2020/10/12 (MON)

文学部文学科英米文学専修の古井義昭准教授が日本アメリカ文学会「第5回日本アメリカ文学会賞」を受賞

キーワード:研究活動

OBJECTIVE.

文学部文学科英米文学専修の古井義昭准教授が、著書『Modernizing Solitude: The Networked Individual in Nineteenth-Century American Literature』(University of Alabama Press, 2019)により、日本アメリカ文学会「第5回日本アメリカ文学会賞」を受賞しました。アメリカ学会「第25回清水博賞」に続いての受賞となります。

受賞トロフィーと著書書影

日本アメリカ文学会は、アメリカ文学の研究を行い、その成果の発表を通じて内外学会との交流を図ることを目的としており、アメリカ文学を専門とする学会としては国内最大の学術団体です。

日本アメリカ文学会賞は、学会所属の研究者が世に問う最初の単著を対象とし、若手からヴェテランに至る幅広い層の研究を奨励・顕彰するために設けられた賞です。

本書は、19世紀アメリカ文学における「孤独」の概念を論じた研究書です。物理的に一人の状態にあっても、コミュニケーション・メディアを通じて外部の世界と想像上で繋がることにより、当時のアメリカ作家たちは「接続された孤独」を経験したという点を解き明かしています。

2020年10月3日(土)に開催予定であった日本アメリカ文学会第59回全国大会において授賞式が行なわれる予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により、対面による同大会ならびに授賞式は中止となりました。

コメント

COMMENT

文学部文学科英米文学専修准教授
古井 義昭

アメリカで出版された研究書ではありますが、本書において私は、留学先のアメリカで身につけた文学研究の方法論と、日本で培った文学作品の精読の二つを架橋しようと試みました。日本的な要素を多分に含む本書が、日本の学会から名誉ある賞を受賞できたことは大きな喜びです。この場をお借りして、日頃よりご支援いただいている本学教職員の皆様に心から感謝申し上げます。