海外渡航型のプログラム本格化——アフターコロナの世界を体感しよう

立教大学

2023/10/24

RIKKYO GLOBAL

OVERVIEW

海外に渡航しやすい状況がようやく戻り、渡航型の留学やプログラムにチャレンジする学生が増えています。参加する目的や渡航先、期間はさまざま。立教大学では多彩なプログラムを用意し、学生の挑戦を後押ししています。
今回は海外プログラムの内容と、2022年度に渡航型のプログラムを体験した学生の声をご紹介します。

主な海外留学・体験プログラム

1. 大学間協定に基づく派遣留学制度

立教大学と国際交流協定を結んでいる海外の大学へ、交換留学生として派遣される留学制度。派遣先は2022年10月時点で26カ国・地域、96大学・機関に上り、派遣期間は1学期間~1学年間に及びます。

2. 短期英語研修プログラム

夏季・春季休暇に実施する、英語コミュニケーション力の向上を目的とした2~6週間程度の研修。現地では、英語力に応じたクラスで、多様な国から参加する学生と共に学びます。現地の歴史や文化に触れるアクティビティも。

3. 国連ユースボランティア

国連機関である国連ボランティア計画と連携し、学生を開発途上国へボランティアとして約5カ月間派遣するプログラム。異なるバックグラウンドを持つ人々との協働を通じて、グローバル人材に必要な素養を養います。

4. 海外インターンシップ

海外での就業体験や生活を通じて、企業と社会の仕組みを理解し、グローバルに働くイメージを得るプログラム。異文化適応力、コミュニケーション力、主体性といった国際的に活躍できる能力を高めます。

5. GL301(リーダーシップ海外実践科目)

立教大学独自のリーダーシップ開発プログラム「立教GLP」の1科目。グローバル教育センターが指定する海外実践プログラムに参加する中で、自分なりのリーダーシップの発揮にチャレンジします。

海外留学体験談

2022年度に海外プログラムを体験し、5月に行われた「Study Abroad Weeks 2023 Spring」で登壇した7人の学生の声をご紹介します。
※学生の学年は渡航時点のものです。

中・長期プログラム

社会学部3年次
  1. 渡航先・大学:ベトナム・RMITベトナム校
  2. 渡航期間:22年10~1月
  3. 使用した制度:大学間協定に基づく派遣留学制度

もともと英語は話せるので、言語も文化もなじみのない国に行きたいと思いベトナムを選択。社会学部で得た知見を生かし、経営と広告を学びたいと考えました。留学を経て、言語が分からなくても生きていけるという自信が付きました。
異文化コミュニケーション学部2年次
  1. 渡航先・大学:トルコ・サバンジュ大学
  2. 渡航期間:22年9~1月
  3. 使用した制度:大学間協定に基づく派遣留学制度

トルコは地理的に多様な国から人が集まります。興味の強かった多文化共生を、より深く理解できたと思います。留学先の大学の授業は大半が英語開講でしたが、町中では現地語が主流で、簡単なトルコ語を覚えていけばよかったと感じました。
コミュニティ福祉学部2年次
  1. 渡航先・大学:ベルギー・ルーヴェン大学
  2. 渡航期間:22年9~2月
  3. 使用した制度:大学間協定に基づく派遣留学制度

ベルギーにはEUの本部があり、EUの歴史的な成り立ちなどを学ぶことができました。渡航前には立教GLPの英語開講科目を履修。そこで身に付けたスピーキング力は、留学先でのプレゼンテーションやディスカッションに役立ちました。
文学部2年次
  1. 渡航先・大学:アメリカ・ケント州立大学
  2. 渡航期間:22年8~12月
  3. 使用した制度:海外留学プログラム

とにかく英語を話せるようになりたいと、海外留学プログラムに参加。最初は現地の人の会話がとても速く感じましたが、積極的に他の学生に話しかけ、独り言も全て英語にしたことで、そのスピードに付いていけるようになりました。

短期プログラム

法学部2年次
  1. 渡航先・大学:オーストラリア・グリフィス大学
  2. 渡航期間:23年2~3月
  3. 使用した制度:短期英語研修プログラム(正課)

1~4年次の計24人の立教生が参加していました。約1カ月という期間でも、英語のスキルが格段にアップしたと感じます。親に勧められて参加したプログラムでしたが、楽しい思い出ばかりです。次は中・長期の留学に挑戦したいです。
観光学部2年次
  1. 渡航先・大学:マレーシア・ウーロンゴン大学KDU
  2. 渡航期間:23年2~3月
  3. 使用した制度:短期英語研修プログラム(正課外)

マレーシアでは、拙い英語でも意思疎通ができたので、進んで自らの英語力を試すことができました。おかげで研修後は、物おじせずに英語で会話できるように。現地では中国の春節の行事も経験し、多文化共生への理解が深まりました。
経済学部2年次
  1. 渡航先・大学:アメリカ・セントラルワシントン大学
  2. 渡航期間:23年2~3月
  3. 使用した制度:短期英語研修プログラム(正課外)

これまで一度も海外に行ったことがなく、大学のうちに海外体験をしたいと思っていました。英語で会話する楽しさを感じ、英語学習へのモチベーションが高まりました。今後は留学生と交流する学内のイベントにも参加したいです。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

RIKKYO GLOBAL

2024/02/09

留学生を支援し、国際感覚を磨く
レジデント・サポーター

立教大学

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。