日本学研究所Rikkyo Institute of Japanese Studies

日本学研究所は、日本学に関する研究・調査、国内・国外の日本学研究者との学術交流の推進、研究に必要な図書・資料・器材の整備・管理、日本学研究の成果の公表、研究会、講演会、講座などの開催など、海外の日本学研究との連携を図り、立教大学を媒体として質・量ともに豊かな研究を推進しています。

概要

日本学研究所とは
立教大学は、近年、外国人の正規留学生、および大学間交流による短期留学生も大幅に増加し、国際交流の面で大きな変貌を遂げつつあります。このような国際化を目指す中で、真の意味での国際交流を深めるためには、日本の言語・文化・思想・歴史・社会などに関する研究、すなわち「日本学」の研究を推進し、積極的に人的交流をはかり、相互理解を深めていかねばなりません。そこで、本学に「日本学研究所」を設置します。海外の日本学研究との連携を図り、立教大学を媒体として質・量ともに豊かな研究を推進します。具体的には次のような事業を行います。

  • 日本学に関する研究・調査
  • 国内・国外の日本学研究者との学術交流の推進
  • 研究に必要な図書・資料・器材の整備・管理
  • 日本学研究の成果の公表
  • 研究会、講演会、講座等の開催
  • 学外の研究者ならびに留学生に対する日本学研究の援助
  • その他研究所の目的達成に必要な事項
日本研究は立教大学全体で担うべき総合的な学際的分野であって、各学部との連携の上に標榜すべきものです。従って、ここに立教大学日本学研究所を設立する意義は大きく、また21世紀へ向けての今後の発展を目指して、積極的にその役割を果たす必要があるでしょう。
所員
所長
佐藤 雄基
立教大学文学部准教授 日本古代中世史

副所長
鈴木 彰
立教大学文学部教授 日本文学

所員
荒野 泰典
立教大学名誉教授 近世日本史

石川 巧
立教大学文学部教授 日本近代・現代文学

上田 信
立教大学文学部教授 中国社会史

老川 慶喜
立教大学名誉教授 近代日本経済・経営史

沖森 卓也
立教大学文学部教授 日本語学

小澤 実
立教大学文学部准教授 西洋中世史

小野沢 あかね
立教大学文学部教授 日本近代史

加藤 定彦
立教大学名誉教授 日本近世文学

加藤 睦
立教大学文学部教授 日本文学

金子 明雄
立教大学文学部教授 日本文学

蔵持 重裕
立教大学名誉教授 日本中世史

小嶋 菜温子
日本古代文学

後藤 雅知
立教大学文学部教授 日本近世史

小峯 和明
立教大学名誉教授 日本中世文学

原 克昭
立教大学文学部助教 日本文学

深津 行徳
立教大学文学部教授 東アジア古代史

藤井 淑禎
立教大学名誉教授 日本近代文学

水口 幹記
藤女子大学文学部准教授 日本古代文学

水谷 隆之
立教大学文学部准教授 日本文学

山浦 清
立教大学名誉教授 考古学

渡辺 憲司
立教大学名誉教授 日本近世文学
研究員
特任研究員
赤羽目 匡由
高 陽
呉座 勇一
園山 千里
疋田 雅昭
BJOERK, Tove Johanna
BENZONI, Maria Matilde
松本 和也
山田 夏樹

研究員
青木 慎一
朝比奈 新
李 知殷
尹 芷汐
飯郷 友康
石川 偉子
石橋 剛
乾 英治郎
岩谷 めぐみ
王 紅国
太田 久元
岡田 薫
金 河沇
倉田 夏樹
後藤 隆基
Żabko-Potopowicz Krzysztof
住友 直子
石 恩京
SETZER, Morgaine Martina
高澤 信子
髙野 慎太郎
髙野 奈保
徳本 文
中村 陵
波木井 優子
橋本 繁
畑中 佳恵
馮 莉
椋棒 哲也
諸岡 重明
吉橋 さやか
李 靜玟
李 勇九

イベント・講演会

2017.12.17 第60回研究例会「薩摩藩の文芸とその環境——地域資料からの展望」
日時
2017年12月17日(日)10:00~18:00

場所
立教大学 池袋キャンパス 12号館地下 第1・2会議室

基調講演
山口 眞琴 氏(兵庫教育大学)「『本藩人物誌』から浮かび上がる諸問題」
丹羽 謙治 氏(鹿児島大学)「薩摩藩の文学・歴史資料の転写と保存について」

研究発表
木村 淳也 氏(明治大学)「薩摩が描いた「琉球」——『琉客談記』『琉館筆譚』から見えるもの」
宮腰 直人 氏(山形大学)「米沢藩士と語り物文芸——平曲と幸若舞曲を中心にして」
鈴木 彰(立教大学)「移行期を生きた薩摩藩士の文事——『高麗渡』と『夢物語』」

コーディネーター・司会
鈴木 彰(立教大学文学部教授・日本学研究所副所長)

内容
16~17世紀の、いわゆる中世近世移行期を経て、幕藩体制の安定化が図られていくのと対応する形で、南九州に拠点をおく薩摩藩・島津家でもそれまでとは異なる新たな体制整備が進められていった。その過程では、藩主島津家以下諸家において現在に至るまでの家譜を再構成したり、領内の寺社や名所・旧跡を含めたあらゆる〈場〉がもつ由緒が検証されたりしたことが明らかとなっている。一方、そうした政治的な動きと不可分な形で、さまざまな文芸にかかわる営みが活性化していたことについては、まだ十分な検討がなされていない。この研究例会では、薩摩藩に関わる17~19世紀の文芸資料を取りあげ、それぞれがもつ意義を資料学的側面を中心として検証するとともに、薩摩藩が近世を通じて育んでいった文芸をめぐる環境の質について、他藩の状況も視野に入れながら検討する。山口眞琴氏・丹羽謙治氏による基調講演を行い、木村淳也氏・宮腰直人氏及び鈴木彰の研究発表を踏まえて、全体討論を行う。

主催
立教大学日本学研究所

共催
日本学術振興会科学研究費基盤研究(C)「戦国期島津氏の領国文化とその近世的再編を支えた文芸環境の研究」(課題番号25370236 研究代表者:鈴木 彰)

対象
学生、大学院生、教職員、一般

※申込不要、入場無料

問合せ先
立教大学日本学研究所事務局 nihongaku@rikkyo.ac.jp

お問い合わせ

日本学研究所