アメリカ研究所The Institute for American Studies

立教大学アメリカ研究所は立教大学における最初の研究所として1939年に設立され、翌1940年から実質的な活動を始めました。アメリカ研究の機関としても、日本で最初の研究所です。設立以来、当研究所は定期刊行物の発行、研究会や講演会の開催、さらに図書の収集・公開を通して日本におけるアメリカ研究を支援しています。所員は立教大学に所属する教員や名誉教授によって構成されており、アメリカ及び日米関係を変貌する国際社会の中で総合的に捉え、研究者だけでなく一般の方々にも届く声で伝えるよう、積極的にイベントの開催や紀要『立教アメリカン・スタディーズ』の発行に取り組んでいます。
Founded in 1939, the institute is the oldest one in Japan devoted to American Studies. Since then it has continued to promote such studies in Japan by making available its many books, periodicals, and other materials to students and faculty of the University, as well as to students and researchers of other universities and institutes. At present, the Institute has eleven members on its staff from the seven Colleges of the University. They are also working together to publish Rikkyo American Studies. From time to time the institute holds public lectures on various topics.

研究所について

沿革
アメリカ研究所は立教大学で最初の研究所として、また日本で最初のアメリカ研究機関として、1939年に設立されました。日米関係が悪化の一途を辿っていた当時に日米相互の理解と親善増進を目的として発足しましたが、諸般の事情による組織改編や名称変更、さらには一時閉鎖を経て、1947年11月に大学の一機関として規模を縮小して活動を再開しました。その後は図書資料の収集や講演会の企画・開催等を積極的に行い、1976年からは紀要『立教アメリカン・スタディーズ』(年刊)を発刊しています。1980年代から90年代は、Ronald T. Takaki(U.C. バークレイ校教授)やHoward Zinn(ボストン大学教授)、Yuji Ichioka(UCLA教授)といった著名な研究者を招き講演会を開催した他、学生には一般教育の自由選択科目・総合講座「アメリカ研究」を開講しました。21世紀に入ってからは、2002年に総合研究センターの傘下に入り、ラテンアメリカ研究所等との共催企画を開催するなど、アメリカ研究の枠にとらわれずに活動を展開しています。
活動
基本となる活動は、まずアメリカ研究に必要な図書・資料の収集です。次いで、公開講演会、シンポジウム等の企画・開催、そして定期刊行物の編集・発行があります。こうした諸活動は学内の学生・教員はもちろん、学外の学生・研究者・一般へ向けても行われています。研究所は主にこの三つの活動を通して、アメリカヘのより深い理解と、日本におけるアメリカ研究の推進を支援しています。
2017年度所員、研究員

所長

生井 英考 IKUI, Eikoh(社会学部教授)

副所長

松原 宏之 MATSUBARA, Hiroyuki(文学部教授)

所員

新田 啓子 NITTA, Keiko(文学部教授)
佐々木 卓也 SASAKI, Takuya(法学部教授)
アンドリュー・デウィット Andrew DeWit(経済学部教授)
佐野 信子 SANO, Nobuko(コミュニティ福祉学部准教授)
ハーバート・ドノヴァン Herbert A. Donovan(経営学部講師)
李 香鎮 LEE, Hyangjin(春学期、異文化コミュニケーション学部教授)
小倉 和子 OGURA, Kazuko(秋学期、異文化コミュニケーション学部教授)
阿部 珠理 ABE, Juri(名誉教授)
小林 憲二 KOBAYASHI, Kenji(名誉教授)

研究員

岩﨑 佳孝 IWASAKI, Yoshitaka(客員研究員)
南 修平 MINAMI, Shuhei(客員研究員、弘前大学)
望戸 愛果 MOKO, Aika(特任研究員、日本学術振興会特別研究員PD)
図書
当研究所の所蔵図書は立教大学図書館に配架されています。図書の閲覧、貸出を希望される方は、以下の立教大学図書館の利用案内をご確認のうえ、ご利用ください。
また立教大学図書館に配架されているアメリカ研究所の図書資料と、アメリカ研究所内で所蔵している研究資料は、「総合研究センター検索データベース」にて検索可能です。下記リンク先よりご利用ください。
リンク

日本語サイト(Japanese Site)

立教大学
公的機関
学会・機関
図書館・データベース

英語サイト(English Site)

公的機関
学会
図書館・データベース
アクセス

講演会・研究会・シンポジウム(開催情報)

2017.06.06 ワークショップ「アメリカ福祉国家の政治文化史」(※要事前申込)
日時
2017年6月6日(火)15:30~20:00
 第1部 15:30~17:00
 第2部 18:20~20:00

場所
立教大学池袋キャンパス ライフスナイダー館レセプションルーム

講師
小滝 陽 氏(一橋大学大学院社会学研究科特任講師)
松原 宏之(立教大学文学部教授、アメリカ研究所副所長)
佐々木 一惠 氏(法政大学国際文化学部准教授)
Lisa McGirr氏(ハーバード大学歴史学部教授)

内容
アメリカ合衆国における国家機構・福祉国家の成長と変容をいかに捉え直すかは近年改めて注目を浴びている。国内での「貧困との闘い」とベトナム戦争とを視野におさめる小滝陽報告(第1部)と、第一次世界大戦期の連邦政府と民間団体との折衝過程を追跡する松原宏之報告(第2部)を起点に、ワークショップを催す。佐々木一惠氏のコメントとともに、McGirr氏の近著までを討議に付す。※第1部のみ、または第2部のみでもご参加いただけます。

