戻る

l***l

立教大学社会学部主催公開講演会(共催:立教大学アメリカ研究所)

立教大学招聘研究員として来日中のジョージア州立大学のAdia Harvey Wingfield氏を講師に迎え、公開講演会を開催します。
開催日時、場所などの詳細は以下のとおりです。予約不要・入場無料ですので、奮ってご参加ください。

 

2011/7/28
Yes We Can?:
President Barack Obama and the White Racial Frame

 

 

 

ポスター
日時:
2011年7月28日(木)18:20-19:50
場所:
立教大学池袋キャンパス14号館D402教室
 
講師:
Adia Harvey Wingfield 氏
(本学招聘研究員、ジョージア州立大学社会学部助教授)
言語:
英語(通訳あり)
通訳:
Cristiana Celli 氏 (社会学研究科博士後期課程)
主催:
立教大学社会学部
共催:
立教大学アメリカ研究所
予約:
不要
入場:
無料

 

 

 

 
内容

   2008年のアメリカ大統領選挙におけるオバマ大統領のキャンペーンをケーススタディとして取り上げて分析する。このキャンペーンの成功についてはアメリカにおける人種差別主義(racism)の終焉とみなされることが多かったが、競合する政治的アクターが人種差別主義的な枠組みを用いていたことを明らかにする。

   Many analysts suggested that Barack Obama's successful campaign for the presidency indicated the end of racism in the United States. However, using events from this campaign as case study data, I explore its many striking racial dimensions. Building on Feagin's (2010) concept of the white racial frame, I identify various ways that racial markers, language, and stereotypes shaped key aspects of the 2008 presidential campaign. Rather than revealing the end of racism, I contend that competing political actors continued to use racial framing to shape this historic election.

 

講師紹介

◆Adia Harvey Wingfield(Georgia State University)

Adia Harvey Wingfield is an assistant professor of Sociology Department at Georgia State University. She is the author of Changing Times for Black Professionals. (Routledge, 2011) , Doing Business with Beauty: Black Women, Hair Salons, and the Racial Enclave Economy. (Rowman and Littlefield, 2008) and co-author (with Joe Feagin) of Yes We Can?: Whites Racial Framing and the 2008 Presidential Campaign. (Routledge, 2009). She received her Ph.D in sociology from Johns Hopkins University in 2004, and worked at Hollins University prior to joining the faculty at Georgia State University.

 

 


立教大学アメリカ研究所ホームページにご意見をお寄せ下さい

[Send e-mail
ramins@rikkyo.ac.jp

封筒の画像をクリックしてください。

171-8501 豊島区西池袋3-34-1

立教大学アメリカ研究所


電話:03-3985-2633
FAX
03-3985-0279

運営:立教大学アメリカ研究所