戻る

l***l

立教大学アメリカ研究所主催公開シンポジウム

 

2011/11/26
金融危機後のアメリカ経済を読み解く
―「オバマの経済政策」の到達点と課題―

 

 

 

ポスター
日時:
2011年11月26日(土)14:00-16:00
場所:
立教大学池袋キャンパス10号館2階X204教室
キャンパスマップ
パネリスト:
河音 琢郎 (立命館大学経済学部教授)
豊福 裕二 (三重大学人文学部准教授)
長谷川 千春 (立命館大学産業社会学部准教授)
福島 清彦 (本学経済学部特任教授)
山縣 宏之 (本学経済学部准教授)
 
対象:
学生・教職員・一般
定員:
140名(先着順)
予約不要・入場無料
   

 

 

 

 
内容

アメリカ発金融危機は一段落したが、世界経済の本格回復はいまだならず、アメリカ経済の行く末もいぜんとして不透明である。このシンポジウムは、最新のアメリカ経済の動向とオバマ政権の経済政策の展開について、学内外の第一線の若手研究者が多角的に報告する。さらに福祉資本主義を展望する経験豊富な研究者を交えた討論を通じて、「オバマの経済政策」の到達点と課題を明らかにすることを試みる。

プログラム

  【企画・趣旨説明 】 …… 山縣 宏之
  【報告1】 オバマ政権期のアメリカ経済―マクロパフォーマンスとその意味 …… 山縣 宏之
  【報告2】 サブプライムローン問題の帰結と本格回帰なき住宅市場 …… 豊福 裕二
  【報告3】 深刻化する連邦財政赤字とその持続可能性 …… 河音 琢郎
  【報告4】 ゆらぐアメリカ医療保障制度―オバマ政権の医療保険改革を巡って …… 長谷川千春
  【コメント・討論】 座長:福島 清彦

 

 

 

 

 


立教大学アメリカ研究所ホームページにご意見をお寄せ下さい。

[Send e-mail
ramins@rikkyo.ac.jp

封筒の画像をクリックしてください。

171-8501 豊島区西池袋3-34-1

立教大学アメリカ研究所


電話:03-3985-2633
FAX
03-3985-0279

運営:立教大学アメリカ研究所