2019/07/30 (TUE)

AIG高校生外交官日本プログラムによるアメリカの高校生らが来訪

キーワード:グローバル

OBJECTIVE.

7月22日(月)、AIG高校生外交官日本プログラムにより来日したアメリカの高校生20名が池袋キャンパスを来訪、本学教員や学生らと交流しました。

今回で26回目となるAIG高校生外交官日本プログラムは、1994年にAIG損害保険株式会社とフリーマン財団の協賛を得て開始されたもので、選抜されたアメリカの高校生20名が、日本への理解を深めるため、在京米国大使館、都庁、企業、文化施設などを訪問しました。また、日本を代表する大学として、立教大学が選ばれ、今回の来訪が実現しました。

当日到着した一行に向けて、国際化推進担当副総長を務める池田 伸子教授より挨拶があり、立教はアメリカ聖公会の宣教師により設立され、アメリカとは歴史的なつながりの深い大学であるとの紹介がありました。その後、日米大学教育の相違、立教大学の概要・国際教育の取り組みについて説明がありました。
続いてキャンパス内を案内しながら場所をマキムホールのグローバルラウンジに移し、本学学生との交流会を実施。日本人学生だけでなく、海外からの交換留学生ら約20名が参加しました。グループに分かれてお互いの紹介をしたり、日米の教育、文化の違いについて積極的に意見交換を行いました。

終了後は参加者全員で写真撮影を行うなど、終始和やかな雰囲気のまま終了しました。