支援を止めない!オンラインを活用したコロナ禍のキャリアセンターの支援

キャリアセンター

2020/11/24

キャリアの立教

OVERVIEW

新型コロナウイルス感染症の影響拡大により、対面でのプログラムやキャリア相談の実施が難しくなり、キャリアセンターは4月8日から5月末まで閉室しました。しかし、どのような状況でも、自身の将来や生き方を考えることや、就職活動を進めていく上でやるべきことは変わりません。キャリアセンターでは、その基本を学生に伝えることを重視し、「支援を止めない!」をキャッチフレーズに、オンラインを活用するなどして柔軟かつ迅速な対応を検討・実施してきました。今回は、その主な内容をご紹介します。

2020年度キャリア・就職支援始動!

キャリア・就職ガイダンス

2022年3月卒業予定者へのキャリア・就職支援が4月からスタートしました。就職活動の本格的な開始は2021年3月。準備期間にあたる3年次の前半は、自分と向き合い、広く情報を集めること、視野を広げることが重要です。ガイダンスをはじめとしたプログラム等をオンラインで実施しています。

キャリア・就職ガイダンス[3年次生・院1年次生対象]

『立教就職 ガイド2022』

4月16日、2022年3月卒業予定者(新3年次生・院1年次生)を対象としたキャリア・就職支援のスタートプログラムとして「キャリア・就職ガイダンス」をLIVE配信にて実施しました。就職活動の流れや、今後の自身のキャリアや就職を考えるにあたり重要な下記の3点を、具体例を交えながら伝えました。

  1. 社会動向に関心を持とう
  2. 目的意識を持ち、充実した学生生活を送ろう
  3. 自分の将来を考え、計画的に行動しよう

インターンシップガイダンス[全年次対象]

『インターンシップ ガイドブック2020』

4月27日、LIVE配信でインターンシップガイダンスを開催しました。「インターンシップとは?」「実習先を探す際のポイントは?」「企業は学生の何を見ているのか?」などインターンシップに向けて具体的に動き出すことができるよう具体例を交えて伝えました。

立教型インターンシップ[2・3年次生対象]

キャリアセンターが独自に企業・行政・団体などと連携して実施するインターンシップです。今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、対面での実施は中止としましたが、学生の社会理解を深める就業体験を提供すべく全日程オンラインでの実施に変更しました。

【2020年度実習先(一部)】
日立ハイテクソリューションズ、リーガルコーポレーション、ProQuest日本支社、オリエンタルモーター、行政書士法人KIS近藤法務事務所、JKホールディングス、アートネットワーク・ジャパン、メディアハウスホールディングス
など 18社/団体

2021年3月卒業予定者への支援

「今できること」動画より

3月から就職活動が本格的にスタートしましたが、合同企業説明会等のイベントは中止となり、代わりにWEB説明会やWEB面接が実施されるなど、企業の採用活動にもさまざまな変化が生じました。そのような状況の中、キャリアセンターでは、他大学に先駆けてWEB相談を導入したほか、「今できること」をまとめて学生に配信する、学内合同企業説明会参加予定企業情報をSPIRITのキャリアセンターページで公開する、学生に必要な情報をメールマガジンで配信する、LIVE配信でWEB合同相談会を開催するなど、学生が安心感を持って就職活動に臨めるようサポートをしてきました。また、6月24日に、LIVE配信で開催した就活リスタートガイダンスでは、企業の採用動向を伝え、活動を振り返り、これからの就職活動について考えました。7月には、オンラインでの学内合同企業説明会を実施し、50社が参加しました。

視野を広げよう

社会には、多くの業界・企業がありますが、学生が知っているのはごく一部です。「やりたいことが見つからない」という学生がいますが、その多くは、特定の企業や仕事しか見ておらず、圧倒的な情報不足が原因で将来の可能性を狭めてしまっています。やりたいことは知っていることの中からしか生まれません。目まぐるしく変化する社会構造を理解し、さまざまな業界や企業について知ることで、働きたい業界や企業が見えてきます。積極的に行動して知識を増やし、視野を広げることが大切です。春学期中、対面でのプログラムは実施できませんが、多くのプログラムをオンラインに切り替えて実施しています。

社会を知る講座

新型コロナウイルス感染症拡大の影響の中、学生が直接社会人に会い、企業や仕事内容について話を聞く機会が制限されるため、社会人に話を聞くことができる機会をより多く提供したいと考え、明治大学・青山学院大学と連携した共通LIVE配信を実施。計8講座開催しました。全学年対象のため、社会を見る目を養い、今後の生き方や働き方を考えるきっかけとするために、低年次から参加することを勧めています。オンラインでの開催により、低年次の学生が参加しやすくなったとの声もあります。

【2020年度テーマ】
営業のシゴト/海外との懸け橋になる仕事/身近なB to C企業/シェアNo.1の製品・サービスがある企業/世界一or世界最大級があるB to B企業
など

学内OB・OG訪問会(オンライン版)

立教大学を卒業し、社会で活躍する卒業生の生の声を聞くことを通じて、業界・企業・シゴトに対する視野を広げるほか、やりがいや大変さを含め“働く”ことに対する理解を深めます。GoogleMeetと質問アプリを活用したLIVE配信で、5月23日から2週間ごとに5回開催し、15人の卒業生とのべ3,500人以上の学生が参加しました。

【卒業生の勤務先】
三井物産、ジョンソン・エンド・ジョンソン、日本航空、トヨタ自動車、オリエンタルランド、東京都特別区、東京都教員
など

参加学生の声
  • 実際の仕事の想像がついた
  • 自分の考えや視野が広がった
  • 今、何をしたらいいのかよく分かった
その他の取り組み/WEB合同相談会(4年次生・院2年次生、3年次生・院1年次生、1・2年次生)
キャリア相談を利用するほどではないが、コロナ禍における就職活動や進路選択に不安がある学生も多いと考え、「今、知りたい」ことに答えるべく、対象学年を分けて4月30日より開催。学生から事前に寄せられた質問にキャリアセンタースタッフがLIVE配信で回答します。大学に来られないまま大学生活がスタートした新入生や環境が大きく変化した2年次生対象も、学生部との共催で5月29日より開催しています。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

キャリアの立教

2021/01/21

多様な「人」と「社会」に触れて自ら道を切り拓く力を養う

社会学部