任用業務、連絡、手続きのためのものであり、他の目的に使用されることはありません。本任用業務終了後、破棄致します。
専任教員の公募について(全学言語教育「英語」担当) 2019.06.28締切
English

立教大学は1874年にアメリカ人宣教師ウィリアムズ主教が創立した、聖書と英学を教授する私塾「立教学校」に始まり、2024年には創立150周年を迎える。
国際化、グローバル化が急速に進展する現代において、初等・中等教育における外国語教育改革と歩を合せるように大学における外国語教育もまた転換期にあり、従前の「英語を学ぶ」教育から「英語で学ぶ」教育への転換、そして「英語で学ぶ」ために必要な準備教育が求められている。
そこで本学では、創立以来重視してきた外国語教育をより一層充実させていくことを目指して、外国語およびその教育に関わる優れた研究を行いながら、先端的な外国語教育を開発・実践する全学的な組織「外国語教育研究センター」を2020年度に新設することとした。同センターは、これまで本学に設置されていた外国語教育を担う諸機関・センターを統合しつつ、外国語教育を専門領域とする研究者で、かつ優れた教育実践者によって構成し、外国語教育に関する研究を基礎として現代にふさわしい外国語教育を行う、研究と教育の有機的な連携を目指している。
今回の専任教員募集は、この新たな組織の一員として本学の言語教育の中核を担っていただく人材を本学にお迎えすることを目的とするものである。

1.募集人数、職種
専任教員5名 教授もしくは准教授

2.着任予定日
2020年4月1日

3.研究分野
英語教育 (CLIL, カリキュラム開発、教材開発、言語評価等)

4.業務内容
  1)全学共通言語系科目(英語)の担当およびそれに関わる業務
  2)全学共通言語教育カリキュラムの企画、開発、運営
  3)入学試験に関する業務

5.応募資格
  1)当該分野における博士の学位を有するか、もしくはそれと同等の学識を有する者
  2)CLIL等最新の言語教育理論・アプローチに関する知見を有する者
  3)英語教育カリキュラム構築に関する知見を有する者
  4)カリキュラム運営に関する高い見識と能力を有する者
  5)英語による授業、日本語での学内業務遂行が可能な者
  6)大学での教歴を有する者。

6.勤務場所
立教大学外国語教育研究センター
立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区西池袋3-34-1)内

7.待遇
給与、研究費、休暇、福利厚生等は本学規程による。

8.募集期間
2019年6月28日(金)必着

9.提出書類
1)履歴書(所定様式)
2)研究業績目録(所定様式)
3)2014年1月1日以降に刊行した英語教育に関する主要研究業績(書籍、抜き刷り、該当箇所コピーなど)を合計3本。
4)以下の条件を踏まえた、英語教育1学期分のシラバス案及び7回目の授業の教案(シラバスはA4サイズ1枚、教案はA4サイズ3枚以内で作成。和文、英文どちらでも可)。
     ・対象:英語力がTOEIC LR 500-600点程度の学生
     ・科目:人文科学系・社会科学系・自然科学系いずれかの領域に関するCLIL科目
     ・クラスサイズ:25名前後
     ・授業時間及び回数:立教大学は1回の授業は100分、週1回実施、学期14週
5)「これからの大学における英語教育はどうあるべきか。その実現に自分がどのように貢献できるか」について英語で記した書面(800ワード)
※選考の過程で、追加の提出物を求めることがあります。
※提出書類は返却いたしません。
※提出された個人情報は任用にあたっての審査、連絡及び手続きのためのものであり、他の目的に使用することは一切ありません。
10.応募書類送付先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学 外国語教育研究センター設置準備室 教員採用担当 宛
※応募書類は、封筒に「専任教員(英語)応募書類在中」と朱書した上、簡易書留で郵送すること。

11.選考方法
提出書類に基づく書類審査と面接審査を実施する。面接審査は、2019年7月下旬に実施するものとし、対象者には7月16日(火)までに通知する。
※面接にかかる交通費は支給しません。

12.連絡先
外国語教育研究センター設置準備室(採用担当)
E-mail:language-saiyo@rikkyo.ac.jp