ウィズコロナ時代における就職活動・働き方

経営学部経営学科 中原 淳教授

2021/06/14

研究活動と教授陣

OVERVIEW

新型コロナウイルス感染症の感染拡大は、就職活動や働き方に大きな変化をもたらしました。オンライン化が進む中で見えてきた課題や可能性、求められるスキルなどについて、人材開発・組織開発を専門とする経営学部の中原淳教授に伺いました。

オンライン化による影響と課題

人材開発や人事に関する研究に20年ほど携わってきましたが、就職活動や働き方は、コロナ禍によって「20年分の変化」を一気に迎えた感覚があります。

2020年度の就職活動では対面の機会が激減し、最終面接まで全てオンラインで行ったケースもあるようです。私のゼミに所属する学生が行った調査(図1参照)では、オンライン面接の場合、「その職場で働くイメージを描きづらい」といった傾向が見られました。オンライン面接で入社した人がリアリティーショック(理想と現実とのギャップに衝撃を受けること)に襲われる可能性があり、その点を解消することが就活生と企業・団体の共通課題といえそうです。

働き方ではリモートワークが普及し、出張を伴う商談も多くがオンラインで代替できるなど、より効率的に働けることが分かりました。他方、一緒に働く者の空間が異なることで、従業員のエンゲージメント(組織への貢献意欲)が低下するケースや、業務が円滑に進まないチームが顕在化しました。

図1:柴井伶太・佐藤智文・中原淳(2020)「立教大学経営学部 中原淳研究室 オンライン面接の実態に関する調査報告書」より

※レポートはWebサイトにて公開中です。

求められるITスキルと言語能力

中原ゼミの学生が開催したオンラインイベントの様子

こうした状況で就活生や労働者に求められる力とは何か。まず「ITスキル」です。これはスキューバダイビングでいうとボンベのようなもので、まさに「生命線」。とはいっても高度な専門技術が必要とされるわけではなく、「Zoom」などのWeb会議ツールを使いこなすことができれば十分だと考えます。

並んで大切なのが「言葉で伝える力」。オンラインは「察する文化」がほぼ通じない世界で、より高い言語能力が求められます。特に管理職やリーダーがチームを動かすためには「目標を掲げてメンバーに理解させ、まとめあげていくこと」と「日々の声掛け」が重要です。これはビフォーコロナの時代から大切なスキルで、より手が抜けない環境になったといえるでしょう。

オンラインでは難しいことの一つに「新規のコミュニティ形成」が挙げられます。オンラインのみでは人間関係を築くのに非常に時間がかかるため、対面と組み合わせて「共に何かを成し遂げる経験」をすることが必要だと感じます。

悲劇的な出来事の後には成長がある

コロナ禍による変化は、組織が持つレジリエンス(逆境に対する回復力や柔軟性)の有無を浮き彫りにしました。コロナ禍が収束した後、ビフォーコロナ時代の姿に逆戻りする組織と、これを糧に進化を遂げる組織に二極化することが予想されます。就職活動の際にどちらを選ぶのか、働き手にとって選択の大きな基準となることでしょう。

「ポスト・トラウマティック・グロース」という概念があります。「悲劇的な出来事の後には成長がある」という意味ですが、組織や人にとって、ここがまさに成長の機会だと考えます。学生においても、これを機にITスキルを磨いたり、オンラインイベントに積極的に参加してみたりと、新たなことに挑戦してほしいと願っています。

中原教授の3つの視点

  1. オンライン化によりITスキルと言語能力が特に重要となる
  2. コロナ禍による変化は組織の柔軟性の有無を浮き彫りにした
  3. 困難な状況をさらなる成長の機会に


プロフィール

PROFILE

中原 淳

東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科修了。博士(人間科学)。マサチューセッツ工科大学客員研究員、東京大学講師・准教授等を経て、2018年より現職。「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人材開発・組織開発について研究。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

研究活動と教授陣

2021/09/21

ジェンダー平等の実現に向けて—その背景と課題

異文化コミュニケーション学部 浜崎 桂子教授