2020/02/12 (WED)

季刊『立教』251号<特集 学修を多面的に支援する 大学図書館の現在>発行

キーワード:その他

OBJECTIVE.

季刊『立教』251号を発行しました。本誌は、広く社会に向けて教育・研究の多様な側面を取り上げるほか、在学生や卒業生の活躍など「立教」にまつわる多彩なトピックを発信しています。定期購読をご希望の方は、RIKKYO ONLINE SHOPよりお申し込みください。

251号の主な内容

251号 表紙

特集
学修を多面的に支援する
大学図書館の現在

立教大学の知の根幹を支え、学生の主体的な学びをサポートする「池袋図書館」「新座図書館」。進化する両図書館のキーワードやトピックスをご紹介するとともに、さまざまな数字から図書館の魅力や利活用状況を読み解きます。

視点
法学部 藤澤 治奈教授に聞く

キャッシュレス社会の
展望と法的リスク

消費税率引き上げに伴うポイント還元事業の影響もあり、利用者が拡大しているキャッシュレス決済。キャッシュレスを取り巻く現状と展望、法的観点から見たリスクとトラブルが起きた際の対処について、法学部の藤澤治奈教授に伺いました。

FOCUS ON 立教人
オービックビジネスコンサルタント 代表取締役社長
立教大学校友会長 
和田 成史さん(1975年経済学部卒業)

ソフトウェア業界に起こす
イノベーションの風——
全ては「人のため、社会のために」