2019/08/07 (WED)

季刊『立教』249号<特集 キャリアの立教——人生を構想し、社会に貢献する力を育む>発行

キーワード:その他

OBJECTIVE.

季刊『立教』249号を発行しました。『立教』は、広く社会に向けて教育・研究の多様な側面を取り上げるほか、在学生や卒業生の活躍など「立教」にまつわる多彩なトピックを発信しています。定期購読をご希望の方は、RIKKYO ONLINE SHOPよりお申し込みください。

249号の主な内容

249号 表紙

特集
キャリアの立教
——人生を構想し、社会に貢献する力を育む

「キャリアの立教」を掲げ、定評あるキャリア教育を推進してきた立教大学。「就職を一つの通過点と捉え、自分らしい人生の在り方を追求する力を育む」という立教ならではのキャリア支援の考え方と、それを体現する卒業生の姿、多彩なサポートをご紹介します。

視点
経済学部 首藤 若菜教授に聞く

物流危機と働き方改革が問いかける
より良い「働き方」とは

労働問題に起因する物流危機が社会問題となり、さまざまな企業・組織で働き方改革が推進され、より良い働き方や労働環境を見つめ直す動きが活発になっています。その現状と課題、「働くこと」への向き合い方について、経済学部の首藤若菜教授に伺いました。

FOCUS ON 立教人
カネボウ化粧品 社長 村上 由泰さん(1986年経済学部卒業)

日本の製品を世界に広めたい——
立教時代からの思いを
マーケティングの経験を基に実現する