心理学専攻現代心理学研究科/新座キャンパス

OBJECTIVE.

基礎的・応用的心理学領域の教育・研究を実践

心理学専攻では、基礎的・応用的心理学領域の教育・研究を行っています。多彩な専門領域をもつ教育スタッフを擁しており、広い範囲の教育・研究領域をカバーし、さまざまな角度から、現代社会の心理学的問題にアプローチし、大学院生の多様なニーズに応えます。

専攻のポイント

  • 最新の心理学を学ぶ

    知覚、認知、学習、実験的行動分析などの基礎領域から、社会、産業・組織、人格、発達、応用行動分析などまで、幅広い分野を探究できる専攻です。学外講師陣による多彩な授業を含め、最新の心理学をさまざまな切り口から学べます。

  • 多角的な視点で研究する人材の育成

    人間の行動と心理に関する深い専門知識をもち、科学的実証のための厳格な態度と技術を身につけて、多角的な視点から心理学の基礎的研究や応用的研究を遂行できる研究者、ならびに、研究機関や企業などで活躍できる人材を育てます。

Pick
up

研究を遂行するための多彩な科目群を設置

問題を発見する力や研究を企画する力、データを分析する力、そして研究の成果を発信する力は、自らの研究活動を通してはじめて養われるものです。心理学専攻では研究遂行における基礎学力を充実させるために、「基礎心理学研究法」と「応用心理学研究法」を必修科目として学びます。所属教員による共同の研究指導によって、研究を遂行するために必要な多面的な力を育てていきます。「現代心理学特殊演習」では、専任教員全員によって共同研究指導を行います。「修士論文指導演習」や「英語論文作成演習」など、本専攻に用意されている実技重視の授業も、研究者としての実力を向上させる助けとなるでしょう。

同時に、視野の広い研究者として自立するためには、狭い専門領域に偏ることなく、幅広く現代心理学の諸相を学ぶことも大切です。そのため、学外から招聘した第一線の研究者が、基礎領域または応用領域における最新のトピックスについて講義する「現代心理学特殊研究」や、臨床心理学専攻との連携によって設置されている臨床心理学領域の多彩な科目群を履修できるようになっています。

心理学専攻専任教員/研究テーマ

  • 堀 耕治 教授(2019年3月退職予定)

    主要研究テーマ:学習,実験的行動分析

    教員紹介

    実験的行動分析の概念的枠組みと方法論により、学習心理学とその周辺領域にテーマを置いた研究を行っている。行動の獲得、刺激性制御、記憶、スケジュール制御、行動の変動性、選好、動機づけなどの諸問題に関心をもつ。これらのテーマに向けて、ヒトと動物を被験体として、個体の行動の制御変数を明らかにすることをめざしている。

  • 大野 久 教授

    主要研究テーマ:アイデンティティ、発達、人格、青年、充実感

    教員紹介

    青年心理学・生涯発達心理学を研究テーマとする。特に、健康なアイデンティティの発達と、それに関連する充実感などの生活感情、恋愛、親密性、ケアなどに関する研究を行っている。方法論的には、調査法による量的なデータと、生育史分析、手記分析など質的なデータの双方から青年期および生涯発達の心理に接近する試みに努力してきた。

  • 小口 孝司 教授

    主要研究テーマ:教育・社会系心理学

    教員紹介

    応用社会心理学。特に、観光(行動)を考究する観光心理学を中心に研究を行っている。この他に、社会心理学、産業・組織心理学の領域も対象とする。これらの研究領域は、観光心理学とも密接に関連している。研究の成果としては、Tourism, Hospitality, Social Psychology, Industrial and Organizational Psychologyの研究雑誌に投稿している。いずれの研究においても、十二分に先行研究を精査した後、実践場面における応用可能性を重視しながら、多様な研究手法を用いて取り組んでいる。そのため、企業とのコラボレーションも積極的に図っている。

  • 塚本 伸一 教授

    主要研究テーマ:発達心理学、教育心理学、社会性の発達、自己統制行動

    教員紹介

    発達心理学、教育心理学を研究テーマとする。研究分野は社会性の発達(Social Development)、特に、自己統制・制御の発達であり、幼児・児童を対象として、自己統制・制御の構造、発達、機能に関する諸問題を研究している。またこれと並行して、児童生徒の学校・学級適応、児童生徒—教師関係、教師力量、学校ストレス等、学校・学級の心理学的研究も進めている。

  • 都築 誉史 教授(2018年秋学期から2019年春学期研究休暇予定)

    主要研究テーマ:認知心理学,認知科学,社会心理学

    教員紹介

    人間の高次認知過程に関する実験的検討とモデル構成が、主要な研究テーマである。特に、意思決定、言語理解、記憶に関して、実験的検討と、モデル研究を行ってきた。近年は、消費者行動論と関連した多属性—多肢選択意思決定において、文脈変数が選好形成へ及ぼすバイアスに焦点を当てている。意思決定時の眼球運動、脳波(事象関連電位)、意思決定の個人差、集団意思決定、電子機器を用いたコミュニケーションにおける心理的要因(情報行動論)などについても研究を行っている。

  • 浅野 倫子 准教授

    主要研究テーマ:認知心理学、実験心理学、言語の認知処理、共感覚

    教員紹介

    認知心理学や実験心理学の領域で研究を行っている。特に言語の認知処理、共感覚(文字に色を感じる、音に色や形を感じる、数字に特定の空間配置があるように感じるなど、何らかの情報を受けたときに、一般的に行われる感覚・認知処理に加えて他の感覚・認知処理も引き起こされる現象。少数の人がもつ)、感覚間協応(「もま」という無意味な言語音に対して丸みを帯びた視覚的、触覚的印象を感じるなど、異なる感覚間につながりを見出すこと)、物体・情景認知、注意などが主要な研究テーマである。大きな枠組みで言えば、言語的処理と非言語的処理の関係や、ボトムアップ処理とトップダウン処理の関係に興味をもっている。

  • 日髙 聡太 准教授(2018年度長期海外研究)

    主要研究テーマ:知覚心理学,実験心理学,視覚科学,多感覚相互作用

    教員紹介

    知覚心理学と実験心理学を主要な研究テーマとする。特に、視覚および感覚間(例えば視覚と聴覚)相互作用に着目して、心理物理学的な手法をもとに感覚・知覚システムがもつ機能と特性について検討を行っている。また、感性印象の評価や、脳機能測定法を用いた実験も行っている。ヒトに備わっている、生態学的妥当性のある脳内情報処理メカニズムの解明をめざしている。