第1部(15:30~17:00)
報告題目「Fixing Families in the War on Poverty and the Vietnam War: James R. Dumpson and the Transformation of Male-breadwinner Ideology in South Vietnam」
報告者:小滝陽

第2部(18:20~20:00)
報告題目「The Council of National Defense and the Woman's Committee: The State and American Women during World War I」
報告者:松原宏之

申込
立教大学アメリカ研究所(ramins@rikkyo.ac.jp)までE-mailにて①氏名、②所属、③連絡先を明記してお申し込みください。

参加費
無料

言語
英語(通訳なし)

対象
研究者、学生

主催
立教大学アメリカ研究所
(ramins@rikkyo.ac.jp 03-3985-2633)
2017.06.02 研究会「Understanding the American Right: Has Trump Proved Historians Wrong?」
日時
2017年6月2日(金)18:30~20:00

場所
立教大学池袋キャンパス12号館 第1・第2会議室(地下1階)

講師
Lisa McGirr氏(ハーバード大学歴史学部教授)

コメント
宮田 伊知郎 氏(埼玉大学人文社会科学研究科准教授)

司会
松原 宏之(立教大学文学部教授、アメリカ研究所副所長)

内容
先駆的業績Suburban Warriors: The Origins of the New American Right (Princeton UP, 2001)でカリフォルニア郊外の新保守主義運動の台頭を明らかにしたLisa McGirr氏に、長い20世紀の文脈に照らして現代アメリカ史をいかに論じうるかを問う。郊外史研究の宮田伊知郎氏のコメントとともに集中討議の機会としたい。

言語
英語(通訳なし)

対象
研究者、学生

主催
立教大学アメリカ研究所
(ramins@rikkyo.ac.jp 03-3985-2633)

※申込不要、入場無料
2017.05.30 公開講演会「新保守主義の起源から考える現代アメリカ」
日時
2017年5月30日(火)18:30~20:00

場所
立教大学池袋キャンパス太刀川記念館多目的ホール

講師
Lisa McGirr氏(ハーバード大学歴史学部教授)

通訳
小森 真樹 氏(東京外国語大学ジュニアフェロー)

司会
松原 宏之(立教大学文学部教授、アメリカ研究所副所長)

内容
ドナルド・トランプを大統領に選出したアメリカ合衆国の現状を、第二次世界大戦後の長いアメリカ史の射程で考える。カリフォルニア州における1960年代以降の新保守主義・新自由主義の台頭をいち早く俎上に載せていたLisa McGirr氏による講演と、学生との質疑応答セッションを開催する。

主催
立教大学アメリカ研究所

言語
英語(逐次通訳あり)

対象
学部生、大学院生

※申込不要、入場無料

刊行物

『立教アメリカン・スタディーズ』
『アメリカ研究シリーズ』として1976年に刊行し、第21号(1999年)からは『立教アメリカン・スタディーズ』へと改題し、現在も年刊で発行している紀要です。その年度に開催されたイベント(講演会、シンポジウム)をベースにしたものを特集とし、アメリカ研究に関わる論文などを寄稿してもらっています。
『立教アメリカ研究ブックレット』
No. 1(2006年11月) ホーソーンとその時代——アメリカ文化史のある断面(小林憲二著)
No. 2(2008年3月) アンクル・トムとその時代——アメリカ大衆文化史(小林憲二著)
No. 3(2009年3月) 作家「マーク・トウェイン」への道(小林憲二著)
No. 4(2010年3月) 若きマーク・トウェイン——「スノッドグラス」から「ミシシッピ」へ(小林憲二著)
その他の研究所関連刊行物

  • 『立教大学アメリカ研究所図書目録』(立教大学アメリカ研究所、1942年)

  • 月刊『アメリカ文化』第1巻第1号~第2巻第3号(立教大学アメリカ研究所、1946年~1947年)

  • ダグラス・オーヴァトン著『アメリカ政治思想の系譜』(潮書房、1950年)
    アメリカ研究所は翻訳を担当

  • 『研究会報』(「近代市民社会意識形成期研究会」会報第1号、1963年)
    代表者:清水博(立教大学アメリカ研究所所員)

  • 『研究報告Ⅰ』(総合研究「アメリカ社会におけるコンフォーミティの形成」研究会、1968年)。
    代表者:清水博(立教大学アメリカ研究所所員)

  • 立教大学アメリカ研究所編『アメリカ研究邦語文献目録Ⅱ——歴史・政治・経済・文学 1970~74』(東京大学出版会、1976年)

  • アメリカ研究邦語文献目録編集委員会編『アメリカ研究邦語文献目録Ⅲ——歴史・政治・経済・文学 1975~79』(東京大学出版会、1982年)立教大学アメリカ研究所内に編集委員会は組織された。

研究所からのお知らせ

2017.09.01 アメリカ研究所のウェブサイトをリニューアルしました
大学公式サイトのデザインを適用し、スマートフォンなどモバイル端末にも対応しました。
2017.05.01 公式ツイッターアカウントを開設しました
2017.03.31 『立教アメリカン・スタディーズ』第39号を発行しました
ドナルド・トランプからモハメド・アリまで、各分野の第一人者による論考が揃いました。ぜひご一読ください。

お問い合わせ

立教大学アメリカ研究所