2021/04/01 (THU)

新総長に西原廉太文学部教授が就任

キーワード:その他

OBJECTIVE.

前総長の退任に伴い、西原廉太教授(文学部)が4月1日付で第22代総長に就任しました。任期は2021年4月1日から2025年3月31日までの4年間です。

西原総長による挨拶

総長就任に際し、4月1日(木)に池袋キャンパスの立教学院諸聖徒礼拝堂で総長就任宣誓式が行われました。礼拝形式で行われた宣誓式では戸井田和彦理事長による任命の言葉が発せられたのち、西原総長による宣誓と広田勝一院長による戴帽が行われました。

その後行われた挨拶において、西原総長は立教大学を創設した聖公会は、教育を宣教・伝道のためのツールとしてではなく、教会としてのミッション(使命)の具体的な表現、実践として、伝統的に理解してきた教会であり、その原理は神の呼びかけに応えて、自ら学び舎を作り、教壇に立つという務めを担うことに他ならない。立教大学に連なる者たちのミッションとは、この呼びかけに対する応答を、その時代の中で再現し続けることだと述べました。

広田院長による戴帽

また、同日付ですべての在学生と教職員に向けて発信した「立教大学ヒューマン・ディグニティ宣言」を紹介しながら、2024年の創立150周年に向けて立教大学を真に誇れる大学に、選ばれる大学に変革するために、総長として与えられたミッションを果たしていくとの抱負を述べました。

なお、5名の副総長も4月1日付で就任しています。

総長のプロフィールや挨拶の内容、副総長一覧は以下リンク先からご覧ください。