日本学研究所Rikkyo Institute of Japanese Studies

日本学研究所は、日本学に関する研究・調査、国内・国外の日本学研究者との学術交流の推進、研究に必要な図書・資料・器材の整備・管理、日本学研究の成果の公表、研究会、講演会、講座などの開催など、海外の日本学研究との連携を図り、立教大学を媒体として質・量ともに豊かな研究を推進しています。

概要

日本学研究所とは
立教大学は、近年、外国人の正規留学生、および大学間交流による短期留学生も大幅に増加し、国際交流の面で大きな変貌を遂げつつあります。このような国際化を目指す中で、真の意味での国際交流を深めるためには、日本の言語・文化・思想・歴史・社会などに関する研究、すなわち「日本学」の研究を推進し、積極的に人的交流をはかり、相互理解を深めていかねばなりません。そこで、本学に「日本学研究所」を設置します。海外の日本学研究との連携を図り、立教大学を媒体として質・量ともに豊かな研究を推進します。具体的には次のような事業を行います。

  • 日本学に関する研究・調査
  • 国内・国外の日本学研究者との学術交流の推進
  • 研究に必要な図書・資料・器材の整備・管理
  • 日本学研究の成果の公表
  • 研究会、講演会、講座等の開催
  • 学外の研究者ならびに留学生に対する日本学研究の援助
  • その他研究所の目的達成に必要な事項
日本研究は立教大学全体で担うべき総合的な学際的分野であって、各学部との連携の上に標榜すべきものです。従って、ここに立教大学日本学研究所を設立する意義は大きく、また21世紀へ向けての今後の発展を目指して、積極的にその役割を果たす必要があるでしょう。
所員
所長
佐藤 雄基
立教大学文学部准教授 日本古代中世史

副所長
井野 葉子
立教大学文学部教授 日本文学

所員
荒野 泰典
立教大学名誉教授 近世日本史

石川 巧
立教大学文学部教授 日本近代・現代文学

上田 信
立教大学文学部教授 中国社会史

老川 慶喜
立教大学名誉教授 近代日本経済・経営史

沖森 卓也
立教大学文学部教授 日本語学

小澤 実
立教大学文学部教授 西洋中世史

小野沢 あかね
立教大学文学部教授 日本近代史

加藤 定彦
立教大学名誉教授 日本近世文学

加藤 睦
立教大学文学部教授 日本文学

金子 明雄
立教大学文学部教授 日本文学

川崎 賢子
立教大学文学部特任教授 日本文学

木村 直也
立教大学文学部特任教授 日本史

蔵持 重裕
立教大学名誉教授 日本中世史

小嶋 菜温子
立教大学名誉教授 日本古代文学

後藤 雅知
立教大学文学部教授 日本近世史

小峯 和明
立教大学名誉教授 日本中世文学

鈴木 彰
立教大学文学部教授 日本文学

原 克昭
弘前大学人文社会科学部准教授 日本文学

平井 吾門
立教大学文学部准教授 日本語学

平澤 卓也
立教大学文学部助教 日本宗教学

深津 行徳
立教大学文学部教授 東アジア古代史

藤井 淑禎
立教大学名誉教授 日本近代文学

前田 英樹
立教大学名誉教授 フランス文学、哲学、言語学

水谷 隆之
立教大学文学部教授 日本文学

アレクサンドル・マンジャン
立教大学文学部助教 日本民俗学

水口 幹記
藤女子大学文学部准教授 日本古代文学

山浦 清
立教大学名誉教授 考古学

渡辺 憲司
立教大学名誉教授 日本近世文学
研究員
特任研究員
石橋 剛
高 陽
呉座 勇一
後藤 隆基
園山 千里
疋田 雅昭
BJOERK, Tove Johanna
BENZONI, Maria Matilde
松本 和也
山本 信太郎
山田 夏樹

研究員
青木 慎一
朝比奈 新
李 知殷
尹 芷汐
飯郷 友康
石川 偉子
乾 英治郎
岩谷 めぐみ
岡田 薫
許 譯兮
倉田 夏樹
胡 新祥
黃 暁星
Żabko-Potopowicz Krzysztof
肖 江楽
舒 志田
住友 直子
石 恩京
SETZER, Morgaine Martina
高澤 信子
髙野 奈保
滝上 裕子
徳本 文
中村 陵
波木井 優子
朴 知恵
橋本 繁
畑中 佳恵
深澤 瞳
古橋 綾
牧 義之
椋棒 哲也
諸岡 重明
湯本 優希
吉橋 さやか
李 靜玟
李 勇九
李 暁璐
林 淑美

イベント・講演会

2019.12.15 公開シンポジウム「室町時代源氏絵研究の最前線」
日時:
2019年12月15日(日)13:30~18:00

場所:
立教大学 太刀川記念館3階 カンファレンスルーム

内容:
1989年に個人蔵の「扇面画帖」、1993年にハーバード大学美術館の土佐光信筆「源氏物語画帖」が発見されて以来、毛利博物館の「源氏物語絵巻」など、室町時代の源氏絵の発見・紹介が相次ぎ、研究が活性化している。本シンポジウムでは、九州国立博物館にて「扇面画帖」の修理に当たった鷲頭桂氏、「扇面画帖」を紹介した片桐弥生氏、毛利博物館の「源氏物語絵巻」を紹介した龍澤彩氏、室町時代土佐派研究の第一人者である髙岸輝氏をお招きして、室町時代の源氏絵研究の成果をご発表いただくとともに、今後の展望を語っていただく。

研究発表兼パネラー:
鷲頭  桂氏(東京国立博物館)
片桐 弥生氏(静岡文化芸術大学)
龍澤  彩氏(金城学院大学)
髙岸  輝氏(東京大学)

ディスカッサント:
稲本 万里子氏(恵泉女学園大学)
青木 慎一(立教大学文学部兼任講師)

司会:
井野 葉子(立教大学文学部教授)

主催:
立教大学日本学研究所、科学研究費補助金(基盤研究B)「オントロジーに基づく源氏絵データベースを共有・活用した源氏絵の総合研究」(研究代表者:稲本万里子)(17H02295)

共催:
立教大学文学部日文専修、立教大学文学研究科日文専攻、立教大学日本文学会

対象:
本学学生、大学院生、教職員、校友、一般
※事前申込不要、入場無料

問合先:
日本学研究所
nihongaku@rikkyo.ac.jp 

お問い合わせ

日本学研究所