2004年度立教大学アメリカ研究所主催 連続公開講演会

検証!アメリカン・ポップ・カルチャー

(全4回)

 立教大学アメリカ研究所では、2004年度、現代のアメリカ大衆文化について文学、音楽、映画などの視点から読み解く連続公開講演会「検証!アメリカン・ポップ・カルチャー」を開催いたします。11月18日の文学編を皮切りに、12月2日のディズニー編、さらに12月11日の音楽編と12月20日の映画編でそれぞれの分野の研究者をお招きし、多角的に検討することで、アメリカ文化の今の姿を解き明かします。

  

12/11

“黒い”サウンドとは?

~アメリカ・ポピュラー音楽を分析する~

佐藤良明

日時: 2004年12月11日(土)15:00-16:30
場所: 立教大学池袋キャンパス7号館7102教室
講演者:

佐藤良明(東京大学総合文化研究科教授)

(『J-POP進化論』『ラバーソウルの弾みかた』著者)

司会: 三浦雅弘(アメリカ研究所所長・本学教授)
予約不要・入場無料

 

報告

全4回で構成される2004年度のアメリカ研究所公開講演会シリーズ「検証!アメリカン・ポップ・カルチャー」の第3回(音楽編)では、東京大学教授である佐藤良明氏が「黒い」サウンドについて、多くの音源を用いて講演を行った。元来は「白い」とか「黒い」という音楽はなく、こちら側がいろいろな作用を受けつつ、どちらかに振り分けているのではないかという指摘から議論を始め、ロックンロールについても、その起源を理解する背景として、それまでは音楽的な違いではなく、人種と階級にまつわる社会心理的な原因によって分離していた(されていた)音楽が、いくつかのきっかけを経て接触したのではないかと論じた。また音楽の「黒さ」について、リズムやその特徴から説明を加え、さらに黒人音楽観の時代的変遷を追っていくことで、その受容の変化を検討した。

当日は学部生を中心に院生や研究者など、100名以上の参加者を得て、講演後には佐藤氏と参加者との間で活発な質疑応答が行われた。この場を借りて、佐藤先生と参加者の方々に感謝の意を伝えたい。

奥村理央

立教大学アメリカ研究所

参加者の声

 私はただ「ロックンロール」と聞くと、激しい音楽を想像していました。しかし、このような民族などの深い歴史があり驚きました。白人・黒人音楽といった奥深さにもとても興味が湧きました。私の中ではロックとR&Bとはまったく別物で、ジャンルが違くて似つかないモノでした。しかし、時代の流れと共に、資本が介入し、現在に至る、その過程はおもしろいものだと思います。確かに最近では新しい形の音楽も登場し、いろいろなジャンルの融合が可能となっている様に感じますが、その根源は一つなのかなと感じました。

立教大学社会学部現代文化学科3年

 「Old Joe Clark」と「Get Back」の類似には驚かされました。丹念に音を拾われて、論証されたことは大変興味深かったです。

一般

 アメリカでの白人、黒人の立場を考えると、歌詞の内容に関してはだいぶ違いがあると思いました。その立場の違いによっても選ばれる単語もリズムもある程度限定されてくるような気もしたんですが・・・。講演のテーマは、普段あまりなじみのないもので、私も「黒い」サウンドに対して見事にステレオタイプにはまっていたので、よい刺激となりました。おもしろかったです。

立教大学

 黒いサウンド=黒人音楽だと思っていたが、そういうジャンルに入れられて、そういうものに聞こえてしまう、と言っていたのを聞いて、とても驚いた。なるほど、そういうジャンル分けやカテゴリーにしていなければ、音楽には本当に区切りは出来ないのだろう。今回、色々なblack soundを聴かせてもらい、知っている曲も何曲かあって面白かった。ブルースとロックンロールの違いは分かるような気がするが、白人がアレンジしたのや黒人が作ったものとか区別がつかないのは、私が日本人だからでしょうか。

立教大学社会学部現代文化学科

 サウンドを取り入れたりと、堅苦しくない雰囲気で話を聞いていてとても楽しかったです。いろいろな曲を聴いて、あらためて音楽とは自由でアレンジがきくものなんだなあと思いました。「3・3・7拍子」のことを聞いてそう感じました。Black Soundと言われるものは、私が思い描いていたものよりもずっとPopな感じがして、親しみやすいと思いました。今までそんなに音楽に興味を持っていませんでしたが、もっといろいろな曲を聴こうと意欲が湧いてきました。良い機会を与えてもらえました。

立教大学

 


立教大学アメリカ研究所ホームページにご意見をお寄せ下さい。

[Send e-mail
ramins@rikkyo.ac.jp

封筒の画像をクリックしてください。


Rikkyo
立教大学 Home Page



〒171-8501 豊島区西池袋3-34-1

立教大学アメリカ研究所


電話:03-3985-2633
FAX:03-3985-0279

運営:立教大学アメリカ研究所