戻る

l***l

立教大学アメリカ研究所主催 公開シンポジウム

 

2014/10/24
岐路にたつオバマ政権
―政治・外交・選挙―

 

 

 

1024poster
日時:
2014年10月24日(金)18:30~20:30
場所:
立教大学池袋キャンパス 14号館5階D501教室
キャンパスマップ
講師:
佐藤 丙午 氏
(拓殖大学国際学部教授)
  渡辺 将人 氏
  (北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院准教授)
  西川 賢 氏
  (津田塾大学学芸学部准教授)
司会・討論者:
佐々木 卓也
(立教大学法学部教授・アメリカ研究所所長)
対象:
学生・教職員・一般
主催:
立教大学アメリカ研究所
(ramins@rikkyo.ac.jp 03-3985-2633)
   
   
   

 

 

 

 
内容

今年11月の中間選挙を前に、外交・安全保障、選挙・政治意識、政治史の専門家に報告をお願いし、アメリカの現状、オバマ政権の動向について考察します。【入場無料、予約不要】


 

 

講師紹介

◆佐藤 丙午 氏(拓殖大学国際学部教授)

一橋大学大学院法学研究科博士後期課程修了。博士(法学)。防衛庁防衛研究所第一研究部助手、主任研究官、拓殖大学海外事情研究所教授を経て、2013年から現職。国際関係論及びアメリカ研究を中心として、日米関係や経済と安全保障の接点に係わる問題の研究を行っている。共著にArms Control after Iraq : Normative and Operational Challenges. (United Nations University Press, 2006)、『現代国際関係入門』(ミネルヴァ書房、2012年)、『アメリカがつくる国際秩序』(ミネルヴァ書房、2014年)など。

◆渡辺 将人 氏(北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院准教授)

シカゴ大学大学院国際関係論修士課程修了。テレビ東京報道局政治部記者、コロンビア大学およびジョージワシントン大学客員研究員を経て、2010年から現職。研究領域はアメリカ政治、選挙、外交など。著書に『現代アメリカ選挙の集票過程――アウトリーチ戦略と政治意識の変容』(日本評論社、2008年)、『評伝バラク・オバマ――「越境」する大統領』(集英社、2009年)、『オバマ・アメリカ・世界:America and the World in the Age of Obama』(NTT出版、2012年)、訳書に『アメリカ西漸史』(東洋書林、2013年)など。

◆西川 賢 氏(津田塾大学学芸学部准教授)

慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻後期博士課程修了。博士(法学)。財団法人日本国際問題研究所研究員、九州大学大学院法学府客員准教授などを経て、2011年より現職。専門は政治学、アメリカ政治史。単著に『ニューディール期民主党の変容――政党組織・集票構造・利益誘導』(慶應義塾大学出版会、2008年)、共著に『アメリカを知る事典[新版]』(平凡社、2012年)、共訳書に『リベラルな秩序か帝国か――アメリカと世界政治の行方(上・下)』(勁草書房、2012年)など。2010年度日本選挙学会賞受賞。

 


 

 

 

 


立教大学アメリカ研究所ホームページにご意見をお寄せ下さい。

[Send e-mail
ramins@rikkyo.ac.jp

封筒の画像をクリックしてください。

171-8501 豊島区西池袋3-34-1

立教大学アメリカ研究所


電話:03-3985-2633
FAX
03-3985-0279

運営:立教大学アメリカ研究所