“点”ではなく“線”の支援で就職後のキャリアまで見通す

キャリアセンター

2021/07/28

キャリアの立教

OVERVIEW

立教大学は、キャリアを「仕事・就職を含めた、自立した個としての自分らしい人生の在り方」と捉えており、就職=ゴールとは考えていません。学生が卒業後の人生において、自らの意志によって将来を見据え、主体的に考えながら、自分でキャリアを切り開いていく力が大切だと考えています。その力は、学生生活での学びや経験を基礎として築かれるものです。そのため、1年次生から参加できるプログラムを多数展開し、学生が多くの経験や多様な価値観に触れ、「学ぶ力」「考える力」を身に付けられるキャリア支援を行っています。

2023年3月卒業予定者へのキャリア・就職支援始動!!

就職活動の本格的スタートは2022年3月です(2022年3月広報活動開始、6月採用活動開始)。準備期間にあたる3年次生の前半は、自分と向き合い、広く情報を集めること、視野を広げることが重要です。キャリアセンターでは、学生たちが自ら一歩を踏み出すことができるよう、プログラムやキャリア相談を通した支援をしています。

キャリア・就職ガイダンス[3年次生・院1年次生対象]

『立教就職ガイド2023』

2023年3月卒業予定を対象としたキャリア・就職支援のスタートプログラムとして、4月15日に、YouTubeライブにて実施。就職活動の大まかな流れや、キャリア・就職を考えるにあたり重要な以下の4点を、具体例を交えながら伝えました。

  1. 自分一人で進路・就職活動を考える必要はないことを理解する
  2. 社会動向に関心を持つ
  3. 目的を持ち、充実した学生生活を送る
  4. 自分の将来を考え、計画的に行動する

インターンシップガイダンス[全年次対象]

『インターンシップガイドブック2021』

4月28日に、「今夏インターンシップに参加したい」「将来について、具体的に考えてみたい」という学生向けに、YouTubeライブでインターンシップガイダンスを開催しました。「インターンシップとは?」「実習先を探す際のポイントは?」「企業は学生の何を見ているのか?」などインターンシップに向けて動き出すことができるよう具体例を交えて伝えました。

立教型インターンシップ[2・3年次生対象]

「立教型インターンシップ」は、学生自身の成長と企業等についての理解を促すため、2003年から実施している本学独自のプログラムです。「会社全般を広く体験する職場体験実務型」や、「業界や業務に関する研究や特定の課題を解決するプロジェクト型」の就業体験を実施しています。20年度は、新型コロナウイルス感染症の影響によりすべてオンラインで実施。例年より実習先の数は少なくなりましたが、17の実習先で52人の学生が参加しました。
21年度は、対面型、オンライン型、対面・オンライン併用型などコロナ禍を踏まえたプログラムを実施する予定です。

※新型コロナウイルス感染症の影響により、実施形態等変更する場合もあります。
2020年度「スタディツアー」「社会を知る講座」の様子

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

キャリアの立教

2021/07/28

実践的な学びを通じて未来のビジネスリーダーを育成

経営学部